織田哲郎

日本の作曲家、音楽プロデューサー、シンガーソングライター (1958-)

織田 哲郎(おだ てつろう、1958年昭和33年〉3月11日[1] - )は、日本の歌手、作曲家、音楽プロデューサーシンガーソングライターである。本名は濱田 哲郎である。血液型はA型。

織田 哲郎
出生名 濱田 哲郎
別名 TETSU
生誕 (1958-03-11) 1958年3月11日(62歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京都立大学附属高等学校
ジャンル ロック
J-POP
アニメソング
職業 歌手
シンガーソングライター
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
ドラム
ピアノ
キーボード
パーカッション
活動期間 1978年 -
レーベル キングレコード
事務所 ティーズコーポレーション
共同作業者 長戸大幸
長田直也
池田大介

人物編集

東京都出身[1]高知学芸高等学校を経て、東京都立大学附属高等学校卒業、明治学院大学社会学部除籍。ティーズ・コーポレーション所属。

1990年代のヒット曲の仕掛け人であり、長戸大幸とともにビーイングの創立に関与する。1990年代に同じくヒット曲を量産した小室哲哉と並ぶ作曲家として知られる。作詞も行う。

経歴編集

13歳の時に父親(東京大学卒業[2]国鉄職員[3])の仕事の都合で渡英、中学時代をイギリスロンドンで過ごし15歳で帰国[1]。帰国後は両親の出身地である高知県高知市で過ごし、この頃にギターと出会う[1]。幼少時はブリティッシュ・ロックやアメリカンフォークを好んで聴いていた。

高知学芸高等学校在学時には学校内でバンド「ポテトーズ」を結成し音楽活動を行う。後に東京への引越しにともないポテトーズを脱退するが、その際に補充メンバーとして加入したのがファイナルファンタジーシリーズで知られる植松伸夫であった。 東京都立大学附属高校に転校後は、うじきつよし[注 1]北島健二[注 2] らと共にバンド活動。

1978年 - 「スピニッヂ・パワー」の1stシングル「POPEYE THE SAILORMAN」にコーラスとして参加。

1979年 - 「スピニッヂ・パワー」の2代目ボーカリストに就任し、楽曲のほとんどの作曲をてがける。また、ディスコミュージック路線のバンド「MSマシーン」を結成し、シングルを3枚リリースした。このバンドだけ自作曲はない。長戸秀介(長戸大幸の弟)と、ギタリスト北島健二と共に、プロデュースユニット「WHY」結成[1]。6月にアルバム『WHY』をリリースしデビューした。

1980年 - バンド「織田哲郎 & 9th IMAGE」結成[1]。アルバム『DAY and NIGHT』をリリースしたが、1981年にバンドは解散[1]。その後ソロ活動、事務所設立を行う。

1983年 - アルバム『VOICES』でソロ・デビュー[1]

1985年 - 新宿ルイードで行われたエフエム東京主催の彩恵津子公開ライブでは提供した楽曲「リーチ・アウト」にコーラスとして参加した。

1986年 - TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」を楽曲提供したことで作曲家として注目される。

1987年 - TUBEのメンバーや親交のあるミュージシャンからなるスペシャルユニット「渚のオールスターズ」を結成。

1989年 - バンド「TOUGH BANANA」を結成[1]。アルバム『TOUGH BANANA』をリリース。

1990年 - 楽曲提供したB.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」がミリオンセラーを記録[1]。これを皮切りにBeing系の数々のヒット曲・ミリオンセラーを量産する。

1991年 - 西城秀樹の22枚目のアルバム「MAD DOG」は織田が「走れ正直者」を除く全曲のプロデュースを担当、唯一のビーイング絡みで行ったオリジナルアルバムである。

1992年 - 「いつまでも変わらぬ愛を」(大塚製薬ポカリスエットCMソング)が大ヒットする。オリコン1位を記録した。

1993年 - ZARDの「負けないで」「揺れる想い」、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」などミリオンセラーを連発し、オリコン年間チャート作曲家部門にて史上初の年間売上1000万枚超えの新記録を達成してランキング1位を獲得した[4]

1995年 - ロカビリーバンドMAGICのプロデュースを行う。その後も相川七瀬を筆頭に幅広いアーティストのプロデュースを行っている。

1998年 - ZARDの「息もできない」の作曲制作を最後にビーイングを脱退。古村敏比古(Sax)、小田原豊(Dr)、美久月千晴(B)と「DON'T LOOK BACK」を結成[1]。シングル5枚、ミニアルバム1枚をリリースした。

