大竹しのぶ

日本の女優

大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ、1957年7月17日 - )は、日本女優タレント歌手

おおたけ しのぶ
大竹 しのぶ[1]
本名 大竹 しのぶ
生年月日 (1957-07-17) 1957年7月17日(65歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都江戸川区[1]
国籍 日本
血液型 A型
職業 女優タレント歌手
活動期間 1973年 -
配偶者 服部晴治(1982年 - 1987年)
明石家さんま(1988年 - 1992年)
著名な家族 IMALU(長女)
公式サイト http://www.otake-shinobu.com/
主な作品
テレビドラマ
水色の時
徳川家康
男女7人夏物語[1]
男女7人秋物語
元禄繚乱
冗談じゃない!
江〜姫たちの戦国〜
それでも、生きてゆく
ごめん、愛してる
いだてん〜東京オリムピック噺〜
映画
青春の門』シリーズ
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
あゝ野麦峠
鉄道員 ぽっぽや[1]
海街diary
後妻業の女
バラエティー番組
中居正広の金曜日のスマたちへ
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
1978年事件
1999年鉄道員 ぽっぽや
最優秀助演女優賞
1978年『事件』『聖職の碑
ブルーリボン賞
主演女優賞
2016年後妻業の女
助演女優賞
1986年『波光きらめく果て』
新人賞
1975年青春の門
その他の賞
高崎映画祭
主演女優賞
1987年永遠の1/2
モスクワ国際映画祭
最優秀主演女優賞
2003年ふくろう
テンプレートを表示

東京都出身。東京都立小岩高等学校卒業、桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。IMALU明石家さんまとの娘。

来歴編集

人物編集

  • 撮影時、いざとなれば瞬時に涙を流すことができたと言われており、いわゆる憑依型女優であった。女の深い闇を演じさせれば天下一品とも評される[1]
  • 1973年の芸能界デビュー以来、仕事が途絶えた時期がない[1]
  • 40年来(2021年時点)の軽井沢別荘民である[14]
  • 話を盛る癖があるとIMALUに指摘されている[15]
  • 従曽祖伯父(曽祖父のいとこ)に、政治家の大竹貫一がいる[16]
  • 母方の祖父に自由宗教家でクリスチャンである吉川一水が、甥にJリーグ藤枝MYFC所属(元FC町田ゼルビア)の大竹隆人[17]がいる。
  • 演技派女優と言われることが嫌だという[18]

出演編集

テレビドラマ編集

  • ボクは女学生(1973年 - 1974年、フジテレビ[19]
  • ボクは恋人(1974年、フジテレビ)
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • 水色の時(1975年4月7日 - 1975年10月4日) - 松宮知子 役
    • オードリー(2000年10月2日 - 2001年3月31日) - 吉岡(麻生)滝乃 役
  • たぬき先生奮戦記(1975年10月6日 - 1976年3月19日、フジテレビ)
  • たぬき先生騒動記(1976年4月5日 - 1976年9月27日、フジテレビ) - 渡貫あかね 役
  • ほんとうに(1976年10月7日 - 1977年5月5日、TBS) - 三浦桃子 役
  • ある日鳥のように(1976年、NHK)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • 毛糸の指輪[21](1977年、NHK)- 丸根清子 役
  • 冬の桃(1977年、NHK)
  • 同級生(1977年、TBS)
  • 海は甦える(1977年、TBS)
  • びっくり箱(1977年、TBS)
  • 家族 (1977年 - 1978年、TBS)
  • 太陽にほえろ! 第276回『初恋』(1977年11月11日、日本テレビ)
  • 姉妹(1)(1977年、TBS)
  • 望郷(1977年、フジテレビ)
  • 新・座頭市(2)(1978年、フジテレビ)
  • 悲しみは愛の笛(1978年、ANB)
  • きみちゃん(1978年、TBS)
  • 事件(1978年、NHK) - 坂井ヨシ子 役
  • 希望の大地(1978年、日本テレビ)
  • オレの愛妻物語(1978年7月29日 - 1978年9月30日、日本テレビ) - 倉田ユリ子 役
  • 若きいのちの日記(1978年7月30日・1978年8月6日、TBS) - みち子 役
  • 極楽家族(1978年 NHK)
  • (1978年 - 1979年、TBS) - 岩田朋子 役
  • 姉妹(2)(1979年、TBS)
  • 遠い絵本(1979年、HBC
  • 女の部屋(1979年、TBS)
  • 歴史の涙(1980年、TBS) - 船山淳子 役
  • 大竹しのぶのああ!この愛なくば・頑張っせよ邦ちゃん(1980年、日本テレビ)
  • 機の音(1980年、日本テレビ)
  • 霊感少女(1980年、読売テレビ
  • 恋人たち(1980年、TBS) - 土方信子 役
  • 和宮様御留(1981年、フジテレビ) - フキ 役
  • かげろうの死(1981年、読売テレビ)
  • 母たることは地獄のごとく(1981年、日本テレビ)
  • 遙かなり、マイ・ラブ(1981年、TBS)
  • タクシー・サンバ(1981年、NHK)
  • 山を走る女(1981年、日本テレビ)
  • 出航(1981年、TBS)
  • いもうと(1982年、読売テレビ)
  • 父殺しの報酬(1982年、TBS)
  • ガラスの知恵の輪(1982年、MBS
  • 噂になった女たち(1982年、NHK)
  • 霧の旗(1983年、日本テレビ) - 柳田桐子 役
  • スクープを追う女(1983年 TBS)
  • かけおち'83(1983年、NHK)- セツ子 役
  • 母と娘の刻印(1983年、読売テレビ)
  • 恋人よ、われに帰れ(1983年、フジテレビ)
  • ジュリーと鉄矢の源氏物語'84(1984年、MBS)
  • 鹿鳴館物語(1984年、日本テレビ)
  • 空き缶ユートピア(1984年、NHK)
  • 山の音(1984年、TBS)
  • 月の川(1984年、TBS)
  • 嫁ぐ日'84(1984年、NHK)
  • 雨ふりお月さん(1984年、NHK)
  • 家政婦・織枝の体験(1)(1985年、TBS)
  • 家政婦・織枝の体験(2)(1985年、TBS)
  • 家政婦・織枝の体験(3)(1985年、TBS)
  • どたんばたん(1986年、TBS)
  • 家政婦・織枝の体験(4)(1986年、TBS)
  • 男女7人夏物語(1986年、TBS) - 神崎桃子 役
    • 男女7人夏物語 評判編(1987年、TBS)
  • 心はロンリー気持ちは「…」IV(1986年、フジテレビ)
  • 家政婦・織枝の体験(5)(1987年、TBS)
  • くらやみ祭に人が死ぬ(1987年、読売テレビ)
  • ばら色の人生(1987年、NHK)
  • 手枕さげて(1987年、読売テレビ)
  • モナリザたちの冒険(1987年、TBS) - 桂ほなみ 役
  • 男女7人秋物語(1987年、TBS)- 神崎桃子 役
    • 男女7人秋物語 評判編(1988年、TBS)
  • 夢を見たくて(1988年、ANB)
  • 心はロンリー気持ちは「…」VII(1988年、フジテレビ)
  • 明日−1945年8月8日・長崎(1988年、日本テレビ)
  • 大竹しのぶのブッとばすぞ物語(1990年、TBS)
  • 愛の世界(1990年、読売テレビ)
  • 雨の脅迫者(1990年、フジテレビ)
  • イカれた主婦の反乱(1991年、フジテレビ)
  • 別れてのちの恋歌(1991年、フジテレビ)
  • 母性が裁かれる時(1991年、読売テレビ)
  • 張込み(1991年、フジテレビ) - さだ子 役
  • 世にも奇妙な物語(フジテレビ)
  • 東京ららばい(1991年、読売テレビ)
  • 家族の食卓 『トランプの家』(1992年、フジテレビ)
  • オレゴンから愛 '92(1992年、フジテレビ)
  • ひとの不幸は蜜の味(1994年、TBS) - くればやし繭子(中田正子) 役
  • 真昼の月 続・病院で死ぬということ(1994年、TBS)
  • きっとしあわせ(1)消えたわが子(1994年、関西テレビ
  • 八月の叫び(1995年、NHK)
  • 北の国から'95 秘密(1995年、フジテレビ) - 黒木夫人 役
  • 悪女の階段(1996年、日本テレビ)
  • 白い闇(1996年、TX) - 信子 役
  • 存在の深き眠り〜誰かが私の中にいる〜(1996年、NHK)
  • となりの女(1996年、日本テレビ)
  • 東京に殺された女(1996年、TBS)
  • Dear ウーマン(1996年、TBS) - 津野響子 役
    • Dearウーマンスペシャル(1997年、TBS)
  • 女マネージャー走る!(1996年、ANB)
  • 「放浪記」男なんて何さ!人生は七転び八起き(1997年、テレビ東京)
  • 棘 おんなの遺言状(1997年、NHK)
  • 心はロンリー気持ちは「…」X(1997年、フジテレビ)
  • 恋のためらい(1997年、TBS) - 野村千里 役
  • 愛と感動の実話 さよなら盲導犬 ベルナ(1998年、フジテレビ)
  • おじさん改造講座(1998年、NHK) - 藤倉千秋 役
  • 月のかたち(1998年、日本テレビ) - 筒井(吉村)杏子 役
  • 死刑囚永山則夫と母(1998年、ANB)
  • 鶴瓶のスジナシ! #33(1999年、CBC
  • 小さな小さなあなたを産んで(1999年、日本テレビ)
  • 刑事たちの夏(1999年、読売テレビ)
  • セミダブル(1999年、フジテレビ) - 都築真子 役
  • 真夜中の虹(1999年、日本テレビ)
  • 編集王(2000年、フジテレビ) - 八代亜希 役
  • 恋は余計なお世話 なに怒ってんの深津ちゃん、しのぶ全然わかんないスペシャル(2001年、フジテレビ)
  • 伝説のワニ ジェイク(2001年、TX)
  • 最後の夏休み(2001年、日本テレビ) - 美津子 役
  • 実録 福田和子(2002年、フジテレビ) - 福田和子[1][23]
  • 石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜(2002年、ANB)
  • 朗読紀行『にっぽんの名作』(第2夜)『猟銃』(2003年、NHK)
  • 大菩薩峠(2004年、NHK)
  • 見当たり捜査25時(2004年、TBS)
  • 優しい時間(2005年、フジテレビ) - 湧井めぐみ 役
  • 中居正広の金曜日のスマたちへ 幸せになった女優たち(2005年、TBS)
  • スタートライン〜涙のスプリンター〜(2005年、フジテレビ) - 今井道代 役
  • 少しは恩返しができたかな(2006年、TBS)
  • 冗談じゃない!(2007年、TBS) - 広瀬理衣 役
  • ありがとう、オカン(2008年、関西テレビ) - 西田華子 役
  • それでも、生きてゆく(2011年7月7日 - 2011年9月15日、フジテレビ) - 野本(深見)響子 役
  • 看取りの医者 バイク母さんの往診日誌(2011年、TBS)
  • 帰郷(2011年12月23日、TBS) - 深谷あさみ 役
  • 俺たちに明日はある(2014年、フジテレビ)
  • アイアングランマ(2015年1月10日 - 2015年3月14日、NHK BSプレミアム) - 塩谷令子 役
  • 黒い看護婦(2015年2月13日、フジテレビ) - 田中直子 役
  • 松尾スズキアワー 恋は、アナタのおそば(2016年、NHK)
  • ごめん、愛してる(2017年7月9日 - 2017年9月17日、TBS) - 日向麗子 役[24]
  • 監察医 朝顔 第2シーズン 第5話 - (2020年 - 2021年、フジテレビ) - 奥寺美幸 役[25]
    • 監察医朝顔2022スペシャル(2022年、フジテレビ)- 奥寺美幸 役
  • PICU 小児集中治療室(2022年、フジテレビ) - 志子田南 役[26]

