メインメニューを開く

柳澤 光美(やなぎさわ みつよし、1948年昭和23年)5月5日 ‐ )は、日本政治家。前参議院議員(2期)。

柳澤 光美
生年月日 (1948-05-05) 1948年5月5日(71歳)
出生地 日本の旗長野県東御市八重原
出身校 成城大学経済学部
前職 イトーヨーカドー従業員
参議院議員
所属政党民主党→)
民進党民社協会
称号 経済学士
旭日重光章

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2004年 - 2016年
テンプレートを表示

経済産業副大臣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、経済産業大臣政務官野田内閣・野田第1次改造内閣)等を歴任。

来歴編集

長野県東御市八重原生まれ。長野県上田高等学校成城大学経済学部卒。1973年株式会社イトーヨーカ堂入社。1992年から同社労働組合中央執行委員長、イトーヨーカドーグループ労働組合連合会会長を務める[1]

2001年第19回参議院議員通常選挙で出馬したが、落選。

2004年第20回参議院議員通常選挙民主党公認で比例区から再び出馬し、初当選。2010年第22回参議院議員通常選挙で再選。同年7月、参議院内閣委員長に就任。同年10月から参議院経済産業委員長[1]

2011年1月、民主党に設置された自殺対策推進プロジェクトチームで座長を務める[1]。同年9月、野田内閣経済産業大臣政務官に任命された。2012年1月、野田第1次改造内閣で経済産業大臣政務官に再任。同年2月、復興庁発足に伴う松下忠洋経済産業副大臣復興副大臣就任に伴い、後任の経済産業副大臣に昇格した[2]。同年6月発足の野田第2次改造内閣でも留任。同年10月、野田第3次改造内閣の発足に伴い退任。

2016年第24回参議院議員通常選挙には出馬せず、任期限りで政界を引退した[3]

2018年秋の叙勲で旭日重光章を受章。

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集