2000年 - パリ・コレクションのモデルとして、MASATOMOの春夏ファッションショーに出演[5]。観光旅行で訪れたスペインマドリッドで強盗に背後からいきなり首を絞められ、現金やカード、パスポートなど全部盗まれてしまった。声帯を潰された上、声帯まわりの軟骨も変形し、元の声が出なくなってしまった。帰国後、フジテレビの『笑っていいとも!』の2度目のテレフォンショッキングにて公にするとニュースとなって世間を心配させた[6]

2003年 - 作曲家としての活動を縮小し、ライブツアー、アルバム制作に集中をする。

2004年 - 相川七瀬の「バイバイ。」がイギリスのポップシンガー・ジェニファー・エリソンに「バイ・バイ・ボーイ」という題でカバーされ、イギリス国内だけで約17万枚のヒットとなった。1996年に作詞、作曲、編曲を手掛けた曲であり、イギリスで中学時代にディスコに熱中していた織田は、自身のブログで素直に喜びの意を表明した。

2015年 - ダイアモンド☆ユカイをボーカルに迎え、バンド「ROLL-B DINOSAUR」(ロール・ビー・ダイナソー)を結成[1][7]

TETSUとしての活動編集

1983年、テレビアニメ『装甲騎兵ボトムズ』のオープニングテーマ「炎のさだめ」とエンディングテーマ「いつもあなたが」をTETSU名義で歌った[1]。この曲は以前から付き合いのあったレコーディングスタッフからの依頼で歌っているのだが、発売元がキングレコードだったため契約の関係で別名でのリリースとなった[8]。その際、「(織田哲郎の名前は出せないため)『外国人名など、アルファベットのネーミングで出してくれ』と依頼したはずだが、実際リリースされると(誰が歌ったか簡単に類推できてしまう)TETSUという名前になっていて驚いた」と語っている[9]。なお、『ボトムズ』本編は2000年代にたまたま付けたCS放送で流れているのを見たのが初見である。それ以前は、中島正雄の作曲を受け取って歌ったことがある。

2009年公開の映画「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ劇場版」の主題歌「炎のさだめ2009」(TETSU名義)[10]2011年公開の映画「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」の主題歌「いつもあなたが2011」を新たにTETSU名義で再録音して歌っている。2曲とも編曲は織田自ら手がけ(乾裕樹と連名)、2010年12月22日にマキシシングルとしてランティスから発売された。なお『孤影再び』では劇伴曲も提供している。

2011年3月発売のパチスロ機『パチスロ 装甲騎兵ボトムズ』(サミー)に楽曲提供。アニメ主題歌である「炎のさだめ」とその新録音版に加え、パチスロ版オリジナルの新規楽曲として「BORN TO FIGHT」(TETSU)、「60億年目のアダムとイブ」(生沢佑一)、「あなたと眠りたい」(Cinnamon)の計5曲が遊技中のBGMとして使用された。新規楽曲は作詞がNON(全曲)とO.K.O(「あなたと眠りたい」以外)、作曲が織田(全曲)となっている。新規楽曲に関してはCDでの発売はされていないが、music.jpなど一部音楽配信サイトで購入可能。

