メインメニューを開く

桂口 力(かつらぐち ちから、1945年11月27日 - )は、日本の元ラグビー選手

プロフィール編集

経歴編集

小倉工高を経て法政大学でプレー。

卒業後は九州電力に入社した。中学時代はサッカーの経験があり、キック力のある選手だった。

1967年ニュージーランド戦で日本代表初キャップを獲得。

1968年に、ジュニア・オールブラックスを破った時の司令塔として有名。

現在は法大ラグビー部OB会九州支部長を務める。

関連項目編集