福岡県立明善高等学校

福岡県立明善高等学校(ふくおかけんりつめいぜんこうとうがっこう, Fukuoka Prefectural Meizen High School)は、日本の福岡県久留米市にある共学県立高等学校ふくおかスーパーハイスクール登録校。

福岡県立明善高等学校
Meizen.jpg
過去の名称 【藩校】
学問所
明善堂
明善小学
小学校教師伝習学校
久留米師範学校
【旧制中学校】
福岡県立久留米中学校
仮設久留米尋常中学校
私立久留米尋常中学校
福岡県立久留米尋常中学明善校
福岡県立中学明善校
福岡県立明善高等学校
【高等女学校】
福岡県久留米高等女学校
福岡県立久留米高等女学校
福岡県久留米高等女学校
福岡県立久留米高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡県の旗 福岡県
学区 第八学区(旧第九学区)
校訓 克己 盡力 楽天
設立年月日 1879年明治12年)10月1日
創立記念日 10月1日
創立者 高山畏斎
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
学科内専門コース 普通科学総合文科コース
高校コード 40152J
所在地 830-0022
福岡県久留米市城南町9番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

歴史

久留米藩藩校の流れを汲む中学明善校(旧制中学校)及び久留米高等女学校(高等女学校)を前身とする。1879年(明治12年)を創立年としており、2009年平成21年)に創立130周年を迎えた。 校名の「明善」の由来に関しては、明善同窓会ウェブサイト[1]を参照。

学区
  • 普通科(一般コース)は、第八学区(三井郡小郡市久留米市のうち城南・江南・櫛原・牟田山・諏訪・良山・明星・宮ノ陣・荒木・筑邦西・屏水・青陵・高牟礼・北野中学校の校区)。また、学区外だが久留米市の田主丸・城島中学校の校区も通学区に含む。
  • 理数科と普通科総合文化コースは、筑後地区全域(第七~十学区)。
設置課程・学科・特色

全日制課程 普通科(一般コース・普通科総合文科コース[2])・理数科および定時制課程 普通科。全日制の定員は1学年8学級320名。生徒の多くは国公立大学へと進学する。

校訓

「克己[3]・盡力[4]・楽天[5]」。1907年(明治40年)に制定[6]

校章・校旗

久留米藩(有馬家)の紋章である「笹竜胆[7]」(ささりんどう)を背景に、中央に校名の「明」を置いている。

校歌・応援歌[8]

校歌の作詞は佐藤春夫、作曲は信時潔による。1956年(昭和31年)に制定。3番まであり、各番に校名の「明善」が登場する。1番に「盡力」、2番に「克己」、3番に「楽天」といったように、歌詞に校訓が登場する。 校歌とは別に応援歌「白旆[9]の歌」がある。また定時制課程には逍遥歌がある。

同窓会

「明善同窓会」と称する。毎年10月に総会を開催している。関東近畿東海福岡に支部を置く。

午睡の導入

久留米大学の協力のもと、2005年(平成17年)の一ヵ月半の間試験的に導入され、生徒にも好評であったことから、現在では正式に導入されている(全国初)。昼休みが45分間あるうちの終盤15分間に「午睡タイム」が設けられ、校内放送で開始と終了のアナウンスをし、午睡デーの午睡時間中は教室の明かりが消される。

