メインメニューを開く

2011 日本女子サッカーリーグは、2011年4月から11月までにかけて行われた第23回目の日本女子サッカーリーグである。このシーズンもプレナス株式会社が協賛し、「プレナスなでしこリーグ2011」(1部)「プレナスチャレンジリーグEAST/WEST2011」(2部)として開催された。

目次

大会概要編集

  • 開催期間:2011年4月10日‐11月20日
  • なでしこリーグ(1部)
2011年4月29日-11月20日
10チーム2回総当り。
  • チャレンジリーグEAST(2部/東地区)・チャレンジリーグWEST(2部/西地区)
2011年4月10日-9月25日
それぞれの地区6チームによる3回戦総当たり。
  • なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦
(会期未定)
チャレンジリーグ各地区の上位2チームのうち、「なでしこリーグ準加盟」の最上位チーム同士2チーム(各地区1チームずつ)による2試合制
  • なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦
(会期未定)
前述の「入れ替え戦出場チーム決定戦」を勝ち抜いたチームと、なでしこリーグ10位のチームによる2試合制の入れ替え戦
  • チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦
(会期未定)
チャレンジリーグ参入を希望するチームのうち、チャレンジリーグ加盟に相当すると認められた4チームによる1回総当り
  • チャレンジリーグ入れ替え戦
(会期未定)
チャレンジリーグ東西最下位チーム(なでしこリーグ準加盟のチームも含む)と、前述「入れ替え戦出場チーム決定戦」を勝ち抜いた上位2チームによる2試合制の入れ替え戦
  • 試合時間
90分(45分ハーフ)。90分以内で勝敗が決しない場合は引き分けとする。
  • 順位
勝ち点(勝利3点、引分1点、敗戦0点)の多いチームを上位とし、勝ち点の合計が同じ場合は以下の順序で順位を決める。
  1. 全試合の得失点差
  2. 全試合の総得点数
  3. 直接対決の成績(1.勝ち点2.得失点差)
  4. 順位決定戦(必要な場合のみ)

参加チーム編集

なでしこリーグ(1部)編集

本年度は昇格・降格チームがないため、2010年と顔ぶれは同じとなる予定だった。しかし、東京電力女子サッカー部マリーゼ福島県双葉郡楢葉町広野町)が福島第一原発事故の発生以後は活動休止状態となり、本拠地Jヴィレッジも使用不能になっており、チーム運営母体の東京電力が「今期の参加を自粛したい」と申し入れて、今大会を欠場することとなった。結果、9チームでリーグ戦を行うことになり、当初マリーゼと対戦する予定だったチームはその節の試合を休む日程となった。

チャレンジリーグ(2部)編集

チャレンジリーグ/EAST(東地区)編集

チャレンジリーグ/WEST(西地区)編集

太字のチームが「なでしこリーグ準加盟チーム」。#印は準加盟申請をしており、現在承認待ちを受けている段階のチーム。
☆をつけたチームは2011年からチャレンジリーグ新参入

チャレンジリーグからなでしこリーグへの昇格方法編集

今年度のチャレンジリーグからなでしこリーグへの昇格は、前年度に続きなでしこリーグ準加盟(太字のチーム)のみに与えられるが、準加盟チームがそれぞれのディビジョンで2位以内に入り、その上での最上位のチームになでしこリーグ・チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦の出場権を与える。なおそれに該当するチームが1チームだけである場合は、決定戦なしで入れ替え戦出場となる。該当チームなしの場合は入れ替えを行わない。