メディア露出編集

エピソード編集

  • 2000年、スペイン滞在中に強盗に襲われて、首を絞められ声帯の骨が歪んでしまう。声帯の専門医に、「もう声は元には戻りません」とか「治るということはないので、この声に慣れてください」と宣告された。懸命にリハビリを続けても、シンガーとして人前で歌うレベルには回復しなかったが、歌い方を変えて翌年のファンクラブのイベントで披露した際には感無量で涙が出たという。普段は作曲家としての活動が多い織田であったが、この事件以後、改めて歌うことへの情熱を思い出したという[16]
  • CM等ノークレジットや別名の曲も多数ある。主なものに前出の「TETSU」名義の活動、「Eddy Blues」という名での活動歴では、1997年4月に発売されたV6の「本気がいっぱい」、浅岡雄也のソロデビューシングル「Life goes on」の作曲も手がけている。
  1. 番組放送時点で筒美京平小室哲哉に次ぎ日本の作曲家別シングル売上第3位である。
  2. 多くのミュージシャンに楽曲を提供しているものの、提供したミュージシャンに会うことは殆ど無く[注 3]、曲を渡した後はおまかせだった。それゆえ、完成した曲も一般人と同じタイミングで聞く。
  3. ヒットした曲はあまり苦労して作ったものではない。かつてのインタビューで、「楽曲提供は楽しい。ゲーム感覚でやれる」と発言したことがあった。また楽曲を提供する時は特に何も思わないが、ヒットした曲を聞いた後に「もったいなかった」と感じることはあると正直に告白した。
  4. 中学3年でイギリスから帰国後、帰国子女という事で、孤立し自殺まで考えたが、エルトン・ジョンの『僕の歌は君の歌 (曲)』を聞いて救われた。
  5. 長戸大幸には「たいへん世話になった」と袂を分った今も感謝の気持ちを持っている。デビュー当時全く売れずに悩んでいた織田に「好きにやっていいから」と励ましてくれたことで挫けずに頑張れた、と語った。
  6. 4歳年上の兄がいたが、心臓発作により29歳で亡くなっている。中学時代の兄は通信簿がオール5の優等生で、織田にとっては身近にいる憧れの存在だったという。ところが受験戦争の精神的重圧から引きこもりになってしまい病院に通院していた。織田のヒット曲である「いつまでも変わらぬ愛を」は、一般的にラブソングとして有名だが、実は亡くなった兄に向けて作られたものだった。しかし近年は「聴いた人の捉え方次第。ラブソングとして捉えた人はそれでいいし、メッセージソングとして捉えた人はそれでいい」と織田自身がインタビューで答えている。
  7. 司会のみのもんたが番組内で「番組のために1曲作って欲しい」と発言。織田は「難しい事に立ち向かうのは嫌いじゃない」と快諾した。レギュラー出演者のピーター、研ナオコ、高畑淳子がユニットを組んで歌うことで進行していたが、番組は9月に打ち切りとなり未発表となった。
  8. 「♪it's so nice… 桃川〜♪」と流れる桃川(青森県の酒造会社)のCMソングは、無名時代に作詞・作曲・歌を手掛けた。曲のタイトルは「It's so nice Momokawa」である。1981年から使われているが、以前は織田が歌うバージョンのCMに加え、歌手と曲調が異なる別バージョンのCMも流れていたという。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

# 発売日 タイトル B面 規格 規格品番
キャニオン・レコード / SEE-SAW
1st 1981年3月5日 色あせた街 Sandy EP 7A-0055
キングレコード / スターチャイルド
TETSU 名義
2nd 1983年4月21日 炎のさだめ いつもあなたが EP K06S-3048
CBS・ソニー
3rd 1983年5月21日 2001年 NIGHT EP 07SH-1313
4th 1983年10月21日 時を超えて Last Lullaby For You EP 07SH-1393
5th 1984年5月21日 Lucie My Love THE DAYS EP 07SH-1506
6th 1985年7月21日 STAY -置き去りにされた愛の中で- Goodnight Memories EP 07SH-1669
プロモ 1986年 LIFE Dance Dance EP XDSH-93121
7th 1987年8月26日 愛を探して Hot Love EP 07SH-1972
8th 1988年5月21日 SEASON FOOL EP 07SH-3055
8cmCD 10EH-3055
9th 1989年3月21日 IN THE DREAM TWO HEARTS 8cmCD 10EH-3264
PLATZ
10th 1990年4月21日 光と影の中で 陽射しにつつまれて 8cmCD PLDP-1015
11th 1990年11月21日 SMILE for ME Workin' for Money 8cmCD PLDP-1024
BMGビクター
12th 1992年3月25日 いつまでも変わらぬ愛を Why Did You Go Away 8cmCD BVDR-90
13th 1992年11月26日 君の瞳にRainbow DON'T YOU WANNA TOUCH ME? (studio live ver.) 8cmCD BMDR-147
BMGビクター / Rhizome
14th 1993年5月12日 朝がくるまで Lonely boys, Lonely girls 8cmCD BMDR-1003
15th 1994年4月23日 君の笑顔を守りたい 遠い夏 8cmCD BMDR-1014
avex / ZOOTREC
16th 1998年4月1日 青空 Last lullaby for you (Re Release 1983) 8cmCD ZODD-68000
17th 2000年5月10日 キズナ WILD HORSE Maxi ZOCD-67006
ZOOTREC
18th 2003年5月21日 真夜中の虹 晩夏
真夜中の虹 (lonely drunkard ver.)
晩夏 (tipsy mix)
Maxi ZOOT-1
19th 2003年10月15日 祈り sunrise sunset
そろそろいこか
Without You (Live)
Maxi ZOOT-2
ユニバーサルJ
20th 2007年11月14日 月ノ涙 End Of Innocence
月ノ涙 (Crescente Version)
Maxi UPCH-5498
Lantis
TETSU 名義
21st 2010年12月22日 いつもあなたが 2011 炎のさだめ 2009 Maxi K06S-3048
キングレコード
22nd 2017年7月5日 CAFE BROKEN HEART 八月の蒼い影 2017 Maxi KICM-1768