映画編集

舞台・LIVE・イベントなど編集

  • 青春の門(1975年 演出:宇野重吉
  • 若きハイデルベルヒ(1977年 演出:松浦竹夫)
  • にんじん(1979年8月2日〜1979年8月26日 日生劇場 演出:福田善之
  • 息子の結婚(1981年 演出:宇野重吉)
  • 屋根の上のバイオリン弾き(1982年5月3日〜1982年10月30日 帝国劇場 演出:サミー・ベイス)
  • 映画に出たい!(1982年9月4日〜1982年9月23日 PARCO西武劇場 演出:福田陽一郎)
  • もとの黙阿弥(1983年 演出:木村光一
  • 櫂(1985年 演出:小野田正)
  • 奇跡の人(1986年2月5日〜1986年2月28日 日生劇場 演出:今野勉
  • 奇跡の人(1987年8月2日〜1987年8月25日 日生劇場 演出:今野勉)
  • ガラスの仮面(1988年8月3日〜1988年8月27日 新橋演舞場 演出:坂東玉三郎
  • LOVE LETTERS(1990年8月19日 パルコ劇場 演出:青井陽治)
  • 人形の家(1991年1月9日〜1991年1月29日 銀座セゾン劇場 演出:今野勉)
  • LOVE LETTERS(1991年8月11日 パルコ劇場 演出:青井陽治)
  • 真夏の夜の夢(1992年8月2日〜1992年8月25日 日生劇場 演出:野田秀樹
  • 奇跡の人(1992年-1993年 演出:テリー・シュライバー)
  • 恋人たちの短い夜(1993年5月30日〜1993年6月13日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:鵜山仁
  • 野田版・国性爺合戦(1994年12月5日〜1994年12月27日 日生劇場 演出:野田秀樹)
  • 贋作・罪と罰(1995年4月1日〜1995年6月11日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:野田秀樹)
  • セツアンの善人(1996年5月4日〜1996年5月26日 銀座セゾン劇場 演出:アレクサンドル・ダリエ)
  • 奇跡の人(1997年3月28日〜1997年4月13日 Bunkamuraシアターコクーン 1997年4月18日〜1997年4月20日 愛知厚生年金会館 1997年4月23日〜1997年5月3日 近鉄劇場 1997年5月6日〜1997年5月8日 メルパルクホール福岡 1997年5月13日〜1997年5月14日 アクトシティ浜松 1997年5月17日〜1997年5月18日 アステールプラザ 演出:マイケル・ブルーム)
  • エンドレス・ラヴ(1998年6月19日〜1998年6月28日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:謝珠栄
  • ルル(1998年 演出:デヴィッド・ルヴォー)
  • パンドラの鐘(1999年11月16日〜1999年12月23日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:蜷川幸雄
  • 奇跡の人(2000年2月28日〜2000年3月26日 Bunkamuraシアターコクーン 2000年3月28日〜2000年4月2日 愛知県勤労会館 2000年4月4日〜2000年4月16日 近鉄劇場 演出:鈴木裕美
  • 大竹しのぶ コンサート BuBu(2001年11月27日〜2001年12月2日 Bunkamuraシアターコクーン 2002年3月20日〜2002年3月21日 近鉄劇場)
  • 売り言葉(2002年2月2日〜2002年2月20日 スパイラルホール 演出:野田秀樹)
  • 欲望という名の電車(2002年5月4日〜2002年5月30日 Bunkamuraシアターコクーン 2002年6月5日〜2002年6月9日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 演出:蜷川幸雄)
  • 太鼓たたいて笛ふいて(2002年7月25日〜2002年8月7日 紀伊國屋サザンシアター 演出:栗山民也)
  • マクベス(2002年10月9日〜2002年10月24日 Bunkamuraシアターコクーン 2002年11月1日〜2002年11月17日 近鉄劇場 2002年12月4日〜2002年12月7日 ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック(BAM)演出:蜷川幸雄)
  • 奇跡の人(2003年3月2日〜2003年4月5日 Bunkamuraシアターコクーン 2003年4月7日〜2003年4月13日 近鉄劇場 演出:鈴木裕美)
  • エレクトラ(2003年9月6日〜2003年9月30日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:蜷川幸雄)
  • POP? 大竹しのぶ 一人舞台(2003年12月18日〜2003年12月24日 スパイラルホール 2003年12月26日〜2003年12月28日 リサイタルホール 演出:鈴木勝秀)
  • 太鼓たたいて笛ふいて(2004年4月2日〜2004年4月29日 紀伊國屋サザンシアター 演出:栗山民也)
  • ママがわたしに言ったこと(2004年9月4日〜2004年10月3日 青山円形劇場 演出:鈴木勝秀)
  • 喪服の似合うエレクトラ(2004年11月16日〜2004年12月5日 新国立劇場 中劇場 PLAY HOUSE 2004年12月10日〜2004年12月12日 まつもと市民芸術会館 開館記念特別公演 演出:栗山民也
  • 蛇よ!(2005年3月1日〜2005年3月21日 スパイラルホール 演出:松尾スズキ
  • メディア(2005年5月6日〜2005年5月28日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:蜷川幸雄)
  • 母・肝っ玉とその子供たち-三十年戦争年代記(2005年11月15日〜2005年11月20日 兵庫県立芸術文化センター 中ホール 2005年11月28日〜2005年12月11日 新国立劇場 中劇場 演出:栗山民也)
  • 恋心~思ひは時間を超えて、今も昔も~(2005年6月18日 りゅーとぴあ 新潟市民会館芸術文化会館 2005年6月20日 仙台市民会館 6月22日 三島市民文化会館 2005年6月24日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2005年6月27日 アステールプラザ・大ホール 2005年6月29日 愛知万博長久手会場(日本国際博覧会政府出展事業日本館イベント)2005年12月23日〜2005年12月27日 スパイラルホール 演出:鈴木勝秀)
  • ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?(2006年6月5日〜2006年6月30日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • スウィーニー・トッド(2007年1月5日〜2007年1月29日 日生劇場 2007年2月2日〜2007年2月3日 まつもと市民芸術館 2007年2月8日〜2007年2月10日 愛知厚生年金会館 2007年2月15日〜2007年2月18日 イオン化粧品 シアターBRAVA! 2007年2月22日〜2007年2月24日 北九州芸術劇場 大ホール 演出:宮本亜門
  • ロマンス(2007年8月3日〜2007年9月30日 世田谷パブリックシアター 演出:栗山民也)
  • ビューティ・クイーン・オブ・リナーン(2007年12月7日〜2007年12月30日 PARCO劇場 2008年1月3日〜2008年1月6日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 演出:長塚圭史)
  • 瞼の母(2008年5月10日〜2008年6月8日 世田谷パブリックシアター 演出:渡辺えり
  • 女教師は二度抱かれた(2008年8月4日〜2008年8月27日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:松尾スズキ)
  • 太鼓たたいて笛ふいて(2008年11月21日〜2008年12月20日 紀伊國屋サザンシアター 演出:栗山民也)
  • 桜姫(2009年6月7日〜2009年6月30日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:串田和美
  • 大竹しのぶ ひとり舞台『あいのうた-Francesca!-』(2009年7月10日 IMSホール 2009年7月11日 サンケイホールブリーゼ 2009年7月12日 テレピアホール 2009年7月15日 シベールアリーナ 2009年7月18日〜2009年7月19日 恵比寿ザ・ガーデンホール)
  • ザ・ダイバー 日本バージョン (2009年8月20日〜2009年9月20日 東京芸術劇場小ホール1 演出:野田秀樹)
  • グレイ・ガーデンズ(2009年11月7日〜2009年12月6日 シアタークリエ 2009年12月10日〜2009年12月13日 イオン化粧品 シアターBRAVA! 2009年12月18日〜2009年12月19日 中日劇場 演出:宮本亜門)
  • ヘンリー六世(2010年3月11日〜2010年4月3日 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 2010年4月10日〜2010年4月17日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 演出:蜷川幸雄)
  • LOVE LETTERS (2010年6月21日 PARCO劇場 演出:青井陽治)
  • 大人は、かく戦えり(2011年1月6日〜2011年1月30日 新国立劇場 小劇場 2011年2月5日 名鉄ホール 2011年2月11日〜2011年2月15日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 演出:マギー)
  • 大竹しのぶコンサートツアー2011『あいのうた』(2011年3月5日 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール)
  • スウィーニー・トッド(2011年5月14日〜2011年6月5日 青山劇場 2011年6月9日〜2011年6月12日 イオン化粧品 シアターBRAVA! 2011年6月18日〜2011年6月19日 ALSOKホール 2011年6月25日 長崎ブリックホール 2011年7月1日〜2011年7月3日 愛知県芸術劇場 大ホール 2011年7月9日〜2011年7月10日 KAAT 神奈川芸術劇場 演出:宮本亜門)
  • 身毒丸(2011年8月26日〜2011年9月6日 天王洲銀河劇場 2011年9月10日〜2011年9月12日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2011年9月17日〜2011年9月18日 愛知県芸術劇場 大ホール 演出:蜷川幸雄)
  • ピアフ(2011年10月13日〜2011年11月6日 シアタークリエ 2011年11月9日 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場 2011年11月11日 富山県民会館 2011年11月20日 北國新聞赤羽ホール 2011年11月26日〜2011年11月27日 森ノ宮ピロティホール 2011年11月29日 中日劇場 演出:栗山民也)
  • シンベリン(2012年4月2日〜2012年4月21日 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 2012年4月27日〜2012年4月29日 北九州芸術劇場 大ホール 2012年5月4日〜2012年5月8日 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2012年5月29日〜2012年6月2日 バービカン・シアター 演出:蜷川幸雄)
  • 朗読 『宮沢賢治が伝えること』(2012年 5月22日 世田谷パブリックシアター 演出:栗山民也)
  • ふくすけ(2012年8月1日〜2012年9月2日 Bunkamuraシアターコクーン 2012年9月6日〜2012年9月13日 イオン化粧品 シアターBRAVA!演出:松尾スズキ)
  • 『大竹しのぶコンサート2012今夜はひとり舞台?歌だけだと思うなョ!』(2012年9月21日 昭和女子大学人見記念講堂)
  • 日の浦姫物語(2012年11月10日〜2012年12月2日 Bunkamuraシアターコクーン 2012年12月7日〜2012年12月9日 イズミティ21 大ホール 2012年12月14日〜2012年12月19日 イオン化粧品 シアターBRAVA! 演出:蜷川幸雄)
  • ピアフ(2013年1月16日〜2013年2月13日 シアタークリエ 2013年2月16日〜2013年2月17日 キャナルシティ劇場 2013年2月22日〜2013年2月24日 森ノ宮ピロティホール演出:栗山民也)
  • スウィーニー・トッド (2013年5月5日〜2013年5月6日 KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉2013年5月10日〜2013年5月12日 イオン化粧品 シアターBRAVA! 2013年5月16日〜2013年6月2日 青山劇場 2013年6月8日〜2013年6月9日 愛知県芸術劇場 大ホール 演出:宮本亜門)
  • かもめ(2013年 9月4日〜2013年9月28日 Bunkamuraシアターコクーン 2013年10月4日〜2013年10月9日 シアターBRAVA! 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
  • 『My Piaf』コンサート2013 (2013年11月4日 東京国際フォーラム ホールC)
  • 太鼓たたいて笛ふいて (2014年1月16日〜2014年2月9日 紀伊國屋サザンシアター 2014年2月15日〜2014年2月16日 名鉄ホール 2014年2月22日〜2014年2月23日 シアターBRAVA! 2014年2月26日 鹿児島市民文化ホール(第一)2014年3月1日 キャナルシティ劇場 演出:栗山民也)
  • 抜目のない未亡人(2014年6月28日〜2014年7月31日 新国立劇場 中劇場 演出:三谷幸喜
  • 火のようにさみしい姉がいて(2014年9月6日〜2014年9月30日 Bunkamuraシアターコクーン 2014年10月5日〜2014年10月13日 シアターBRAVA!演出:蜷川幸雄)
  • 地獄のオルフェウス(2015年5月7日〜2015年5月31日 Bunkamuraシアターコクーン 2015年6月6日〜2015年6月14日 森ノ宮ピロティホール 演出:フィリップ・ブリーン)
  • 大竹しのぶコンサート2015 “ドラマティーク”(2015年11月10日〜2015年11月11日 EX THEATER ROPPONGI 2015年11月25日 森ノ宮ピロティホール)
  • 中島みゆき RESPECT LIVE 2015 歌縁 (2015年11月23日 フェスティバルホール 2015年11月29日 中野サンプラザ)
  • ピアフ(2016年2月7日〜2016年3月13日 シアタークリエ 2016年3月19日〜2016年3月21日 森ノ宮ピロティホール 2016年3月23日 JMSアステールプラザ 大ホール 2016年3月26日〜2016年3月27日 中日劇場 演出:栗山民也)
  • スウィーニー・トッド(2016年4月14日〜2016年5月8日 東京芸術劇場 プレイハウス 2016年5月13日〜2016年5月15日 シアターBRAVA! 2016年5月20日〜2016年5月22日 愛知県芸術劇場 大ホール 演出:宮本亜門)
  • 三婆(2016年11月1日〜2016年11月27日 新橋演舞場 演出:齋藤雅文)
  • 中島みゆき RESPECT LIVE 2017 歌縁 (2017年1月9日 愛知県芸術劇場 大ホール 2017年1月13日 富山オーバードホール 1月29日 ニトリ文化ホール 2017年2月19日 Bunkamuraオーチャードホール)
  • 大竹しのぶ ねちゃダメだよzzz…公開収録(2017年3月5日 ニッポン放送・イマジンスタジオ)
  • フェードル(2017年4月8日〜2017年4月30日 Bunkamuraシアターコクーン 2017年5月3日 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場 2017年5月6日〜2017年5月7日 刈谷市総合文化センター 大ホール 2017年5月11日〜2017年5月14日 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 演出:栗山民也
  • にんじん(2017年8月1日〜2017年8月27日 新橋演舞場 2017年9月1日〜2017年9月10日 大阪 松竹座 演出:栗山民也)
  • アルバム『ち・ち・ち』発売記念、トーク&ミニライブ&握手会(2017年11月23日 TOWER RECORDS 渋谷店 8F イベントスペース)
  • 欲望という名の電車(2017年12月8日〜2017年12月28日 Bunkamuraシアターコクーン 2018年1月6日〜2018年1月8日 森ノ宮ピロティホール 演出:フィリップ・ブリーン)
  • リトル・ナイト・ミュージック(2018年4月8日〜2018年4月30日 日生劇場 2018年5月4日〜2018年5月5日 梅田芸術劇場メインホール 2018年5月12日〜2018年5月13日 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール 2018年5月19日〜2018年5月20日 オーバード・ホール 演出:マリア・フリードマン)
  • パリ祭(2018年7月8日 NHKホール)
  • 出口なし(2018年8月25日〜2018年9月24日 新国立劇場 小劇場 2018年9月27日〜2018年9月30日 サンケイホールブリーゼ 演出:小川絵梨子)
  • トークショー『音故知新 ピアフ〜恋に生き、歌に生き』(2018年10月10日 シアタークリエ)
  • ピアフ(2018年11月4日〜2018年12月1日 シアタークリエ 2018年12月4日 JMSアステールプラザ 大ホール 2018年12月11日〜2018年12月12日 レクザムホール 小ホール 2018年12月15日〜2018年12月17日 森ノ宮ピロティホール 演出:栗山民也)
  • 『SHINOBU avec PIAF』コンサート(2019年1月17日〜2019年1月18日 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 2019年1月25日 Bunkamuraオーチャードホール 2019年2月3日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール)
  • LIFE LIFE LIFE 〜人生の3つのヴァージョン〜(2019年4月6日〜2019年4月30日 Bunkamuraシアターコクーン 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
  • 三婆(2019年5月31日〜2019年6月27日 大阪 松竹座 2019年7月1日〜2019年7月8日 博多座 演出:齋藤雅文)
  • 仁和寺音舞台 -令和の響き-(2019年9月7日 仁和寺)
  • 映画『鉄道員(ぽっぽや)』公開記念20周年記念上演会(2019年11月10日 丸の内TOEI(1))
  • LOVE LETTERS (2020年2月12日 PARCO劇場 演出:藤田俊太郎)
  • 女の一生(2020年11月2日〜2020年11月26日 新橋演舞場 演出:段田安則)
  • フェードル(2021年1月10日〜2021年1月26日 Bunkamuraシアターコクーン 2021年1月30日〜2021年1月31日 金沢市文化ホール 2021年2月6日〜2021年2月7日 刈谷市総合文化センター 大ホール 2021年2月11日〜2021年2月14日 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 2021年2月20日〜2021年2月21日 三島市民文化会館・大ホール 演出:栗山民也)→期間限定 公演動画配信あり
  • 三谷のツボ 第一回 笑うリーディング (2021年2月23日 スパイラルホール 演出:三谷幸喜)
  • 夜への長い旅路(2021年6月7日〜2021年7月4日 Bunkamuraシアターコクーン 2021年7月9日〜2021年7月18日 京都劇場 演出:フィリップ・ブリーン)
  • ザ・ドクター(2021年10月30日〜2021年10月31日 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 2021年11月4日〜2021年11月28日 PARCO劇場 2021年12月2日〜2021年12月5日 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール 2021年12月10日〜2021年12月12日 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール 2021年12月18日〜2021年12月19日 まつもと市民芸術館 主ホール 2021年12月25日〜2021年12月26日 北九州芸術劇場 大ホール 演出:栗山民也)
  • ピアフ(2022年2月24日〜2022年3月18日 シアタークリエ 2022年3月25日〜2022年3月28日 森ノ宮ピロティホール 2022年4月1日〜2022日4月10日 博多座 演出:栗山民也)
  • 福岡音楽祭音恵2022 (2022年5月28日 福岡縣護国神社)
  • 葉加瀬太郎音楽祭2022 (2022年6月11日 上賀茂神社)
  • れいわのへいわソング2022 番組観覧(2022年7月6日 広島文化学園HBGホール)
  • 大竹しのぶのスピーカーズコーナー 公開収録(2022年7月7日 NHK広島放送センタービル1階メディアプラザ)
  • ワンマンライブ (2022年9月8日 Billboard横浜 2022年9月10日 Billboard大阪)
  • 女の一生 (2022年10月18日〜2022年10月23日 新橋演舞場 2022年10月27日〜11月8日 南座 2022年11月18日〜11月30日 博多座 演出:段田安則)
  • GYPSY (2023年4月 東京芸術劇場 プレイハウス 演出:クリストファー・ラスコム)
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(2023年9月 新橋演舞場)