但し、東日本大震災による東電マリーゼ休部に伴う処置として一部変更があった。下記後述

東日本大震災の影響編集

東日本大震災の影響により次の変更が行われた。

  1. 「なでしこリーグ」の開幕時期変更
    当初は4月3日からの開幕を予定していたが、震災の復旧作業や社会的な影響を考慮し、4月24日の第4節まで開催を自粛し、4月29日の第5節から「開幕する」。
    マリーゼは参加辞退となり、今季は下部リーグからの補充もせず9チームで行う。
    延期となった試合の振り分け(括弧の数字はその日開催の試合数)
    第1節 6月24日(1)、7月24日(1)、7月30日(1)、7月31日(1)
    第2節 6月12日(2)、7月31日(1)、8月6日(1)
    第3節 7月31日(1)、8月13日(2)、8月14日(1)
    第4節 6月11日(1)、7月24日(1)、8月7日(2)
    ※7月24日、7月31日はそれぞれ異なる節の重複開催
  2. なでしこリーグカップ2011」取り止め
    当初6月から開催する予定だった同大会の予選リーグ期間に、なでしこリーグの延期分を振り分けるため、日程調整の都合上なでしこリーグカップの開催を本年度については中止にする。これは2011 FIFA女子ワールドカップロンドン五輪女子サッカー予選が本年度に行われるのと、選手の多くは平日仕事を持つアマチュアであることから、平日に代替開催することが難しいためとしており、リーグ戦を最優先することを目的としている。
  3. 「チャレンジリーグ」については予定通り
    チャレンジリーグについては当初の予定通り4月10日の第1節から開催することにしているが、EASTで今回の震災で被災した東北地方を本拠地とする2チーム(常盤木学園高校とJFAアカデミー福島)については、その地域内での主管試合開催が難しいため、代替開催を含め再検討する。
  4. 2012年「なでしこリーグ」は10チームに戻す
    2011年7月26日の理事会の席で、2012年度は10チームに戻してリーグ戦を行うと発表された[2]。ただし、東京電力マリーゼについては新年度のなでしこリーグ(1部)残留は認めず、9月末までに新しい受け入れ先スポンサーが決まり「存続」となった場合、チャレンジリーグ(2部)に降格の上での参戦となる。またこれに伴いチャレンジリーグからの昇格の扱いも変更され、「入れ替え戦出場チーム決定戦」に勝利したなでしこリーグ準加盟チームが自動的に2012年度なでしこリーグに昇格する権利を得る。
その後、なでしこリーグ理事会(10月13日)で次が承認された。[3]
  1. マリーゼの移管先としてベガルタ仙台と交渉する。承認された場合はマリーゼを系譜するチームとみなし、チャレンジリーグへ降格した上で参加することが可能となる
  2. チャレンジリーグに参加する「なでしこリーグ準加盟」のうち、入れ替え戦参加の内定チームがスペランツァ高槻の1チームのみであったため入れ替え戦を実施せず同クラブの2012なでしこリーグ自動昇格が承認された
  3. また上記と、チャレンジリーグWESTのアギラス神戸が2012年度のチャレンジリーグから撤退する方針を固めた為、チャレンジリーグ入れ替え戦についても変更され、地域リーグ上位による入れ替え戦出場チーム決定戦で優勝したチームを次年度のチャレンジリーグ自動昇格とし、2位チームについてはチャレンジリーグEAST6位のノルディーア北海道と入れ替え戦を行う

成績編集

なでしこリーグ編集

チーム名
1 INAC神戸レオネッサ 42 16 13 3 0 49 8 +41
2 日テレ・ベレーザ 35 16 11 2 3 37 11 +26
3 浦和レッズレディース 33 16 10 3 3 28 16 +12
4 岡山湯郷Belle 28 16 8 4 4 33 21 +12
5 アルビレックス新潟レディース 22 16 6 4 6 33 25 +8
6 伊賀フットボールクラブくノ一 16 16 5 1 10 18 26 -8
7 ジェフ千葉レディース 16 16 5 1 10 16 29 -13
8 ASエルフェン狭山FC 10 16 3 1 12 21 53 -32
9 福岡J・アンクラス 4 16 1 1 14 13 59 -46

チャレンジリーグ/EAST編集

チーム名 備考
1 常盤木学園高等学校サッカー部 37 15 12 1 2 63 20 +43
2 JFAアカデミー福島 30 15 9 3 3 44 23 +21
3 スフィーダ世田谷FC 27 15 8 3 4 35 22 -13
4 日本体育大学女子サッカー部 24 15 7 3 5 33 26 +7
5 AC長野パルセイロ・レディース 8 15 2 2 11 14 51 -37
6 ノルディーア北海道 2 15 0 2 13 12 59 -47 入替戦出場

