林正義(はやし まさよし、1965年[1] -)は、日本の経済学者東京大学教授。研究分野は地方財政社会保障である。日本財政学会常任理事、日本地方財政学会理事、日本公共選択学会理事、日本応用経済学会理事を務める。青山学院大学学生時代は永井陽之助に師事した。

人物編集

著作編集

共著編集

受賞歴編集

  • 2003年、日本地方財政学会佐藤賞[3]
  • 2006年、日本経済政策学会研究奨励賞
  • 2008年、『生活保護の経済分析』で第51回日経・経済図書文化賞
  • 2010年、日本応用経済学会賞

脚注編集

[脚注の使い方]