中止になった公演編集

  • 桜の園 (2020年4月4日〜2020年4月29日 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)

配信映像作品編集

  • PRE AFTER CORONA SHOW The Movie(2020年)

ABEMA編集

  • 『7.2新しい別の窓』(2022年)

ニコニコ動画編集

  • ガチの舞台稽古場に突撃生放送!(2014年8月24日)→2014年10月3日に再放送

YouTube編集

  • 登紀子の「土の日」ライブ(2022年1月11日)

WOWOW編集

  • 劇場の灯を消すな(2020年)

Amazon Prime Video編集

  • 誰かが、見ている(2020年)

劇場アニメ編集

吹き替え編集

バラエティ編集

NHK紅白歌合戦編集

歌謡コンサート編集

  • 2014年10月21日『黄昏のビギン』を歌唱
  • 2015年2月10日『面影平野』を歌唱→2015年4月15日に再放送
  • 2015年7月21日『かもめはかもめ』を歌唱 

うたコン編集

  • 2016年6月7日『結婚しようよ』『ファイト』を歌唱
  • 2016年10月4日『時代』を歌唱
  • 2017年2月7日『The Rose』を歌唱
  • 2017年6月13日『ばら色の人生』を歌唱
  • 2017年10月24日『サン・トワ・マミー』を歌唱
  • 2017年11月14日『愛の讃歌』を歌唱
  • 2018年10月16日『水に流して』を歌唱
  • 2019年10月8日『朝日のあたる家(朝日楼)』を歌唱
  • 2020年12月1日『ありがとうって気づいていてね』を歌唱
  • 2021年2月16日『愛にできることはまだあるかい』を歌唱
  • 2021年8月31日 「うたコン 夏のおさらいスペシャル」→ 2021年9月7日に再放送
  • 2022年2月1日 『愛の讃歌』を歌唱した過去の映像を放送→2022年2月6日に再放送
  • 2022年3月29日 『愛の讃歌』を歌唱
  • 2022年5月31日 『一本の鉛筆』を歌唱→2022年6月6日に再放送

僕らの音楽編集

  • 2008年2月22日 僕らの音楽〜OUR MUSIC〜4
  • 2013年7月26日『涙の温度』を歌唱
  • 2014年9月5日 -僕らの思い出セレクション-

SONGS編集

  • 第271回 泉谷しげる 2013年9月14日『黒の舟唄』を歌唱
  • 第327回 大竹しのぶ〜愛に生きる女優〜 2015年2月28日『黄昏のビギン』『死んだ男の残したものは』『愛の讃歌』を歌唱
  • SONGSスペシャル ディズニースペシャル名曲集 2017年3月25日『ONCE UPON A DREAM』を歌唱
  • 第426回 〜中島みゆきトリビュート〜 2017年6月22日『ファイト!』『時代』を歌唱
  • 第473回 大竹しのぶ 2018年10月20日『愛の讃歌』『老兵』『愛の讃歌』を歌唱
  • 第572回 さだまさし 2021年5月6日 ゲスト出演

日本レコード大賞編集

  • 2013年12月30日 第55回『昭和の歌よ、ありがとう』優秀アルバム賞『黒の舟唄』を歌唱
  • 2015年12月30日 第57回『なかにし礼と12人の女優たち』企画賞『人形の家』を歌唱
  • 2018年12月30日 第60回『SHINOBU avec PIAF』優秀アルバム賞『愛の讃歌』を歌唱

The Covers編集

  • 2015年4月6日『この空を飛べたら』『夜へ急ぐ人』『満月の夕』を歌唱
  • 2015年9月21日 上半期名曲選
  • 2016年1月4日 新春傑作選

MUSIC FAIR編集

  • 2017年6月10日『夢であいましょう』『愛の讃歌』を歌唱
  • 2017年12月2日『願い』を歌唱
  • 2020年11月7日『ファイト!』を歌唱
  • 2022年1月22日『パリの空の下』『バラ色の人生』『水に流して』を歌唱
  • 2022年7月16日 2022 上半期総集編
  • 2022年10月22日 名曲カバーセレクション/豪華カバー名演集

音楽の日編集

  • 2017年7月15日『愛の讃歌』を歌唱
  • 2018年7月14日『The Rose』『キライナヒト』を歌唱

その他 出演音楽番組編集

  • 1976年4月5日 フジテレビ夜のヒットスタジオ『みかん』を歌唱
  • 2000年1月29日 日本テレビTHE夜もヒッパレ 『Get Into A Groove』を歌唱
  • 2006年11月19日 フジテレビ新堂本兄弟『みかん』を歌唱
  • 2010年9月5日 フジテレビ「新堂本兄弟」『JUMP』を歌唱
  • 2013年1月13日 フジテレビ「新堂本兄弟」『ヨイトマケの唄』を歌唱
  • 2013年7月25日、8月2日 NHK Eテレ「ミュージック•ポートレート」
    • 『乾杯の歌』
    • 『ドナドナ』岸洋子
    • 『もうひとつの雨やどり』さだまさし     
    • 『Lady』ケニー・ロジャーズ
    • 『愛の讃歌』エディット・ピアフ
    • 『花はどこへ行った』ピーター、ポール&マリー
    • 『花(すべての人の心に花を)』喜納昌吉   
    • 『JUMP』忌野清志郎
    • 『たしかなこと』小田和正
    • 『この素晴らしき世界』ルイ・アームストロングを紹介
  • BS朝日「小倉智昭•住吉美紀の音楽夜話~ミュージック•4ヤワー~」2013年8月3日・2013年9月21日(前編)『毎日がブランニューデイ』『オーダーメイド』を歌唱