チャレンジリーグ/WEST編集

チーム名 備考
1 FC高梁吉備国際大学Charme 38 15 12 2 1 87 12 +75
2 スペランツァF.C.高槻 38 15 12 2 1 74 13 +61 なでしこリーグ昇格
3 ジュ ブリーレ 鹿児島 21 15 8 3 4 35 22 -13
4 静岡産業大学磐田ボニータ 18 15 6 3 6 32 24 +8
5 バニーズ京都SC 16 15 5 1 9 24 49 -25
6 アギラス神戸 0 15 0 0 15 2 131 -129 チャレンジリーグ脱退
(注)なでしこリーグ入れ替え戦に参加できるなでしこリーグ準加盟で各ディビジョン上位2位まで、なおかつその最上位に入ったのが高槻1チームのみであったため、入れ替え戦なしで高槻の2012なでしこリーグ昇格が内定。

表彰編集

個人賞編集

受賞者(所属)[4]
最優秀選手賞 川澄奈穂美(I神戸)
得点王 大野忍(I神戸)
川澄奈穂美(I神戸)
新人賞 吉良知夏(浦和)
敢闘賞 岩渕真奈(日テレ)
優勝監督賞 星川敬(I神戸)

ベストイレブン編集

ポジション 選手名(所属) 受賞回数
GK 海堀あゆみ(I神戸)
DF 近賀ゆかり(I神戸) 5回目
矢野喬子(浦和) 5回目
岩清水梓(日テレ) 6回目
田中明日菜(I神戸)
MF 宮間あや(湯郷ベル) 3回目
阪口夢穂(新潟) 2回目
澤穂希(I神戸) 10回目
FW 大野忍(I神戸) 9回目
川澄奈穂美(I神戸) 2回目
岩渕真奈(日テレ)

得点ランキング編集

順位 選手(所属) 得点
1 川澄奈穂美(I神戸) 12
大野忍(I神戸)
3 岩渕真奈(日テレ) 9
吉良知夏(浦和)
宮間あや(岡山)
上尾野辺めぐみ(新潟)

昇格決定戦・入れ替え戦編集

なでしこリーグ/チャレンジリーグ編集

上述の通り、東電マリーゼが今期不参加・降格扱いとなったため、今期は入れ替え戦を実施せず、チャレンジリーグから1チームが自動昇格することとされた。チャレンジリーグのチームのうち昇格資格を得たチームがウェストディビジョン2位のスペランツァF.C.高槻のみ(イーストディビジョンは上位2チームとも準加盟ではなかったため該当チームなし)であったため、高槻が昇格。

チャレンジリーグ/地域リーグ編集

今期のチャレンジリーグWEST最下位・アギラス神戸は次期のチャレンジリーグ参入を断念したため、チャレンジリーグからの入れ替え戦参加チームはEAST最下位・ノルディーア北海道のみとなった。またこのため、地域リーグからは1チームが自動昇格・1チームが入れ替え戦に進出となる。

チャレンジリーグ昇格を目指す地域リーグのチームは、「チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦」を行い、1位のチームが自動昇格、2位のチームが入れ替え戦に進出する。

チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦編集

6チームによるノックアウト方式で行われる[5]

1回戦 準決勝 決勝
                   
 
11月5日
 
 愛媛FCレディース 3
11月3日
 つくばFCレディース 1
 清水第八プレアデス 1 (4)
11月6日
 つくばFCレディース (PK) 1 (5)
 愛媛FCレディース 1
 JAPANサッカーカレッジレディース 2
 
11月5日
 
 JAPANサッカーカレッジレディース 3
11月3日
 益城ルネサンス熊本FC 1
 益城ルネサンス熊本FC 2  
 豊田レディースFC 0  

1回戦




準決勝




決勝



JAPANサッカーカレッジレディースがチャレンジリーグ昇格。愛媛FCレディースが入れ替え戦進出。

チャレンジリーグ入れ替え戦編集

対戦カード・日時は以下の通り[6]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
愛媛FCレディース 3 - 2 ノルディーア北海道 2 - 1 1 - 1



結果、愛媛FCレディースがチャレンジリーグに昇格、ノルディーア北海道が地域リーグに降格[7]。なお北海道はなでしこリーグ準加盟会員の資格があったが、規定により準加盟資格を失った

脚注編集