メインメニューを開く

森戸 英幸(もりと ひでゆき、1965年[1] - )は、日本の法学者慶應義塾大学法務研究科(法科大学院)教授。専門は労働法千葉県出身[1]

経歴編集

経歴は以下の通り[2]

著書編集

  • 『プレップ労働法 第5版』(弘文堂、2016年)
  • 『ケースブック労働法 第4版』(共著、有斐閣、2015年)
  • 『労働法 第2版』(共著、有斐閣、2013年)
  • 『いつでもクビ切り社会―「エイジフリー」の罠』(文藝春秋、2009年)
  • 『企業年金の法と政策』(有斐閣、2003年)

脚注編集