桃井恒和

桃井 恒和(ももい つねかず、1946年12月19日 - )は、日本新聞記者実業家株式会社読売巨人軍代表取締役会長

桃井 恒和
(ももい つねかず)
生誕 (1946-12-19) 1946年12月19日(70歳)
日本の旗 神奈川県
教育 東京大学文学部卒業
職業 読売巨人軍代表取締役会長
活動期間 1970年 -

株式会社読売新聞東京本社総務局局長、株式会社読売新聞東京本社執行役員、株式会社読売巨人軍ではオーナー社長などを歴任した。

目次

来歴編集

生い立ち編集

神奈川県出身。栄光学園高等学校を経て東京大学文学部卒業後の1970年読売新聞社に入社。

読売新聞社編集

読売新聞では主に社会部記者として活動、犯罪報道を担当した。2000年3月に読売新聞東京本社社会部長に就任。2000年5月に京都大学で開催された『日本刑法学会』大会では第3分科会「犯罪報道と人権」にてマスコミ側関係者としてコメンテーターを務めている[1]

2002年1月に東京本社編集局次長、2003年に東京本社総務局人事部長、2004年には東京本社執行役員(総務局長兼任)にそれぞれ就任。

読売ジャイアンツ編集

2004年8月に社会部時代の上司であった滝鼻卓雄が、プロ野球球団「読売ジャイアンツ」の運営会社「読売巨人軍」の代表取締役オーナーに就任したことを受け、滝鼻に同道して読売巨人軍へ移り、同社の代表取締役社長に起用される。2011年6月7日、滝鼻の読売巨人軍オーナー勇退により、同社の社長現職のままオーナーを兼任(〜11月18日)。

2014年6月10日、株主総会および取締役会において、球団社長から球団会長に就任した。球団社長の後任は久保博[2]

2016年3月、球団会長を辞任[3]

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集