桂 桂寿(かつら けいじゅ、文政2年〈1819年〉(逆算) - 慶応3年6月26日1867年7月27日〉)は、江戸時代後期の落語家。本名: 渡邊 平三郎江戸4代目桂文治であった。

江戸4代目 かつら 文治ぶんじ
かつら 桂寿けいじゅ
江戸4代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}文治(ぶんじ) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂寿(けいじゅ)
結三柏は、桂文治一門の定紋である。
本名 渡邊 平三郎
生年月日 1819年
没年月日 1868年7月27日
師匠 司馬齋次郎
江戸3代目桂文治
名跡 1.司馬才賀(1837年 - 1841年)
2.4代目桂文治(1841年 - 1861年)
3.2世桂大和大掾(1861年 - 1868年)
4.桂桂寿(1868年)
活動期間 1837年 - 1868年
家族 6代目文治(長男)
4代目桂文之助(次男)
江戸3代目桂文治(義父)
都川歌丸(実兄)

経歴編集

父は徳川将軍家伊賀組鉄砲組の渡邊平五郎で、その三男に生まれる。兄に音曲師の都川歌丸がいた。

1837年7月、浮かれ節胡弓・虫の音の名人といわれた司馬齋次郎の門下に入り、司馬才賀の名で噺家となる。

1841年江戸3代目桂文治の養子となり、4代目を襲名。

1861年初席にて江戸3代目文治門下の2代目桂文楽5代目を譲り、自らは2世桂大和大掾に改名。晩年には桂桂寿を名乗ったとされる。

人物編集

芝居噺や人情噺を得意とした。

弟子編集

家族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集