森村献

日本ののピアニスト、プロデューサー、作曲家、編曲家 (1954-)

森村 献(もりむら けん、1954年5月22日-)は東京都出身のピアニストプロデューサー、作編曲家。

来歴編集

5歳の頃からクラシック・ピアノを学び、学習院高等科在学中にロックバンドを結成する。 卒業後、1974年からかまやつひろしのバンド・メンバーとしてプロデビュー。彼のアルバムで編曲家デビューも果たす。1979年、日本初のサルサ・グループ「オルケスタ・デル・ソル」にピアニスト兼編曲家として参加し、これまでにアルバム8枚を発表。また高中正義のアルバム4枚に参加。鳥山雄司のアルバム3枚に参加。カシオペアを脱退した神保彰、櫻井哲夫によって結成されたユニットJIMSAKUのアルバム6枚に参加し、ほぼ全曲を編曲した。

また、高橋真梨子SMAPMISIA中森明菜小柳ゆきチカブーンオルケスタ・デ・ラ・ルス中山美穂マリーンアルベルト城間、河合奈保子、酒井法子、グレース・マーヤ、S.O.R、渡辺真知子、菊池康正等にアレンジや楽曲を提供する。2009年にはNHKみんなのうた「サルサ いいな いいね」の作編曲を手がけた。


海外での活動履歴:

1995年 「オルケスタ・デルソル」にてニューヨーク・トライベッカ・パフォーミング・アート・センターの公演(東京ニューヨーク姉妹都市35周年イベント)

1999年 日本人によるサルサ・オールスターズ「Estrellas Del Japon」を結成し、キューバ、メキシコ、ベネズエラ、エルサルバドル、エクアドル、ホンジュラスにて文化交流公演(国際交流基金主催)。「熱帯ジャズ楽団」にてニューヨーク・カーネギーホールでの公演

2001年 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のピアニストRubén González と、キューバ(ハバナ)にてデュオレコーディングを行う。この録音は2003年にリリースされたソロアルバム「MILAGRO」に収録された

2004年 「Estrellas Del Japon」によるキューバ、メキシコ公演

2009年 キューバにおいて自作曲”Caprichoso”の録音と動画撮影(雑誌ステレオサウンド企画)

2017年 「Baila Con Clave」にて韓国済州島サルサ・フェスティバル公演

2018年 「オルケスタ・デルソル」にてメキシコ、キューバ、ドミニカ共和国にて文化交流公演。

2019年 自己のユニットによる「ジブリ・デ・ラテン」コンサートを韓国ソウル市、ソンナム市で現地のオーケストラと共演(全曲編曲)


国内での活動履歴:

上記の活動に加えて、

1997年 山田洋次監督「虹をつかむ男 南国奮斗篇」挿入歌作編曲

2005年 お台場ビーナスポートにて「Tokyo Salsa Festival」音楽監督。翌年も行った

2007年 天王洲銀河劇場にて「GINGA SALSA」コンサートの音楽監督

2008年 新宿厚生年金会館にて、キューバ人女性歌手オマーラ・ポルトゥオンドの来日公演でゲスト出演。六本木スイートベイジルにてアルバム「MANTECA」発売記念コンサート「MANTECA SPICIAL」公演

2009年 山田洋次脚本「釣りバカ日誌20 ファイナル」挿入歌編曲

2011年 天王洲銀河劇場にて「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のJuan de Marcos González 率いる「Afro-Cuban All stars」の来日公演にゲスト出演

2012年 六本木スイートベイジルと金沢の北國新聞会館ホールにて、自身のユニットに今陽子、Shiho(Fried Pride)をゲストに迎え「青春のラテン・コンサート」公演の音楽監督

2014年 天王洲銀河劇場にて「デルソル/デラルス合同公演」の音楽監督

2016年 大田区アプリコホールにて「CUBAN FANTASY」公演の音楽監督。これは翌年にもVol.IIとして行われた。「オルケスタ・デルソル」藤沢市民会館コンサート(ゲスト南佳孝、麻倉未稀)、名古屋ブルーノート、大阪ビルボード(ゲスト織田哲郎)、お台場ZEPP(サルサ・コングレス)の音楽監督

2017年 大田区アプリコホール、福井、沼津にて「デルソル/デラルス合同公演」音楽監督

2018年 名古屋ブルーノートにて「オルケスタ・デルソル」公演(ゲスト浜崎貴司)音楽監督


現在の主な活動:

「森村献スペシャル」

2012年結成。六本木キーストン・クラブを拠点に、大田区市民プラザでの「下丸子ジャズ倶楽部」、「HAPPY BIRTHDAY CONCERT」、川崎市民プラザでの「BIG BAND FESTIVAL」などに出演。また2013年より毎年2回震災後の気仙沼に赴いて復興支援ライブを行っている。

「熱帯ジャズ楽団」

1998年よりピアニストとして参加するのみならず、作/編曲を数多く提供している。アルバムは20枚にも及ぶ。

「JAZZ CON CLAVE」

2014年ベースの山口卓也氏と結成。このユニットは全国各地の有能なミュージシャンとセッションするために結成され、現在北海道から沖縄まで活動範囲は全国に及び、年間40本以上のライブを行っている。

ディスコグラフィー編集

オリジナルアルバム編集

  1. FOOTBALL SQUEEZE Vol.1 ESPERANZA (1994年3月)廃盤
  2. HEART OF CUBA (2001年4月)
  3. SONADOR (2002年4月)
  4. MILAGRO (2003年11月)
  5. SILVER STAR (2004年2月)DVD Audio
  6. MANTECA (2007年11月)
  7. RESPIRO (2011年9月)

外部リンク編集