沿革編集

久留米藩藩校時代
旧制中学明善校
  • 1879年(明治12年)
  • 1880年(明治13年)6月26日 - 上妻郡に山内分校、竹野郡に田主丸分校を設置。
  • 1887年(明治20年)
  • 1888年(明治21年)6月1日 - 「私立久留米尋常中学校」と改称。
  • 1889年(明治22年)3月29日 - 「福岡県立久留米尋常中学明善校」と改称。
  • 1894年(明治27年)2月7日 - 教室および寄宿舎が完成。
  • 1895年(明治28年)11月15日 - 校旗・校章を制定。
  • 1899年(明治32年)5月5日 - 「福岡県立中学明善校」と改称。
  • 1902年(明治35年)9月1日 - 新校舎に移転。
  • 1907年(明治40年)6月15日 - 校訓「克己・盡力・楽天」を制定[6]
  • 1911年(明治44年)2月11日 - 校歌[8]を制定。作詞は金沢来蔵(第4代校長)、作曲は新清太郎(久高女教諭)による。
  • 1923年大正12年)3月31日 - 寄宿舎を廃止。
  • 1924年(大正13年)
    • 5月1日 - 明善校後援会が新設。
    • この年 - 明善校応援歌「白旆[9]の歌[8]」が成立。作詞は藤吉繁吉による。曲は旧制第七高等学校の寮歌の曲を充てている。
  • 1923年(大正14年)4月1日 - 「福岡県中学明善校」と改称。
  • 1934年昭和9年)6月8日 - プールが完成。
  • 1935年(昭和10年)4月1日 - 中学校令施行規則第3条により、第4学年以上第1種、第2種を新設。
  • 1937年(昭和12年)3月31日 - 福岡県久留米夜間中学を併設。
  • 1939年(昭和14年)7月5日 - 火災により本館を焼失。
  • 1944年(昭和19年)8月10日 - 本館と教室が完成。
  • 1945年(昭和20年)8月11日 - 戦災により明善堂、雨天体操場、柔道場、工作室、倉庫などを焼失。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により、「福岡県立明善高等学校」(男子校)と改称。久留米夜間中学を高校夜間部とする。中学部を設置[10]
    • 8月1日 - 定時制を設置。
  • 1949年(昭和24年)5月25日 - 父兄会(PTA)と同窓会の寄贈により、体育館が完成。
久留米高等女学校
  • 1897年(明治30年)7月1日 - 野中町(現・石橋迎賓館)に「(市立)福岡県久留米高等女学校」が創立。
  • 1899年(明治32年)4月1日 - 修業年限を4カ年に変更。
  • 1901年(明治34年)4月1日 - 補習科を設置。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 福岡県立代用の高等女学校となる。
  • 1906年(明治39年)6月20日 - 校歌[8]を制定。作詞は黒岩玄堂、作曲は田原美喜子による。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 県立移管により、「福岡県立久留米高等女学校」と改称。
  • 1917年(大正6年)3月31日 - 補習科を廃止。
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 「福岡県久留米高等女学校」に改称。
  • 1931年(昭和6年)9月1日 - 篠山町にある有馬家の別邸(現・北グラウンド)に移転・新築。
  • 1934年(昭和9年)
    • 1月20日 - 本館が完成。
    • 4月 - 校舎、正門、石垣、煉瓦塀などが完成。
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 補習科(定員50名)を設置。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 久留米夜間中学を福岡県立久留米中学校と改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 補習科を専攻科と改称。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により、「福岡県立久留米高等学校[11]」と改称。
    • 7月26日 - 火災により、北側校舎を焼失。
福岡県立明善高等学校
  • 1949年(昭和24年)8月31日 - 男子校の明善高等学校と女子校の久留米高等学校[11]が統合され、男女共学の「福岡県立明善高等学校」となる。
    • 普通科・家庭科(後の食物科)を設置。
  • 1951年(昭和26年)
    • 3月23日 - 図書館が完成。
    • 4月 - 定時制と夜間部が統合し、福岡県立明善高等学校定時制となる。
  • 1952年(昭和27年)5月25日 - 柔道場が完成。
  • 1953年(昭和28年)3月8日 - 火災により本館・教室1棟を焼失。
  • 1956年(昭和31年)
  • 1957年(昭和32年)12月1日 - 定時制逍遥歌[8]が完成。作詞は荒巻龍、作曲は荒巻長条によるもの。
  • 1961年(昭和36年)8月10日 - 火災により体育館を焼失。
  • 1962年(昭和37年)8月3日 - 体育館が完成。
  • 1969年(昭和44年)6月5日 - 武道館が完成。
  • 1970年(昭和45年)
    • 5月8日 - 新校舎が完成し、旧久留米高女校舎より移転。
    • 12月 - 北校舎(旧久留米高女校舎)を解体[12]
  • 1973年(昭和48年)6月18日 - 南校地(旧制中学)と北校地(旧高等女学校)校地を統合。
  • 1975年(昭和50年)12月13日 - ブリヂストンタイヤ株式会社の寄贈で、プールが完成。
  • 1977年(昭和52年)2月28日 - 南グラウンドを整備、北プールを解体。
  • 1978年(昭和53年)
    • 2月26日 - 「白旆の歌」(応援歌)碑を除幕。
    • 3月31日 - 図書館と視聴覚室が完成。
    • 11月10日 - 食堂が完成。
  • 1979年(昭和54年)10月1日 - 生徒会館が完成。
  • 1980年(昭和55年)4月19日 - 同窓会の寄贈により、県立移管100周年記念館が完成。
  • 1985年(昭和60年)3月23日 - クラブハウスが完成。
  • 1992年平成4年)4月1日 - 理数科を設置。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 食物科の募集を停止。
  • 1995年(平成7年)3月24日 - ラグビー場・テニスコートが完成。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月25日 - 弓道場が完成。
    • 3月31日 - 食物科を廃止。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 普通科総合文科コースを設置。
  • 2002年(平成14年)
    • 3月9日 - 火災により北体育館を焼失。
    • 3月29日 - 野球場、サッカー場、ハンドボールコートが完成。
  • 2003年(平成15年)3月28日 - 卓球場が完成。
  • 現在図書館棟の移築工事が進行中

