栗原寿

栗原 寿(くりはら ひさし、1985年7月24日 - )は、日本ミュージシャンであり、ロックバンドback numberドラマーである。群馬県伊勢崎市出身。血液型A型。ニックネームは「ひさし」、「ひさくん」。身長170cm。

栗原 寿
出生名 栗原 寿
別名 ひさし、ひさくん、ひさっしー
生誕 (1985-07-24) 1985年7月24日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 群馬県伊勢崎市
学歴 群馬県立伊勢崎工業高等学校
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
職業 ミュージシャンドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 2004年
レーベル ユニバーサルシグマ
事務所 イドエンターテインメント
共同作業者 back number

目次

略歴・人物編集

群馬県立伊勢崎工業高等学校電気科出身であり第二種電気工事士、危険物乙種4・5・6類の資格を持っている。

弟と妹がおり、長男である。弟には「あんちゃん」と呼ばれており、実家に帰った際には一緒に風呂に入ることもある。

back numberの中では1番年下である(清水小島は栗原の1つ年上)。同バンドに加入する前は清水の好きな女の子を奪っていった男性が組むバンドのメンバーだった。[1]

清水には「依与吏さん」と言い、同じく一つ年上で、高校の先輩である小島には「和也君」と言う。メンバーの小島和也と同じくタバコを吸っている。好きな食べ物は大和いもである。

back numberのオールナイトニッポン内限定ユニットバイマメンのボーカリスト

非常に涙もろく、「はじめてのおつかい」を観るだけでも泣いてしまう。また、清水の書く歌詞に感情移入して泣くこともある。[2]。憧れのドラマーは玉田豊夢

高校時代、一瞬だけ吹奏楽部にも所属していた。野球部の応援のブラスバンドで人数が足りず部長が知り合いだったため急遽借り出されることになった。楽器が特に何かできるわけではなかったがサックスの「ファ」の音だけ初めから吹けたため、演奏時には「ファ」の音だけ吹いていた。

バンドマンになる前は介護福祉士として働いていた。ツアーをする際、バンドで活動するのをやめて仕事一本で行くと母親と相談して決めた。しかしその次の朝、真新しいノートに母親の詩が書いてあるのを読み、結果バンドの道を選んだ。なお、彼の母親は清水の書く歌詞を大変気に入っている。[3]

使用楽器編集

Vic Firthドラムスティックを使っている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集