配信限定シングル編集

発売日 タイトル 規格品番
ZOOTREC
1st 2011年7月6日 いつまでも変わらぬ愛を (2011バージョン) ANTCD-1626
2nd あなたのうた ANTCD-1576

コラボレートシングル編集

発売日 タイトル B面 規格 規格品番 発売元
近藤房之助 & 織田哲郎
1992年1月21日 BOMBER GIRL the dark side of the city 8cmCD BVDR-78 BMGビクター
織田哲郎 & 大黒摩季
1993年11月26日 憂鬱は眠らない とりあえずDrive My Car 8cmCD BMDR-1010 BMGビクター / Rhizome
織田哲郎 & ANRI
2002年12月4日 CANDLE LIGHT CANDLE LIGHT (without ANRI)
CANDLE LIGHT (without Tetsuro Oda)
CCCD CTCR-40153 cutting edge
Skoop On Somebody+織田哲郎
2008年8月27日 ETERNAL LANDSCAPE Stay Tuned
ONE NITE DRIVIN' ['08 new mix]
Maxi SECL-682 SME Records
FENCE OF DEFENSE・F.O.D.A.
2012年6月20日 ROCK'N'ROLL IS MY FRIEND 音楽配信 ZOOTREC

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
CBS・ソニー
1st 1983年6月22日 VOICES LP 28AH-1530
2nd 1984年5月21日 New Morning LP 28AH-1723
3rd 1985年8月25日 NIGHT WAVES LP 28AH-1879
4th 1986年4月21日 LIFE LP 28AH-2024
CD 32DH-399
5th 1987年8月26日 Ships LP 28AH-2219
CD 32DH-761
6th 1988年5月21日 SEASON LP 28AH-5058
CD 32DH-5058
7th 1989年3月21日 Candle In The Rain CD 32DH-5216
PLATZ
8th 1990年4月21日 いつかすべての閉ざされた扉が開かれる日まで CD PLCP-15
BMGビクター
9th 1992年6月24日 ENDLESS DREAM CD BVCR-86
BMGビクター / Rhizome
10th 1993年12月23日 T CD BMCR-6008
ユニバーサルJ
11th 2007年5月23日 One Night CD UPCH-1541
キングレコード
12th 2013年10月30日 W FACE CD KICS-1977/8

ミニアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
CBS・ソニー
1st 1987年2月26日 WILDLIFE LP 18AH-2149
CD 28DH-631

セルフカバーアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
BMGビクター / Rhizome
1st 1993年12月23日 Songs CD BMCR-6007
ユニバーサルJ
2nd 2006年9月20日 MELODIES CD UPCH-1517

ベストアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
B-Gram RECORDS
1st 2002年9月25日 complete of 織田哲郎 at the BEING studio CD JBCJ-5003
2nd 2007年12月12日 BEST OF BEST 1000 織田哲郎 CD JBCS-1010
Sony Music Direct / GT music
3rd 2008年9月10日 GROWING UP 1983-1989 CD MHCL-1428/30

参加楽曲編集

発売日 商品名 楽曲 備考
1997年9月13日 Guitar Monster Vol.1 織田哲郎 「G-10」 BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)プロデュース
2007年11月14日 Pop meets Jazz 織田哲郎 「いつまでも変わらぬ愛を」 西村麻聡プロデュース JAZZバージョン
2011年4月22日 パチスロ 装甲騎兵ボトムズ オリジナルソング TETSU 「BORN TO FIGHT」 パチスロ『装甲騎兵ボトムズ』イメージソング

