メインメニューを開く

森喜作

森 喜作(もり きさく、1908年(明治41年)10月4日 - 1977年(昭和52年)10月23日)は、群馬県桐生市出身の農学者である。群馬県立桐生高等学校京都大学農学部卒業。森産業株式会社社長。歴史学者の羽仁五郎は叔父。

森 喜作
(もり きさく)
生誕 (1908-10-04) 1908年10月4日
群馬県桐生市
死没 (1977-10-23) 1977年10月23日(69歳没)
香港
研究分野 農学
出身校 京都帝国大学農学部卒
主な業績 シイタケの人工培養法の発明
主な受賞歴 有栖川宮賞(1948年)
発明賞(1951年)
藍綬褒章(1953年)
紫綬褒章(1960年)
紺綬褒章(1962年)
従四位勲二等瑞宝章(1977年)
プロジェクト:人物伝

目次

略歴編集

  • 1932年、京都帝国大学農学部在学中、大分県の山村でシイタケ栽培に失敗して悲嘆に暮れる老人の姿を見て、シイタケの人工栽培を志す。
  • 1935年、森食用菌箪研究所設立。
  • 1942年、純粋培養菌種駒法(たねごまほう)を発明。特許取得。
  • 1943年、森産業株式会社を設立。
  • 1953年、藍綬褒章受章。
  • 1960年、紫綬褒章受章。
  • 1962年、紺綬褒章受章。
  • 1962年、論文「シイタケ生産の基礎的研究」で京都大学から農学博士の学位を授与[1]
  • 1973年、日本きのこ研究所初代理事長に就任。学生時代に人工栽培を志した大分県日田郡大山町(現・日田市)に銅像が建てられる。
  • 1977年10月23日、香港で客死。69歳。桐生市名誉市民に推挙(初の公選市長・前原一治に次ぐ2人目)[2]。従四位勲二等瑞宝章を追贈。

トピックス編集

森は新たな人工栽培法を発明すると、真っ先に大分の老人に種駒をプレゼントした。この話は美談として1961年に小学6年生の国語教科書に取り上げられた[3]

主な著作・論文編集

著作編集

  • 森喜作、森登喜子 『家庭きのこ 作り方・食べ方』 家の光協会、1974年ISBN 978-4-259-53352-6
  • 『シイタケのつくり方』 農山漁村文化協会、1982年ISBN 978-4-540-74015-2

論文編集

  • 「礫耕キュウリにおける疫病の発生」日植病報(1963)
  • 「礫耕キュウリ疫病に関する研究 第1報 病原菌の培養液中における遊走子のうの形成」日植病報(1965)
  • 「れき耕栽培のウリ類疫病の生育中薬剤防除」日植病報(1967)
  • 「れき耕キュウリの疫病防除に関する研究」静岡農試研報(1968)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 森喜作 (1962年3月27日). “シイタケ生産の基礎的研究”. 京都大学. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ 桐生市名誉市民
  3. ^ 「しいたけのさいばい」『国語教科書』(PDF) 大日本図書株式会社、1961年2月、101-107頁。

関連項目編集

外部リンク編集