メインメニューを開く

森功

ノンフィクション作家

森 功(もり いさお、1961年 - )は、日本ノンフィクションライター

もり いさお[1]
森 功[1]
生誕 1961年[1]
日本の旗 日本 福岡県[1]
出身校 岡山大学文学部[1]
職業 ノンフィクション作家[1]
受賞 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞(2008年、2009年)[1]
公式サイト mori13.blog117.fc2.com/

目次

経歴編集

福岡県生まれ[1]福岡県立東筑高等学校を経て[2]岡山大学文学部卒。伊勢新聞社、テーミス社、『週刊新潮』編集部などを経て、2003年(平成15年)にフリーランスノンフィクション作家へ転進した[1]。2008年の「ヤメ検」と2009年の「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞[1]。2009年「同和と銀行」(単行本)で第41回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2011年「泥のカネ」で第33回講談社ノンフィクション賞候補、2012年の『なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間』で、第11回新潮ドキュメント賞候補、第44回大宅壮一ノンフィクション賞候補[1]。2018年、『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞受賞[3]

著書編集

  • 黒い看護婦(2004年11月 新潮社 / 2007年6月 新潮文庫
  • サラリーマン政商 宮内義彦の光と影(2007年7月 講談社
  • ヤメ検 司法エリートが利欲に転ぶとき(2008年9月 新潮社 / 2010年12月 新潮文庫)
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男(2008年12月 講談社 / 2010年10月 講談社プラスアルファ文庫
  • 血税空港 本日も遠く高く不便な空の便(2009年5月 幻冬舎新書
  • 同和と銀行 三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録(2009年9月 講談社 / 2010年9月 講談社プラスアルファ文庫)
  • 腐った翼 JAL消滅への60年(2010年6月 幻冬舎 / 2016年4月 講談社プラスアルファ文庫)
  • 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴(2011年4月 文藝春秋 / 2013年10月 文春文庫
  • 狡猾の人 防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪(2011年12月 幻冬舎)
  • なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間(2012年3月 講談社)
  • 大阪府警暴力団担当刑事―「祝井十吾」の事件簿(2013年2月 講談社)
  • 平成経済事件の怪物たち(2013年12月 文春新書
  • 紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う(2015年2月 幻冬舎 / 2016年9月 幻冬舎文庫)
  • 現代日本9の暗闇 政治・経済・社会事件に蠢く道化と傀儡師(2015年4月 廣済堂新書
  • 日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈(2015年11月 文藝春秋)
  • 総理の影―菅義偉の正体(2016年8月 小学館)
  • 日本の暗黒事件(2017年6月 新潮新書
  • 高倉健 七つの顔を隠し続けた男(2017年8月 講談社)
  • 悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞(2017年12月 文藝春秋)
  • 地面師―他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団(2018年12月 講談社)

映像化作品編集

テレビドラマ

メディア出演編集

脚注編集