柳家 東三楼(やなぎや とうざぶろう)は、落語家名跡


三代目 柳家やなぎや 東三楼とうざぶろう
三代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}柳家(やなぎや) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}東三楼(とうざぶろう)
柳家東三楼定紋「くくり猿」
本名 稲葉いなば 昭義あきよし
生年月日 (1976-09-28) 1976年9月28日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
師匠 三代目柳家権太楼
名跡 1. 柳家ごん白
(1999年 - 2002年)
2. 柳家小権太
(2002年 - 2014年)
3. 三代目柳家東三楼
(2014年 - )
出囃子 靭猿
活動期間 1999年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 柳家東三楼 "ZABU" 公式SITE
受賞歴
第8回岡本マキ賞(2003年)

平成28年度第71回 文化庁芸術祭 大衆芸能部門新人賞

備考
現在はニューヨークを活動の拠点としている。

三代目 柳家 東三楼(やなぎや とうざぶろう、1976年9月28日 - )は、日本の落語家、演出家、脚本家、俳優、大学教員である。落語協会所属の真打。本名:稲葉 昭義。紋は、丸に三ツくくり猿[1]出囃子は「靭猿」。現在はニューヨークを活動の拠点としている。

経歴編集

江東区立亀戸中学校卒業。法政大学第一高等学校卒業。1999年5月 3代目柳家権太楼に入門する。2002年5月、日本大学芸術学部文芸学科中退。2014年3月、4代目柳家三語楼三遊亭究斗5代目古今亭志ん好3代目桂やまととともに真打昇進。同時に3代目柳家東三楼を襲名した。東亜大学芸術学部客員准教授[2]

2016年10月、演劇集団柳家東三楼一座旗揚げ 脚本・演出・主宰。2018年2月から4月にかけてトロントニューヨークで18公演に及ぶツアー。演劇コントユニット、ハレとケを結成。脚本と俳優担当。 2018年10月より2019年2月に渡りサンフランシスコ、タンパ、マイアミ、セントピーターズバーグ、ニューオリンズ、ボストン、ニューヨーク、トロントと大学、高校、小学校、老人施設、文化会館、総領事館等を英語、日本語で落語をする35公演のボランティアツアーを行う。

略歴編集

主な作品・メディア編集

映画

  • 2011年 「落語物語」
  • 2015年 「グッドモーニングショー」

舞台

  • 2016年 第1回 柳家東三楼一座 旗揚げ公演 「みんなdeらくご」
  • 2017年 第2回 柳家東三楼一座公演「十二人の粋な江戸っ子」
  • 2018年 第3回 柳家東三楼一座公演 「モノクロ 品川 目黒」
  • 初監督作品 ショートフィルム 「MONOCRO」

テレビ

新聞

  • ジャピオン 連載コラム「柳家東三楼のアメリカに落語の花を咲かせましょう」(2021年4月2日〜)[1]
  • 週刊ベイスポ 連載コラム「柳家東三楼のBreak a leg 落語の時間ですよ」(2021年3月12日〜)

ラジオ

さくらラジオ レギュラー「三代目 柳家東三楼のアメリカよもやま噺」(2019年11月〜)

編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 柳家東三楼(落語協会公式)”. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 落語家「柳家東三楼氏」がトータルビューティ学科客員准教授に就任”. 東亜大学 (2018年8月22日). 2019年1月8日閲覧。
  3. ^ 平成28年度(第71回)文化庁芸術祭賞の決定について (PDF)”. 文化庁 (2016年12月27日). 2019年1月8日閲覧。

出典編集

外部リンク編集