メインメニューを開く

柳井里奈

日本のサッカー選手

柳井 里奈 (やない りな、1989年4月20日 - )は、兵庫県出身の元女子サッカー選手。ポジションはディフェンダー (SB) およびミッドフィールダー (ボランチ)。

柳井 里奈 Football pictogram.svg
名前
愛称 しょーた
カタカナ ヤナイ リナ
ラテン文字 YANAI Rina
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-04-20) 1989年4月20日(30歳)
出身地 兵庫県
身長 166cm
体重 63kg
選手情報
ポジション DFMF
ユース
1998-2001 西宮少年SS
2006-2007 INACレオネッサアマチュア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2010 INAC神戸レオネッサ 80 (10)
2006-2007 →INACレオネッサアマチュア
2011 岡山湯郷Belle 11 (0)
2012-2013/2015 ジェフ千葉レディース 43 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴

小学生時代は兵庫県西宮市内の少年サッカークラブで男子選手に混じってプレーしていた。中学校入学と同時に、当時関西女子リーグ所属のINACレオネッサに入団。当時は左右双方のサイドバックとしてプレーする機会が多かった。

2003年、U-15兵庫県選抜に選出され、全日本女子ユース (U-15)サッカー選手権大会に出場。主将として臨んだこの大会で準優勝の成績を収めた。同年、県内U-15世代の選手としてただひとりU-18兵庫県選抜にも選出され、全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会にも出場している。

2005年、INACが日本女子サッカーリーグに参入すると、それまでトレードマークとなっていた背番号99を4に改めた。

2006-07年度の2年間は、下部組織のINACレオネッサアマチュアを本登録チームとしながら、トップチームと二重登録する形で試合に出場した。一方で関西女子リーグのリーグ戦や兵庫県女子ユース選手権大会、関西女子ユース選手権大会 (いずれも全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会の予選)にも出場している。高校卒業後の2009年に再びトップチームが本登録チームとなった。米津美和とともに、数少ない関西リーグ時代を知る選手だった。

2007年にU-19日本代表に選出されるようになり、同年AFC U-19女子選手権2007、翌2008年には2008 FIFA U-20女子ワールドカップに出場した。

2013年シーズン終了後、現役引退[1]。2014年からはジェフレディースU-18コーチに就任。2015年2月、現役復帰[2]し、シーズン終了後に引退が発表された[3]

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2005 INACレオネッサ 4 L・リーグ2部 (L2) 18 2
2006 20 なでしこ Div.1 3 0
2007 9 0
2008 16 17 1
2009 INAC神戸レオネッサ 5 18 0
2010 なでしこ 14 0
2011 岡山湯郷Belle 26 11 0
2012 ジェフ千葉レディース 20 17 2 4 2 4 1 25 5
2013 15 1 4 0 2 1 21 2
2015 28 なでしこ1部 11 0 - 0 0 11 0
通算 日本 1部
日本 2部
総通算

タイトル

代表・選抜歴

  • U-15兵庫県選抜 (2003年)
  • U-18兵庫県選抜 (2003年)
  • U-19日本女子代表
  • U-20日本女子代表
  • 国民体育大会 兵庫県選抜 (2009年)

脚注

  1. ^ ジェフレディース 退会選手 新加入選手のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト 2014年1月18日付。
  2. ^ ジェフレディース新加入選手のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト 2015年2月2日付。
  3. ^ ジェフレディース引退選手、移籍選手および新加入選手のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト

外部リンク