メインメニューを開く

桑折 宗臣(こおり むねしげ、寛永11年12月21日1635年2月8日〉 - 貞享3年3月3日1686年3月26日〉)は、江戸時代俳人歌人宇和島藩家老で、藩主伊達秀宗の四男。通称は百助、親左衛門。妻は宍戸定清の娘。

寛永17年(1640年)に桑折宗頼の養子となり、承応元年(1652年)に家老職に就任する。寛文4年(1664年)頃に家老職を義弟の宗邑に譲り、隠居する。俳諧北村季吟を師とした。このように、家老職にあったものの実働期間は短く、若くして隠居しているため、文化人としての活躍が目立ち、多くの著書を残している。

墓所は、愛媛県宇和島市等覚寺

著書編集

  • 作法書
    • 『弊嚢集』
    • 『知新抄』
  • 和歌集
    • 『宗臣君御自詠』
  • 発句集
    • 『大海集』
  • 俳諧連歌集
    • 『郭公千句』
  • 貞門俳諧集
    • 『詞林金玉集』
    • 『青松軒之記』
  • 日記
    • 『文宝日記』

系譜編集