桂家 雁篤(かつらや がんとく、1850年 - 1914年1月15日)は、落語家上方噺家)、軽口師。享年65。本名は田中 徳次郎

桂家 雁篤かつらや がんとく
本名 田中 徳次郎
生年月日 1850年
没年月日 1914年1月15日
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目林家正三
初代桂文團治
7代目桂文治
名跡 1. 林家正助
2. 桂篤團治
活動内容 上方落語
軽口
所属 三友派

初め4代目林家正三の門下で正助を名乗る。後に初代桂文團治の門下で桂篤團治を名乗る。師匠の死後、兄弟子である7代目桂文治の門下に移る。

初め初代桂梅團治軽口のコンビを組むが、明治30年代に相棒を初代桂花咲に代え、軽口専門となって桂家雁篤に名を改める。落語家としての力量は不明だが、軽口のボケ役としては天下一品であったと伝える。

若年時から禿頭であったため「禿徳」とあだ名される。元は7代目桂文治の弟弟子であり、文治も一目置いていたため、三友派の中で大きな権力を握り、他の芸人からも煙たがられる存在であった。それを嫌った初代桂春団治、5代目笑福亭松喬(後の2代目林家染丸)らが自宅に放火し襲撃を計画していたこともあった。(寄席の大小でもめていた。)

1909年6月に盛大な引退興行を行い、その後は舞台から退く。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)