清水 依与吏(しみず いより、1984年7月9日 - )は、日本男性シンガーソングライタースリーピースロックバンドback numberのメンバーである。群馬県太田市出身。身長168cm。血液型はAB型既婚

清水しみず 依与吏いより
生誕 (1984-07-09) 1984年7月9日(36歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県 太田市
学歴 群馬県立伊勢崎商業高等学校卒業
ジャンル J-POP
ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
ボーカリスト
ギタリスト
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2004年
レーベル ユニバーサルシグマ
事務所 イドエンターテインメント
共同作業者 back number
公式サイト back number official site

来歴編集

学生時代は陸上部に所属し、中学生時代に4×200mリレーで全国大会に出場し8位に入賞している。4×200mリレーの記録は現在も群馬県記録である[1]。高校ではやり投走り幅跳びをやっていた。

2004年、群馬県にてロックバンドback numberを結成。ボーカルギター担当。インディーズ時代は左官屋をやりながらバンド活動をしていた。

2016年2月6日、母校である 伊勢崎商業高等学校を訪問。ご当地アイドルで卒業生でもある礒干彩香AKAGIDAN)とトークショーで共演した[2]

2018年11月、2014年に一般女性と結婚し男児をもうけていた事を公表した[3]

人物編集

ニックネームは「いより」、「いっくん」、「いよさん」、「いよりさん」、「いよりん」などがある。2歳上の姉が一人いる。「依与吏」という名前は陶芸家である父親が名付けた。父親には「ひらめき」「意味はない」と言われたが、画数は気を配ってくれているとインタビューで話している[4]

同バンドの作詞作曲の全てを担っている。地元をモチーフに作詞した曲も多々ある。

シングル『青い春[5]ヒロイン[6]手紙[7]、配信シングル『黒い猫の歌[6]、アルバム『MAGIC[8] のそれぞれのジャケットは清水が撮影した写真である。

好きな食べ物はラーメン蕎麦。アイスでは「ブラック/チョコレートアイスバー」が好き。iPhoneを愛用道具としている。メロディーなどが思い付いた時に、ボイスレコーダーを立ち上げ吹き込めたり、楽曲の歌詞などもメモできるからとのこと。好きな言葉は「臨機応変」[9]

バンドを始める前にはお笑いを勉強していた。当時の彼女がお笑い好きだったためである[10]

主に影響を受けたアーティストはMr.Children[11]コブクロ[12]桑田佳祐[13]槇原敬之である。

清水依与吏のファンは通称「いよらー」と呼ばれている。

使用機材編集

ライブにおいてはnash guitarsやfenderテレキャスターを主に使用しているが、レコーディングやミュージック・ビデオではレスポールストラトキャスターES-335、casinoなど様々なギターを使用している。また、エフェクターはlovepedal kalamazooやBOSS BD-2といった歪みエフェクターを中心としたボードを使用。「高嶺の花子さん」のイントロはeventide timefactorを使用している。アンプはMarshall blues bleaker (1962) 及び Marshall PA20を使用。なお、インディーズ時代は、3万円で買ったfender japanのテレキャスターやPGMのストラトキャスターなどを愛用しており、アンプはfender bassman、Marshall JCM900などを使用していた。なお、テレキャスターについては、2018年のドームツアーにおいて「西藤公園」、「重なり」の演奏で数年ぶりに使用された。

アコースティックギターは、Martin D-28やGibson Advanced Jumboなどを使用。また、プロデューサーの島田昌典氏に影響を受けてGibson J-200を年代別で数本所持している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 群馬県記録”. 群馬県中学校体育連盟 陸上競技部. 陸上競技インフォメーションセンター. 2020年10月2日閲覧。
  2. ^ 礒干彩香 お誕生日 backnumberさんと共演”. 礒干彩香公式Amebaブログ. 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ “バックナンバー清水依与吏&小島和也が結婚報告”. 日刊スポーツ. (2018年11月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811150000924.html 
  4. ^ 清水聖義×back number対談
  5. ^ back number、長澤まさみ主演ドラマ主題歌をシングル化”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2012年10月10日). 2020年10月2日閲覧。
  6. ^ a b アーティストとしての深い葛藤の末に出来上がった新曲「黒い猫の歌」【back numberのオールナイトニッポン】”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送 (2016年7月15日). 2020年10月2日閲覧。
  7. ^ back numberのドコモCMソング、ジャケは清水依与吏が撮影&今晩ラジオOA”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年7月4日). 2020年10月2日閲覧。
  8. ^ back numberが3年3カ月ぶりアルバム発表、初回盤にはドームライブ映像や写真集”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年2月8日). 2020年10月2日閲覧。
  9. ^ シリーズ人-People”. 朝日ぐんま (2013年5月24日). 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧。
  10. ^ インパラ特集“back number””. MUSICSHELF. 金羊社. 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧。
  11. ^ 歌ネットblog 日曜日インタビュー
  12. ^ back numberが語る、コブクロとパンクとラブストーリー
  13. ^ Rooots!”. HBCラジオ. 北海道放送 (2014年4月12日). 2018年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧。

外部リンク編集