2013年8月10日・2013年9月28日(後編)『満月の夕』『化粧』を歌唱

  • 2015年5月31日 テレビ朝日題名のない音楽会『バラ色の人生』『群衆』『愛の讃歌』『水に流して』を歌唱
  • 2015年11月27日 フジテレビ「Love music」
  • 2015年11月29日 フジテレビ「今年もきました!FNS歌謡祭直前スペシャル」
  • 2015年12月3日 フジテレビFNS歌謡祭『黄昏のビギン』を歌唱
  • 2015年12月31日 J:COM TV コンサート2015「ドラマティーク」
  • 2016年1月17日、4月3日、8月21日、2020年9月5日、2022年1月8日 NHK BSプレミアム 2022年4月16日 NHK「中島みゆき名曲集〜豪華トリビュートライブ&貴重映像〜」『化粧』を歌唱
  • 2017年4月2日、4月8日 BSスカパー「中島みゆきリスペクトライブ2017歌縁」放送直前SP〜トーク&ライブ
  • 2017年4月9日、5月1日、8月31日、2018年2月11日、5月13日、2019年1月20日 ファミリー劇場「中島みゆきリスペクトライブ2017歌縁」富山&松本公演『ファイト!』『歌姫』『化粧』を歌唱
  • 2017年4月16日、5月2日、9月1日、2018年2月11日、5月20日、2019年1月27日 ファミリー劇場「中島みゆきリスペクトライブ2017歌縁」東京公演『ファイト!』『歌姫』を歌唱
  • 2017年12月18日 NHK「第3回明石家紅白」『キライナヒト』を歌唱
  • 2019年3月2日、4月13日 NHK BSプレミアム 「SHINOBU avec PIAF」コンサート→2020年3月2日 NHK BS4K 再放送
  • 2019年8月17日 NHK 「第51回思い出のメロディー」『ヨイトマケの唄』を歌唱→2019年8月25日 NHK BSプレミアム 再放送
  • 2019年11月3日 TBS「仁和寺音舞台」『願い』を歌唱
  • 2020年2月16日 BSフジ「輝き続けるキヨシロー」『約束』を歌唱
  • 2020年4月14日「上を向いて〜SING FOR HOPE」プロジェクト
  • 2022年8月4日〈中国地方向け〉2022年8月10日〈全国放送〉2022年8月27日〈広島県向け〉NHK「れいわのへいわソング」『一本の鉛筆』『時代』を歌唱
  • 2022年11月12日 NHK「生中継スペシャル!ニッポン「今」つないでみたら〜秋うらら2022〜」『旅人のうた』を歌唱

