メインメニューを開く

桂 文昇(かつら ぶんしょう)は、上方落語名跡。当代は4代目。なお、江戸の桂文生とは別の名跡。

目次

初代編集

初代 桂 文昇かつら ぶんしょう
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 初代桂文枝
活動内容 上方落語

初代 桂 文昇生没年不詳)は、本名不詳。

文政天保期ころの生まれ、初代桂文枝門下。初代文枝門下の「四天王」(桂文左衛門2代目月亭文都、初代桂文團治、2世曽呂利新左衛門)よりも古参の弟子だったと考えられる。俗に「目玉の文昇」と呼ばれ、押し出しも立派で大家の風格があったといわれる。十八番は『大師詣り』。

2代目への代替わりは1872年から1876年の間で、その間に引退したか死去したと思われる。

2代目編集

2代目 桂 文昇かつら ぶんしょう
生年月日 不詳年
没年月日 1905年9月6日
出身地   日本
師匠 桂慶治
初代桂文昇
名跡 1. 桂慶三
2. 桂文賀
3. 2代目桂文昇
活動期間 ? - 1905年
活動内容 上方落語
家族 2代目桂梅團治(養子)

2代目 桂 文昇(? - 1905年9月6日)は、本名不詳。

幕末ころの生まれ、初め桂慶治門下で慶三。後に初代文昇門下で文賀を経て、2代目文昇を襲名。俗に「ホヤの文昇」と呼ばれるが、その理由は不明。

1893年ころ、神戸へ移る。十八番は『ふたなり』。

弟子の育成に秀で多くの弟子を輩出した。3代目桂文三、2代目桂扇枝、養子となった2代目桂梅團治、3代目文昇らがいる。

3代目編集

3代目 桂 文昇かつら ぶんしょう
本名 石谷 紋三郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 2代目桂文昇
2代目笑福亭竹我
初代笑福亭福松
名跡 1. 桂昇馬
2. 2代目笑福亭福我
3. 3代目桂文昇
活動内容 上方落語
所属 吉本興業

3代目 桂 文昇(生没年不詳)は、本名: 石谷紋三郎。

初め2代目文昇の門下で昇馬と名乗る。次に2代目笑福亭竹我の門下で2代目福我を名乗り、そのままの名で初代笑福亭福松の門下に移る。最後に3代目文昇を襲名。

元は学校の教員だったが、夜になると高座に上がっていたのを生徒に見つかり、学校を馘になったため、そのまま玄人になった。能筆だったため、その後は代書屋を開きながら高座を勤めていた。

当時の落語家には珍しいインテリで、筆が立つこともあり、『英語屋』『小野小町』といった新作落語を物にし、『三友落語集』(樋口隆文館、1910年)には文昇の新作13編が掲載されている。

音曲の方面でも特に大津絵節は得意で、文昇作の『楠公』という曲は、当時の漫才師などに良く歌われたと言う。

元教員だけに英語が得意で、冒険家・博物学者のリチャード・ゴードン・スミスが著した『日本の昔話と伝説(Ancient tales and folklore of Japan)』の編集に、「フクガ(福我)」の名で協力している。

高座では、僧侶出身の2代目桂菊團治と組んで「記録術」を売物にし、二人で新作落語や大津絵節の合作もした。

晩年は吉本興業の書記となり、昭和初めころに没した。

4代目編集

4代目桂文昇1964年11月13日 - )は、本名: 上国料浩。

1984年6月9日、3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)に入門。前名は小國。 岸和田高校出身(第35期卒業)。在校時は剣道部所属。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1978年)p255-256 - 3代目文昇に関して。
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)