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
炎のさだめ テレビ東京系アニメ『装甲騎兵ボトムズ』オープニングテーマ シングル「炎のさだめ」
いつもあなたが テレビ東京系アニメ『装甲騎兵ボトムズ』エンディングテーマ
STAY -置き去りにされた愛の中で- 京セラ『ヤシカT』CFイメージ・ソング シングル「STAY -置き去りにされた愛の中で-」
SEASON TBS系『世界・ふしぎ発見!』テーマ曲 シングル「SEASON
SMILE for ME テレビ朝日系『どーする!? TVタックル』テーマ曲 シングル「SMILE for ME
BOMBER GIRL カルビーポテトチップス』CFイメージソング シングル「BOMBER GIRL
いつまでも変わらぬ愛を 大塚製薬ポカリスエット』CMソング シングル「いつまでも変わらぬ愛を
君の瞳にRainbow 日本テレビ系『刑事貴族3』エンディングテーマ シングル「君の瞳にRainbow
朝がくるまで テレビ朝日系木曜ドラマセールスレディは何を見た』エンディングテーマ シングル「朝がくるまで
憂鬱は眠らない 読売テレビ・日本テレビ系朝の連続ドラマのんの結婚』主題歌 シングル「憂鬱は眠らない
君の笑顔を守りたい 日産 サニー CMソング シングル「君の笑顔を守りたい
遠い夏 オンワード樫山『五大陸』CMソング
青空 テレビ東京系『NUMBER12 熱血サッカー宣言』エンディングテーマ シングル「青空
キズナ TBS東芝日曜劇場サラリーマン金太郎2』主題歌 シングル「キズナ
CANDLE LIGHT 麒麟麦酒キリンチューハイ 氷結』CMソング シングル「CANDLE LIGHT
月ノ涙 東海テレビフジテレビ系ドラマ『愛の迷宮』主題歌 シングル「月ノ涙
ETERNAL LANDSCAPE 三菱デリカD:5』CMソング シングル「ETERNAL LANDSCAPE
いつもあなたが 2011 映画『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』主題歌 シングル「いつもあなたが 2011」
OVA装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』エンディングテーマ
炎のさだめ 2009 OVA『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』オープニングテーマ
あなたのうた 武田薬品アリナミン』CMソング 配信限定シングル「あなたのうた」
CAFE BROKEN HEART NHKラジオ第1ラジオ深夜便』「深夜便のうた」2017年7月〜9月のテーマ曲 シングル「CAFE BROKEN HEART

主な提供曲編集

あ行

さ行

た行

な行

は行

や行

ら行

わ行


プロデュースしたミュージシャン編集

劇伴担当作品編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同学年であるが1年先輩。
  2. ^ 生まれは1年後であるが同級生。
  3. ^ ただし、サウンドプロデュース、レコーディング参加を除く。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m ガモウユウイチ「織田哲郎」『昭和歌謡 職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(監修/編集)・真鍋新一(編集)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年4月15日、初版、266-267頁。ISBN 978-4-401-64371-4
  2. ^ 【織田哲郎 あれからこれから Vol.37】若くして逝った秀才の兄…岩崎宏美さんの曲に心開き 音楽だけが唯一、社会との接点だった (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト
  3. ^ 高知新聞 2013年8月2日
  4. ^ 『オリコン年鑑 1994年版』オリコン、1994年、13頁。
  5. ^ Masatomo - Runway Collection - Men Spring / Summer 2001
  6. ^ 織田哲郎ロングインタビュー 第20回 2007年
  7. ^ 織田哲郎×ダイアモンド☆ユカイ、新バンド結成 8・6初ライブ”. ORICON (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  8. ^ オフィシャルサイト2001年6月7日付の日記参照
  9. ^ NHK-FM アニソン・アカデミー 2019年4月6日放送 織田哲郎ゲスト回
  10. ^ 劇場版『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』公開記念! 高橋良輔監督×TETSU 鉄と炎のスペシャル対談 ZAKZAK 2009年1月16日
  11. ^ 「この子、俺のいとこなんだけど」ちびまる子ちゃん「ゆめいっぱい」関ゆみ子 | 織田哲郎オフィシャルブログ「T's BLOG」Powered by Ameba
  12. ^ ゆめいっぱい/ 関ゆみ子 ちびまる子ちゃん【オダテツ3分トーキング】#織田哲郎Youtube - YouTube
  13. ^ 【織田哲郎 あれからこれから Vol.67】若い頃は似ていないと思っていたけど… 母の音楽好きと父の“カタブツ具合”、両方とも自分の遺伝子にある (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト
  14. ^ 「この子、俺のいとこなんだけど」ちびまる子ちゃん「ゆめいっぱい」関ゆみ子 | 織田哲郎オフィシャルブログ「T's BLOG」Powered by Ameba
  15. ^ 老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog 「口は幸せのもと!」:織田哲郎さん高知県観光特使就任ぜよ!
  16. ^ 織田哲郎ロングインタビュー 第21回 2007年

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ 【織田哲郎 あれからこれから Vol.64】相川七瀬を見て思う、美容の一番の秘訣は「衰えない好奇心」 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト