メインメニューを開く

栃木県道・福島県道290号那須甲子線

日本の栃木県と福島県の道路

栃木県道・福島県道290号那須甲子線(とちぎけんどう・ふくしまけんどう290ごう なすかしせん)は栃木県那須郡那須町から福島県西白河郡西郷村に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
栃木県道290号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
福島県道290号標識
栃木県道290号那須甲子線
福島県道290号那須甲子線
路線延長 km
開通年 1978年(那須甲子有料道路)
起点 栃木県那須郡那須町湯本
終点 福島県西白河郡西郷村大字真船字欠入
接続する
主な道路
記法
栃木県道17号那須高原線
国道289号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

かつて、2008年平成20年)8月31日までは大部分が那須甲子有料道路という有料道路として供用されていた。沿線にはマウントジーンズスキーリゾート那須那須どうぶつ王国などの大規模な観光施設が控えており、那須湯本温泉からボルケーノハイウェイを経由して甲子温泉に抜ける観光周遊のために供された道路[1]であったが、無料開放直後の9月21日国道289号甲子道路が完成供用[2]したことで、那須高原から南会津に抜ける新たな観光ルートが形成されることとなった[1]。なお、本路線の起点で接続して那須湯本や那須高原に至る路線として供用されていた那須高原有料道路(ボルケーノハイウェイ)も2009年(平成21年)10月30日より無料開放[3]されている。

また、沿線には那須平成の森という、明仁天皇の意向[4]によって那須御用邸用地の一部として管理されていた森を整備して2011年平成23年)5月に開園した[5]公園がある。

路線データ編集

  • 起点:栃木県那須郡那須町湯本(=栃木県道17号那須高原線交点)
  • 終点:福島県西白河郡西郷村大字真船字欠入(=国道289号交点)
  • 総延長:#km(栃木県区間:#km・福島県区間:7.862km)[6]
    • 実延長:#km(栃木県区間:#km・福島県区間:総延長に同じ)
  • 路線認定年月日:1975年10月30日[7]

路線状況編集

旧那須甲子有料道路編集

那須甲子有料道路は、那須町の栃木県道344号湯本大島線交点から西郷村の国立青少年の家付近に至る[8]かつての有料道路である。1978年昭和53年)9月1日より栃木県道路公社および福島県道路公社が管理していたが、2008年8月31日をもって30年の償還期間が終了[9]し、同年9月1日より無料開放された。

有料道路時代の通行料金[10]

  • 普通車:930円
  • 大型車(I):1,470円
  • 大型車(II):3,350円
  • 軽車両等:100円

※栃木県・福島県の両道路公社から回数券も発行されていた[11]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

栃木県那須郡那須町

福島県西白河郡西郷村

沿線編集

脚注編集

出典

  1. ^ a b 平成17年第281回(第2号)定例会06月08日-04号:栃木県議会議事録
  2. ^ 国道289号「甲子道路」全線開通 (PDF) ”. 福島県. 2012年10月10日閲覧。
  3. ^ 平成21年5月議会運営委員会(平成21年度)05月21日-01号:栃木県議会議事録
  4. ^ 平成20年第296回(第4号)定例会12月16日-04号:栃木県議会議事録
  5. ^ 園内の紹介”. 日光国立公園那須平成の森. 2012年10月10日閲覧。
  6. ^ 道路現況(一般県道) - 福島県土木部
  7. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  8. ^ 『スーパーマップル-関東道路地図』昭文社(2000年1月2版4刷)p.196 ISBN 4-398-64121-1
  9. ^ 平成20年5月議会運営委員会(平成20年度)05月23日-01号:栃木県議会議事録
  10. ^ 通行料金等のご案内”. 栃木県道路公社(インターネットアーカイブ2007年12月6日版)2012年10月10日閲覧。
  11. ^ 那須甲子有料道路 回数券の料金払戻について”. 栃木県道路公社. 2012年10月10日閲覧。

関連項目編集