ラジオドラマ編集

ラジオ編集

CM編集

その他編集

  • 徹子の部屋(テレビ朝日 1978年10月9日、1981年9月8日、1987年1月26日、1990年12月11日、2001年3月1日、2009年11月10日、2015年1月19日、2016年1月29日、2017年3月3日、2018年3月21日、2018年8月27日、2020年12月21日、2021年4月13日、2022年1月28日)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ 1983年7月4日、1985年4月2日、1993年5月11日、1997年12月10日、1998年11月23日、2001年10月15日、2003年2月20日、2006年5月25日、2007年11月13日、2012年3月9日)
  • とんねるずのみなさんのおかげです(フジテレビ 1996年9月12日)
  • SMAP×SMAP(関西テレビ 1998年10月19日、2005年2月21日、2010年8月16日、2015年8月3日、2015年10月19日)
  • 情熱大陸(MBS 2000年3月19日、2016年8月7日)
  • 鶴瓶の家族に乾杯(NHK 2003年2月22日 茨城県 山方町(現:常陸大宮市)、2015年2月23日・2015年3月2日 宮城県 亘理町、2021年3月15日 鶴瓶の家族に乾杯 2021 特別編〜宮城県スペシャル 〜『見上げてごらん夜の星を』を歌唱)
  • とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ 2003年7月17日、2005年1月13日、2006年9月28日、2010年9月2日、2011年8月18日、2013年10月31日)
  • 『私一人』発売記念イベント(有隣堂アトレ恵比寿店 2006年1月25日)
  • おしゃれイズム (日本テレビ 2008年9月14日、2017年12月10日)
  • しゃべくり007(日本テレビ 2009年6月22日、2011年8月15日、2016年8月22日)
  • あさイチ(NHK 2010年4月23日、2014年10月31日)
  • 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会(2010年7月1日 東京国際フォーラム ホールC)
  • 『借りぐらしのアリエッティ』初日舞台挨拶(2010年7月17日 TOHOシネマズ スカラ座)
  • 『オカンの嫁入り』完成披露試写会(2010年7月28日 TOKYO FMホール)
  • 『オカンの嫁入り』初日舞台挨拶(2010年9月4日 角川シネマ 新宿)
  • 『オカンの嫁入り』凱旋舞台挨拶(2010年9月16日 角川シネマ 新宿)
  • 『ヌードの夜愛は惜しみなく奪う』完成披露試写会(2010年9月28日 渋谷シアター TSUTAYA X)
  • 東京国際映画祭『一枚のハガキ』(2010年10月27日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)
  • 『信さん 炭坑町のセレナーデ』完成披露試写会(2010年10月28日 スペースFS汐留)
  • こまつ座公演 トークゲスト 井上ひさしさんへの手紙(2010年11月21日 紀伊國屋サザンシアター)
  • スタジオパークからこんにちは(NHK 2011年3月3日、2013年10月31日)
  • 坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD公開生放送(2011年4月18日 ニッポン放送・イマジンスタジオ)
  • 小曽根真プロデュース『井上ひさしに捧ぐ』(2011年5月11日 Bunkamuraオーチャードホール)
  • 『一枚のハガキ』プレミア試写会(2011年7月13日 有楽町朝日ホール)
  • ボクらの時代(フジテレビ 2011年10月2日 大竹しのぶ×梅沢昌代×キムラ緑子 2013年3月31日 市村正親×大竹しのぶ×宮本亜門 2015年8月23日 キムラ緑子×大竹しのぶ×渡辺えり 2022年5月29日 野口五郎×大竹しのぶ×岩崎宏美)
  • 『つやのよる』完成披露試写会(2013年1月8日 新宿バルト9)
  • 『三宅伸治 presents 第4回感謝の日』(2013年4月2日 下北沢GARDEN)
  • とくダネ!(フジテレビ 2013年4月25日)
  • 『旅立ちの島唄〜十五の春〜』ナビ(RBC琉球放送 2013年4月28日)
  • 講談社「山田洋次名作映画DVDマガジン 9号」(2013年4月30日発売)
  • プレミアムステージ 2012年4月公演作品 舞台『シンベリン』、2014年7月上演作品 舞台『抜目のない未亡人』、舞台『太鼓たたいて笛ふいて』(NHK BSプレミアム 2013年5月5日、2014年10月5日・2016年10月2日→再放送、2016年6月6日)
  • 中央公論新社「婦人公論」(2013年5月7日、2014年6月7日、2015年2月24日、2016年1月4日、2016年8月23日発売)
  • アゲるテレビ(フジテレビ 2013年5月8日)
  • 『旅立ちの島唄〜十五の春〜』東京プレミア試写会(2013年5月8日 スペースFS汐留)
  • VS嵐(フジテレビ 2013年5月9日)
  • 読売新聞 夕刊「すてきライフ」(2013年5月14日)
  • 『シルクロード物語』ナレーション出演 第3話「ガンダーラ 仏像の誕生」(BSフジ 2013年6月22日)
  • うたの日コンサート2013in嘉手納(2013年6月29日 沖縄県嘉手納町兼久海浜公演特設会場)
  • 『旅立ちの島唄〜十五の春〜』舞台挨拶(2013年6月30日 桜坂劇場)
  • みんな子どもだった(BS-TBS 2013年7月7日、2013年7月14日、2013年7月21日、2013年7月28日)
  • マガジンハウス「クロワッサンプレミアム 」(2013年7月20日発売)
  • 宝島社「TSUMORI CHISATO 2013-14 AUTUMN&WINTER」(2013年8月3日)
  • 宝島社「リンネル」(2013年8月20日発売)
  • マガジンハウス「an・an 1870号、1937号」2013年8月28日、2015年1月7日発売)
  • 主婦と生活者「暮らしのおへそ Vol.16」(2013年8月30日発売)
  • ペケ×ポン(フジテレビ 2013年10月4日)
  • 邦画を彩った女優たち〜“清貧”と“魔性”の間〜(NHK BSプレミアム 2013年10月19日)
  • 『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜』公開初日舞台挨拶(2013年10月26日 シネスイッチ銀座)
  • 『十八世 中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』(2013年10月27日 築地本願寺特設野外ステージ)
  • グッド!モーニング(テレビ朝日 2013年10月28日、2017年3月20日)
  • V.I.P.-RADWIMPS- ビデオレター出演(スペースシャワーTV 2013年12月21日)
  • さんま&SMAP美女と野獣のクリスマススペシャル(日本テレビ 2013年12月24日)
  • 『昭和の歌よ、ありがとう』One Night Premiere LIVE(2013年12月30日 東京国際フォーラム ホールC)
  • はなまるマーケットTBS 2014年1月6日)
  • モーニングバード!(テレビ朝日 2014年1月10日)
  • ZIP(日本テレビ 2014年1月16日、2015年3月26日、2016年8月2日)
  • おはよう日本(NHK 2014年1月22日、2016年11月2日、2021年11月10日)
  • 『三宅伸治 presents 第5回感謝の日』(2014年4月2日 SHIBUYA-AX)
  • 美空ひばり没後25年「歌に生き歌に死ぬ」愛と悲しみの女王伝説 ナビゲーター(TBS 2014年5月28日)
  • 集英社「kotoba 夏号」(2014年6月6日発売)
  • 世界文化社「GOLD」(2014年6月7日発売)
  • バイキング (フジテレビ 2014年6月20日)
  • ザ・インタビュー (BS朝日 2014年6月21日)
  • 朝日新聞出版「AERA」(2014年6月30日発売)
  • 宝島社「大人のおしゃれ手帖」(2014年7月7日発売)
  • ヒトカド。(BSフジ 2014年7月20日)
  • サンデー毎日「艶もたけなわ」(2014年9月2日発売)
  • ぴったんこカン★カン(TBS 2014年9月12日、2015年1月23日、2016年10月21日、2017年4月7日、2018年3月30日)
  • 光文社「MAMA MARIA vol.2」(2014年10月8日)
  • 水平線の花火と音楽5(2014年10月19日 サンマリーナ宮崎多目的芝広場)
  • 十一月新派特別公演 夜の部:16:30〜『京舞』ゲスト出演(2014年11月6日 新橋演舞場)
  • 大河ドラマ『元禄繚乱』DVD(2014年11月14日発売)
  • 舞台『火のようにさみしい姉がいて』(WOWOWライブ 2014年12月13日、2016年7月14日)
  • news every.(日本テレビ 2014年12月23日)
  • 夕刊フジ(産経新聞社 2014年12月24日)
  • あさチャン(TBS 2014年12月25日)
  • 文藝春秋「週刊文春」(2014年12月25日、2016年8月3日発売)
  • マガジンハウス「クロワッサン No.892」(2014年12月25日発売)
  • 鶴瓶の!愛しき型破り列伝(TBS 2014年12月26日)
  • 草間彌生 わたしの富士山 -浮世絵版画への挑戦-(NHK BSプレミアム 2015年1月1日、2015年2月8日→再放送)
  • BSコンシェルジュ(NHK 2015年1月9日)
  • 「『満月の夕』〜震災で紡がれた歌の20年〜」(NHK 2015年1月17日)
  • 『悼む人』完成披露舞台挨拶(2015年1月26日 丸の内TOEI①)
  • スッキリ!! (日本テレビ 2015年1月27日、2015年3月26日、2016年8月2日、2017年11月7日、2022年2月24日)
  • PON!(日本テレビ 2015年1月27日、2015年3月26日、2015年4月30日)
  • gift「DRESS 3月号」(2015年1月31日発売)
  • NHK Eテレシアター『抜目のない未亡人』(NHK Eテレ 2015年2月1日)
  • 水トク!「極楽加藤のお節介な旅」(TBS 2015年2月4日)
  • 堺でございます(BSフジ 2015年2月7日、2015年2月14日『約束』を歌唱)
  • 「いきいき」(2015年2月10日発売)
  • 『悼む人』初日舞台挨拶(2015年2月14日 丸の内TOEI①)
  • 1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ 2015年2月18日、2016年8月24日、2017年8月2日)
  • 私たちはこんな難病と闘っています2015 涙と感動・・・10年の記録 ナレーション出演(TBS 2015年4月1日)
  • 主婦の友社「ゆうゆう」(2015年5月1日、2016年2月1日発売)
  • モーニングデスク「シアターガイド」6月号(2015年5月2日発売)
  • サワコの朝(TBS 2015年5月2日、2019年12月28日)
