メインメニューを開く

3代目 林家 菊丸(さんだいめ はやしや きくまる、1974年7月16日 - )は、三重県四日市市出身の落語家。本名は池山 博一(いけやま ひろかず)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。上方落語協会会員。前名は林家 染弥(はやしや そめや)。

3代目 林家 菊丸はやしや きくまる
本名 池山 博一(いけやま ひろかず)
生年月日 (1974-07-16) 1974年7月16日(44歳)
出身地 日本の旗 日本三重県四日市市
師匠 4代目林家染丸
名跡 1. 林家染弥(1994年 - 2014年)
2. 3代目林家菊丸(2014年 - )
活動期間 1994年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式サイト 三代目 林家菊丸は今夜もHAPPY
受賞歴
になにわ芸術祭 落語部門 新人奨励(2004年)
第8回繁昌亭大賞 奨励賞(2013年)
第10回繁昌亭大賞(2015年)
備考
上方落語協会会員

目次

来歴・人物編集

小学校の修学旅行で京都花月を見たことで落語に興味を持つ。亀山市立亀山中学校三重県立川越高等学校卒業。大阪産業大学中退。大学時代には落語研究会所属。半年で中退し、1994年7月に4代目林家染丸に入門。

中学1年で両親が離婚し、父に引き取られる。高校2年の時、父に「悪いけど母親のところに姉と行ってくれ」と言われ、母と四日市で暮らす。

高校の同期にお笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうがいる。

古典落語から新作落語まで幅広くこなす。また噺家あるあるネタが得意。子供のころからルービックキューブも全面揃えられる。

林家笑丸(弟弟子)、笑福亭智之介桂三幸桂三四郎と「Ruck5」というユニットを形成し、そのリーダーを務める。

2013年9月27日、上方落語の由緒ある名跡である『林家菊丸』をほぼ115年ぶりに復活させ、3代目として襲名することが発表され[1]、2014年9月27日になんばグランド花月で催された襲名披露公演を以て正式に3代目林家菊丸を襲名した[2]

2015年9月1日付で三重大学社会連携研究センター社会連携特任教授に就任した[3]

受賞歴編集

  • 2004年 - になにわ芸術祭 落語部門 新人奨励
  • 2013年 - 第8回繁昌亭大賞 奨励賞
  • 2015年 - 第10回繁昌亭大賞[4]

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集