学校行事編集

3学期制

【全日制課程】
第Ⅰ期(1学期)
  • 4月 - 入学式、新入生歓迎行事、校医検診
  • 5月 - 中間考査、自立と協動を学ぶ体験活動
  • 6月 - 前期生徒会執行委員長選挙、文化発表会、期末考査
  • 7月 - クラスマッチ、夏季課外(補習)
  • 8月 - 夏季課外
第Ⅱ期(2学期)
  • 9月 - 大運動会
  • 10月 - 中間考査、後期生徒会執行委員長選挙
  • 11月 - 体験入学、学期末考査、2年生修学旅行
  • 12月 - 理数科課題研究発表会、校内読書会、冬季課外(補習)
第Ⅲ期(3学期)
  • 1月 - 冬季課外、SSH成果発表会、1年弁論大会、総文校外研修、大学入試センター試験
  • 2月 - マラソン大会、学年末考査
  • 3月 - 卒業式、クラスマッチ、理数科課題研究発表会(1年)、総文海外研修
【定時制課程】
第Ⅰ期(1学期)
  • 4月 - 入学式
  • 5月 - 歓迎遠足、中間考査、生徒総会
  • 6月 - 期末考査
  • 7月 - クラスマッチ、校内生活体験発表会、進路講演会、職場訪問
  • 8月 - 転入試験
第Ⅱ期(2学期)
  • 9月 - 始業式
  • 10月 - 中間考査、進路講演会、クラスマッチ
  • 11月 - 体験入学、期末考査
  • 12月 - 生徒会選挙、3年修学旅行
第Ⅲ期(3学期)
  • 1月 - 4年学年末考査
  • 2月 - 学年末考査、同窓会入会式
  • 3月 - 卒業式、クラスマッチ、進路講演会

部活動編集

【全日制課程】
運動部
文化部

※無線部は平成26年に廃部

【定時制課程】
運動部
文化部
  • 写真部
  • 検定学習同好会

著名な出身者編集

学界
文化人
軍人
政官界
実業家
スポーツ
マスコミ

アクセス編集

最寄りの鉄道駅
九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線久留米駅」より徒歩約3~5分
最寄りのバス停
西鉄バス 「築島」バス停より徒歩約3~5分
最寄りの道路
福岡県道46号久留米停車場線
福岡県道・佐賀県道17号久留米基山筑紫野線(医大通り)

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 明善の由来 - 明善同窓会ウェブサイト
  2. ^ 略称「総文」。普通科目をより深化させた専門科目が設置されている。
  3. ^ 自分の感情・欲望・邪念などに打ち勝つこと。
  4. ^ 読みは「じんりょく」。「盡」は「尽」の旧字体。意味は「力を尽くすこと」。
  5. ^ 自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観すること。
  6. ^ a b 校訓制定 - 明善同窓会ウェブサイト
  7. ^ 篠竜胆とも。の葉と竜胆の花を組み合わせた紋章。
  8. ^ a b c d e 歌詞校歌制定由来 - 明善同窓会ウェブサイト
  9. ^ a b 読みは「はくはい」。旆は「旗」を意味する。
  10. ^ 学制改革の暫定措置として旧制中等教育学校(旧制中学校、高等女学校、実業学校)の2・3年生を収容。
  11. ^ a b 現在の福岡県立久留米高等学校とは別。
  12. ^ 1973年(昭和48年)10月13日、跡地に久留米高女記念碑が除幕。

関連項目編集

外部リンク編集