  • 都市出版「東京人」(2015年5月3日発売)
  • 写真集「海街diary」(2015年5月22日発売)
  • おはようコールABC(朝日放送 2015年6月4日)
  • 「明日へ -支えあおう-」ナレーション出演(NHK 2015年7月12日)
  • 『インサイド・ヘッド』大ヒット記念トークイベント(2015年7月28日 TOHOシネマズ 日本橋 スクリーン9)
  • 「メイキング・オブ・ギャラクシー街道」(日本映画専門チャンネル 2015年10月11日)
  • TBSもさんまも60歳伝説のドラマ&バラエティ全部見せます!夢共演も大連発(TBS 2015年10月12日)
  • NHK出版「朝ドラの55年 全93作品完全保存版」(2015年10月17日発売)
  • 「『ギャラクシー街道』公開記念!スター千一夜2015」(フジテレビ 2015年10月19日)
  • ハースト婦人画報社「ハーパーズ バザー」(2015年10月20日発売)
  • 『ギャラクシー街道』初日舞台挨拶「生中継」(2015年10月24日)
  • 今夜も生でさだまさし(NHK 2015年10月24日)
  • ネプリーグ(フジテレビ 2015年10月26日)
  • 巷の噺(テレビ東京 2015年10月27日)
  • ウワサの食卓(フジテレビ 2015年11月3日)
  • ノンストップ (フジテレビ 2015年11月5日、2016年2月9日、2016年8月2日、2018年10月16日)
  • ETV特集「それはホロコーストの‘リハーサル’だった〜障害者虐殺70年目の真実〜」シリーズ「アメリカと被爆者 第2回 「“赤い背中”が残したもの」「ナガサキの痕跡と共に生きて〜188枚の『令和原爆の絵』〜」(NHK Eテレ 2015年11月7日・NHK 2016年1月30日、NHK Eテレ 2018年8月11日、NHK Eテレ 2022年8月13日)
  • 疾走する蜷川幸雄80歳〜生きる覚悟〜 (TBS 2016年1月2日)
  • 超人気番組が一挙集結!夢の祭典!番組対抗!★ドッキリアワード2016(TBS 2016年1月3日)
  • ニュースシブ5時 エンタメコーナー「シブ5時芸能部」(NHK 2016年1月8日)
  • 昭和偉人伝(BS朝日 2016年1月13日 乙羽信子 2018年3月14日 なかにし礼)
  • ザ・プロファイラー(NHK BSプレミアム 2016年2月10日)
  • 映画『ギャラクシー街道』Blue-ray&DVD(2016年5月3日発売)
  • クローズアップ現代+ほとばしる魂の叫び〜秘録・蜷川幸雄〜 (NHK 2016年5月30日)
  • 『オーケストラ・アンサンブル金沢ファンタスティック・オーケストラコンサート第4回』(2016年6月12日 石川県立音楽堂 コンサートホール)
  • 情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ 2016年7月5日、2019年5月30日)
  • 『後妻行の女』完成披露試写会(2016年7月5日 TOHOシネマズ梅田)
  • CINEMA SQUARE (2016年7月12日発売)
  • 映画『後妻業の女』公開記念ナビ特番(WOWOW 2016年8月1日〈ストーリー編〉2016年8月2日〈メイキング編〉)
  • 『後妻行の女』東京完成披露試写会(2016年8月1日 イイノホール)
  • PHPスペシャル(2016年8月9日発売)
  • 月刊文藝春秋(2016年8月10日発売)
  • 日刊ゲンダイ インタビュー連載①〜⑤(2016年8月15日、2016年8月16日、2016年8月17日、2016年8月18日、2016年8月19日)
  • 美スト(2016年8月17日発売)
  • ピクトアップ(2016年8月18日発売)
  • ぐらんざ(2016年8月19日発売)
  • mom(2016年8月20日発売)
  • 毎日新聞「(わたしの幸せ)」(2016年8月21日)
  • 林先生が驚く 初耳学(MBS 2016年8月21日)
  • 週刊朝日(2016年8月23日発売)
  • 週刊女性(2016年8月23日発売)
  • ニッポンのぞき見太郎(関西テレビ 2016年8月23日)
  • ケアライブトゥデイ(2016年8月24日発売)
  • ザ!世界仰天ニュース(日本テレビ 2016年8月24日)
  • 女性セブン(2016年8月25日発売)
  • おはよう朝日です(朝日放送 2016年8月25日)
  • よ〜いドン!(関西テレビ 2016年8月25日)
  • ちちんぷいぷい(MBS 2016年8月25日)
  • ニュースリアル(テレビ大阪 2016年8月25日)
  • 関西情報ネットten(読売テレビ 2016年8月25日)
  • 朝日新聞 夕刊 (2016年8月26日)
  • スポーツ報知 Lady Life Love (2016年8月26日)
  • 桃色つるべ(関西テレビ 2016年8月26日)
  • 『後妻行の女』初日舞台挨拶(2016年8月27日 TOHOシネマズ日劇)
  • 女性自身(2016年8月30日発売)
  • 火曜サプライズ(日本テレビ 2016年8月30日、2018年3月27日)
  • 月刊厚生労働(2016年9月1日発売)
  • 婦人画報(2016年9月1日発売)
  • シューイチ(日本テレビ 2016年9月4日)
  • 行列のできる法律相談所(日本テレビ 2016年9月4日、2018年3月18日、2021年8月22日)
  • 希望と太陽のロックフェス2016(2016年9月11日 宮崎市青島「こどものくに」海隣特設ステージ)
  • 映画『真田十勇士』初日舞台挨拶 ①9:35回の上映後 ②13:15の上映前(2016年9月22日 丸の内ピカデリー)
  • 『埼玉いのちの電話チャリティコンサート長谷川きよし心震える時』(2016年10月8日 大宮ソニックシティ 大ホール)
  • メレンゲの気持ち(日本テレビ 2016年10月22日)
  • 中居正広のミになる図書館(テレビ朝日 2016年10月25日)
  • 羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日 2016年10月27日)
  • 『ジュスカ・グランペールコンサート』(2016年12月2日 早稲田スコットホール)
  • はくがぁる(テレビ朝日 2016年12月10日)
  • 『歌い、継ぐ』〜永六輔さん追悼コンサート〜(2017年1月22日 KAAT神奈川芸術劇場)
  • 『新日本フィルハーモニー交響楽団第568回定期演奏会』(2017年1月26日 サントリーホール)
  • ファミリーヒストリー(NHK 2017年1月26日、2017年9月27日→新シリーズ再開スペシャル)
  • 『鯨よ!私の手に乗れ』アフタートーク(2017年1月30日 シアタートラム)
  • 嵐にしやがれ(日本テレビ 2017年2月4日)
  • 第40回 日本アカデミー賞 授賞式(日本テレビ 2017年3月3日)
  • 私の職レポ(フジテレビ 2017年4月2日)
  • プレバト!!(MBS 2017年6月29日)
  • 関口宏の東京フレンドパーク2017 7月ドラマ大集合SP!!(TBS 2017年7月3日)
  • 『メアリと魔女の花』初日舞台挨拶(2017年7月8日 TOHOシネマズ日比谷 スクリーン12)
  • 人生最高レストラン(TBS 2017年7月8日)
  • ごごナマ(NHK 2017年7日11日、2018年10月10日)
  • 櫻井•有吉THE夜会(TBS 2017年7月27日、2018年3月1日)
  • 『水戸復活祭』(2017年10月1日 VOICE)
  • 父を捜して〜日系オランダ人 終わらない戦争〜(NHK BS1 2017年10月8日)
  • 中居正広の金曜日のスマイルたちへ番組放送17年目突入特別版として、大竹しのぶの還暦祝パーティーの模様をテレビで初公開!(TBS 2017年10月20日)
  • 『表に出ろいっ!』イヤホンガイド(2017年10月29日・10月31日 プレビュー公演 2017年11月1日〜11月19日 東京芸術劇場 シアターイースト 演出:野田秀樹)
  • TOKIOカケル(フジテレビ 2017年11月1日)
  • KinKi Kidsのブンブブーン(フジテレビ 2017年11月19日)
  • 座•中村屋(フジテレビ 2018年1月4日)
  • 『ブルーリボン賞授賞式』司会(2018年2月8日 イイノホール)
  • 一周回って知らない話(日本テレビ 2018年3月21日)
  • 『Tokyo2001/10/21 22:32~22:41』(2018年6月13日 13時30分〜15時20分 ラフォーレ原宿、2018年6月15日 11時20分〜13時10分 シダックスカルチャーホール)
  • SWITCHインタビュー達人達(たち)(NHK Eテレ 2018年11月3日)
  • めざましどようび(フジテレビ 2019年4月6日)
  • ミッドナイトドキュメンタリー「信じる男 信じられた男〜新宿歌舞伎町•駆け込み寺〜」(NHK 2019年5月13日)
  • おしゃべりアラモード~森山良子と清水ミチコとプラスワン~(WOWOW 2019年9月1日、2019年9月8日、2019年9月15日、2019年9月22日)
  • 目撃!にっぽん初めて語る“あの日”〜大槌町職員と遺族の震災8年半〜(NHK 2019年9月8日)
  • 『ジュスカ・グランペール20thアニバーサリーライブ『MORE』』(2019年10月3日 ヤマハ銀座スタジオ)
  • おやすみ日本 眠いいね!(NHK 2019年10月19日)
  • ミラクルトラベル 熱狂の1964東京へ(NHK 2019年11月4日)
  • 『影踏み』プレミア先行上映会(2019年10月31日 テアトル新宿)
  • 「Disney+」フレンズ•オブ•ディズニースペシャルトーク「Disney +(ディズニープラス)」サービス開始記念オンラインイベント「バースデー•ウォッチ•パーティー」特別動画:フレンズ•オブ•ディズニースペシャルトーク♯3「戸田恵子、大竹しのぶ、高橋茂雄、志尊淳」編(2020年6月14日)
  • BS1スペシャル「レバノンからのSOS〜コロナ禍追いつめられるシリア難民〜」「果てなき殲滅戦〜日本本土 上陸作戦に迫る〜」(NHK BS1 2020年7月12日、2020年8月15日)
  • 大人計画 怒涛の7カ月大特集 舞台『蛇よ!」(WOWOWライブ 2020年9月25日)
  • COCOON MOVIE!! 初日舞台挨拶 『女教師は二度抱かれた』上映(2020年10月6日 Bunkamuraシアターコクーン)
  • NHKスペシャル「世界は私たちを忘れた〜追いつめられるシリア難民〜」(NHK 2020年10月24日)
  • いまこそ、シェイクスピア(NHK 2021年3月31日)
  • 突然ですが占ってもいいですか?(フジテレビ 2021年9月1日)
  • 平野レミの早わざレシピ!(NHK 2021年9月23日)
  • グッド!モーニングショー(テレビ朝日 2021年11月9日)
  • 朝生ワイドす•またん!(読売テレビ 2021年12月2日)
  • アナザーストーリーズ 運命の分岐点(NHK BSプレミアム 2021年12月7日)
  • 家事ヤロウ!!!冬の超簡単お鍋3時間SP(テレビ朝日 2021年12月28日)
  • はじめまして!一番遠い親戚さん(日本テレビ 2022年1月2日)
  • バケット(日本テレビ 2022年2月21日)
  • 『ミセス・ハリス、パリへ行く』(2022年)予告編のナレーション

著書または連載編集

  • 『闇の光』1993年 写真集
  • 『この人に会うと元気になれる』(集英社)2003年 12人の「特別な人たち」との、涙あり、笑いありの超感激対談集!
  • 『私一人』(幻冬舎)2006年 自叙伝
  • 連載「大竹しのぶ まあいいか」(朝日新聞)2013年4月5日-
  • 『まあいいか』(朝日新聞出版)2015年 新聞連載エッセイ
  • 『40代からの「私」の生き方』(ポプラ社)2016年 輝き続ける先輩女性23人のインタビュー集
  • 『わたし、還暦?まあいいか2』(朝日新聞出版) 2017年 新聞連載エッセイ
  • 連載「朝ドラのころ」(サンケイスポーツ)2020年3月1日より、全5回
  • 『母との食卓〜まあいいか3』(幻冬舎)2021年 新聞連載エッセイ
  • 『わたしたちが27歳だったころ』(講談社)2022年 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
ビクター
1 1976年
4月5日
A面 みかん 阿久悠 大野克夫 細野晴臣
萩田光雄
SV-1288
B面 音楽
2 1976年
7月1日
A面 握手 高田弘 SV-6030
B面 瀬戸内海 井上忠夫 吉川忠夫
3 1978年
5月25日
A面 電話帳パラパラ 荒木とよひさ 馬飼野康二 SV-6420
B面 あなたは遠過ぎる 阿久悠 大野克夫 針寸ジョージ
4 1978年
12月20日
A面 石井ふく子 徳久広司 福井峻 SV-6533
B面 童話の終り 山川啓介
キャニオン・レコード
5 1987年
2月5日
A面
[48]
こころくん・こころさん つかこうへい 南こうせつ 小林信吾 6G-0088
6 1987年
8月5日
[49] かまっておんど 中村弘明 4G-0094
ビクター
7 1992年
5月21日
01 しゃかりきパラダイス 谷穂ちろる 森田公一 矢野立美 VIDL-96
02 ねえ、どうして 福田三月子 徳光英和
東芝EMI
8 1992年
7月29日
01 明日の風に吹かれよう 鮎川めぐみ くさかべまき 福田裕彦 TODT-2883
02 Water Mirror 上田真理
BMGビクター
9 1993年
10月21日
01 白いヴェール 松本隆 J.S.バッハ 長生淳 BVDF-1
02 夢のあと G.Fauré
ビクター
10 2013年
6月12日
01 しあわせ語らひ人 阿木燿子 平井夏美 山川恵津子 VICL-36805
02 (CM Ver.) 小野澤篤
11 2017年
6月21日
01 愛の讃歌 松永祐子 M.Monnot 坂本昌之 VICL-37270
02 The Rose 渡辺えり A.McBroom

デュエット・シングル編集

発売日 デュエット 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
ビクター
1977年
8月10日
中村勘九郎 A面 愛の朝 岩谷時子 山本直純 青木望 SV-6260
B面 リンデンバウムの唄 山本直純
キングレコード
2014年
10月22日
山崎まさよし 01 黄昏のビギン 永六輔 中村八大 佐藤準 WTCM-1014
日本クラウン
2020年
11月4日
海蔵亮太 01 ありがとうって気づいていてね 萩原和樹
西田恵美
萩原和樹 家原正樹 CRCP-10452

アルバム編集

  • 『白鳥を見たことがありますか』(1976年7月1日)
  • 『クマのプーさんとクリストファー・ロビンの歌』(1981年)
  • 『天国への階段』(1994年)
  • 『SEAN』(1996年)
  • 『SIOBHAN』(1997年)
  • 『Compassion』(2001年)
  • 『あいのうた-フランチェスカ!-』(2009年)
  • 『ゴールデン☆ベスト』(2013年6月26日)
  • 『昭和の歌よ、ありがとう』歌唱曲『黒の舟唄』 (2013年8月7日)
  • 『歌心 恋心』 (2014年12月24日)
  • 『なかにし礼と12人の女優たち』歌唱曲『人形の家』(2015年1月21日)
  • 『なかにし礼と13人の女優たち』歌唱曲『商売やめた』(2016年9月28日)
  • 『歌縁』 歌唱曲 『歌姫』(2016年11月16日)
  • 『ち・ち・ち』(2017年11月22日)
  • 『SHINOBU avec PIAF』(2018年10月10日)
  • 『都はるみを好きになった人〜tribute to HARUMI MIYAKO〜』歌唱曲『千年の古都』(2020年2月22日)

タイアップ曲編集

楽曲 タイアップ
1977年 愛の朝 音楽劇「若きハイデルベルク」愛のテーマ
リンデンバウムの唄 音楽劇「若きハイデルベルク」主題歌
1978年 電話帳パラパラ 電電公社・CMソング
TBS系テレビドラマ「」主題歌
1987年 こころくん・こころさん フジテレビ系「ひらけ!ポンキッキ」挿入歌
かまっておんど フジテレビ系「ひらけ!ポンキッキ」挿入歌
1992年 しゃかりきパラダイス NHK教育テレビアニメ「チロリン村物語」OPテーマ
ねえ、どうして NHK教育テレビアニメ「チロリン村物語」EDテーマ
2013年 しあわせ語らひ人 高橋酒造「しろ」CMソング

その他編集

  • 「雪のわすれもの」NHK『みんなのうた』初回放送月 1977年2月 - 1977年3月
  • アニメ『チロリン村物語』1992年4月6日 - 1993年3月19日 主題歌 OP『しゃかりきパラダイス』 ED『ねえ、どうして』。同アニメオリジナルサウンドトラックに収録
  • 「ONCE UPON A DREAM〜いつか夢で〜」2014年7月2日 映画ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ『マレフィセント』日本語吹き替え版主題歌。同映画オリジナルサウンドトラックに収録

受賞歴編集

映画編集

  • 1977年度

その他編集

演じた女優編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.93.
  2. ^ a b 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、137–138頁。
  3. ^ a b NHK「ファミリーヒストリー▽大竹しのぶ~語り継がれる大竹様伝説 1世紀経ての出会い」2017年1月26日視聴。
  4. ^ a b c d e 『週刊現代』、2010年9月11日号、84–86頁。
  5. ^ a b c 佐藤正弥編著『データ・バンク にっぽん人』、現代書林、1982年、201頁。
  6. ^ “大竹しのぶ、芝居は恋愛「さあ、どんな演技見せてくれるの―」「―きょうはこんな感じです」”. スポーツ報知. (2016年8月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160826-OHT1T50000.html 2016年8月26日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 大竹しのぶ亡き夫服部氏がさんまに書いた手紙明かす 日刊スポーツ 2018年3月21日
  8. ^ 読売新聞』1987年9月17日付夕刊、11頁。
  9. ^ 大竹しのぶ 紫綬褒章を受章「みんなに感謝したい」 スポーツニッポン 2011年11月2日閲覧
  10. ^ 勘三郎さん本葬 坂東三津五郎、大竹しのぶらが涙の弔辞 ORICON STYLE 2012年12月27日閲覧
  11. ^ “NHK紅白歌合戦 出場歌手発表 初出場は宇多田、KinKiら10組”. スポニチアネックス. (2016年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/24/kiji/K20161124013783000.html 2016年11月24日閲覧。 
  12. ^ 『朝日新聞』2021年8月6日夕刊F金曜5面4頁「(大竹しのぶ まあいいか:310)「ファイトー!ゴー!」の青春」(朝日新聞東京本社)
  13. ^ “ファンの皆様、関係者の皆様へ”. 大竹しのぶオフィシャルサイト. (2018年9月7日). http://www.otake-shinobu.com/information/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%80%81%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8/ 2018年9月9日閲覧。 
  14. ^ 大竹しのぶさんインタビュー「からだを通して伝えていく、それが私の使命」 田舎暮らしの本(2021年10月号, 宝島社)
  15. ^ IMALU、両親をバッサリ「父は基本的にウソをつく、母は盛り癖がある」整形疑惑も否定 ヤフーニュース
  16. ^ NHKオンデマンド 『ファミリーヒストリー』「大竹しのぶ~語り継がれる大竹様伝説1世紀を経ての出会い~」
  17. ^ IMALU(@imalu0919) (2011年12月13日). “いとこがJリーガーになった!町田ゼルビア大竹隆人!”. Twitter. 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  18. ^ 明石家さんまが明かした大竹しのぶが週刊誌をたたきつけた仰天理由 スタジオ「えーっ!」」”. デイリースポーツ online (2022年4月6日). 2022年4月6日閲覧。
  19. ^ 『毎日新聞』2019年1月16日大阪版20頁「表現者たち:女優・歌手 大竹しのぶさん(61) ピアフ、全身全霊かけて」(毎日新聞大阪本社)
  20. ^ 大竹しのぶ「鎌倉殿の13人」サプライズ出演、白髪の占い師「歩き巫女」役「真実を伝える役目」”. 日刊スポーツ (2022年9月11日). 2022年9月12日閲覧。
  21. ^ ドラマ 毛糸の指輪 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  22. ^ “広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶが秋の「世にも奇妙な物語」で主演務める”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年7月11日). https://natalie.mu/eiga/news/387246 2020年10月30日閲覧。 
  23. ^ 『産経新聞』2002年8月6日朝刊第4社会面「【週間視聴率トップ30】(29−4日)」(産経新聞東京本社)
  24. ^ “長瀬智也、19年ぶり恋愛ドラマ主演 韓流作品『ごめん、愛してる』をリメイク”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2088939/full/ 2020年10月30日閲覧。 
  25. ^ “大竹しのぶ、芸歴47年で“月9”初出演 『監察医朝顔』で新キャラクター「頑張ります」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2175600/full/ 2020年10月30日閲覧。 
  26. ^ “大竹しのぶ、吉沢亮と相思相愛の親子役「とにかく息子を愛しいと思うこと」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年9月30日). https://news.mynavi.jp/article/20220930-2466546/ 2022年9月30日閲覧。 
  27. ^ 松岡茉優、挑発的なグリーンヘアでいままでにない艶っぽさ 映画『ヘルドッグス』北村一輝、大竹しのぶも出演”. ORICON NEWS. 2022年4月4日閲覧。
  28. ^ 世界名作童話 森は生きている”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  29. ^ 明石家さんまプロデュース「漁港の肉子ちゃん」、肉子ちゃん役で大竹しのぶが出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  30. ^ 「岬のマヨイガ」に大竹しのぶと粟野咲莉、羊文学の主題歌入り本予告公開”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。
  31. ^ 映画「キャッツ」吹替版に葵わかな、山崎育三郎、森崎ウィン、大竹しのぶら出演”. 映画ナタリー. 2019年11月18日閲覧。
  32. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00500
  33. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R20889
  34. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「四季を知る」(2014年7月12日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  35. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / NHKマイあさラジオ▽私のお気に入り「篠井英介のシアターへの招待」(2015年5月10日・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  36. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / NHKジャーナル ▽ピアフを歌う・大竹しのぶ (201年1月5日 放送・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  37. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 真夏の夜の偉人たち「しのぶとピアフ」(2018年8月22日・NHK-FM)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  38. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 大竹しのぶの音楽夜話 (2018年9月24日・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  39. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 今日は一日“RADWIMPS”三昧 ▽三昧フェス2日目 繊細な歌詞と圧倒的な演奏の8時間半 (2019年8月13日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  40. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / ラジオ深夜便 ママ☆深夜便「ことばの贈りもの」(2019年11月29日・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  41. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / ラジオ深夜便 ▽深夜便アーカイブス 「ママ☆深夜便 ことばの贈りものセレクション ~ “今”だからこそ話せる子育てエピソード」女優…大竹しのぶ (2021年2月23日・NHK-FM)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  42. ^ 大竹しのぶの“スピーカーズコーナー” (NHKラジオ第1放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  43. ^ 坂本美雨のディアフレンズ 2020-10-20 大竹しのぶさん”. TOKYO FM. 2022年11月12日閲覧。
  44. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 佐渡裕の音楽酒場マエストロ  お客様:大竹しのぶ(俳優)&反田恭平(ピアニスト) (2021年2月11日・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  45. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 佐渡裕の音楽酒場マエストロ  お客様:大竹しのぶ(俳優)&反田恭平(ピアニスト) (2021年2月12日・NHK-FM)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  46. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / ラジオ深夜便 深夜便ぶんか部「縄文夜話」・舞台にかける (2022年9月27日・ラジオ第1)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月12日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h i j 大竹しのぶのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月16日閲覧。
  48. ^ B面は「ぼくは電車」(歌唱:子門真人ぶんけかな)。
  49. ^ 本楽曲のシングルは2種類のバージョンがあり、1つは「かまっておんど」のみ収録した片面レコード。もう1つは、のこいのこが歌唱した「のりたいでんしゃ はしるきかんしゃ」のB面に収録されたバージョン(1987年8月21日発売/規格品番:6G-0092)。
  50. ^ 【ブルーリボン賞】主演女優賞・大竹しのぶ、女性初3冠!”. スポーツ報知. 2017年1月31日閲覧。
  51. ^ 第40回日本アカデミー賞優秀主演女優賞”. 2017年1月31日閲覧。
  52. ^ “再撮影のドラマ「Jimmy」玉山鉄二が新たな明石家さんま役に”. お笑いナタリー. (2017年11月24日). https://natalie.mu/owarai/news/258067 2020年12月17日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集