メインメニューを開く

森槐南

森 槐南(もり かいなん、文久3年11月16日1863年12月26日) - 明治44年(1911年3月7日)は、明治期日本の漢詩人、官僚。

略歴編集

名古屋生まれ。父森春濤も漢詩人で、母の森清子(春濤の後妻)は女流歌人。名は公泰、字は大来(たいらい)。別号を秋波禅侶、菊如澹人。通称は泰二郎(泰次郎/泰治郎)で、詩壇以外では森泰二郎の名で呼ばれた。

鷲津毅堂三島中洲に師事。枢密院属、図書寮編集官、式部官などを歴任。帝国大学では文科大学講師として中国文学を教えた。随鴎詩社を主宰。明治漢文学の中心的存在であった。

三条実美伊藤博文など明治政府の要人とも親しくして、1909年10月、ハルビンでの安重根による暗殺事件の際に秘書官として同行し被弾したが、軽傷だった。約1年半後に49歳で死去。

著書編集

  • 古詩平仄論 宝書閣 1883.3
  • 唐詩選評釋 新進堂(6冊組) 1892-97、郁文舎 1910
     文会堂書店(上下) 1918/ 冨山房百科文庫(上下) 1940
  • 浩蕩詩程 鴎夢吟社 1899.3
  • 作詩法講話 文会堂書店 1911/ 京文社 1926
  • 槐南集(8冊組) 森健郎編、文会堂書店 1912
  • 杜詩講義 文会堂書店(上中下) 1912/ 平凡社東洋文庫(全4巻 松岡秀明校訂) 1993
  • 李詩講義 文会堂書店 1913
  • 韓詩講義 文会堂書店(上下) 1915-16
  • 李義山詩講義 文会堂書店(上中下) 1914-17
  • 中国詩学概説 槐南遺稿、神田喜一郎編、臨川書店 1982

関連項目編集