メインメニューを開く

森 真沙子(もり まさこ、1944年1月4日 - )は、日本小説家推理作家ホラー作家時代小説作家。

森 真沙子
(もり まさこ)
誕生 (1944-01-04) 1944年1月4日(75歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
職業 小説家
推理作家
ホラー作家
時代小説作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 奈良女子大学文学部卒業
活動期間 1979年 -
ジャンル ミステリー
サスペンス
ホラー小説
時代小説
主な受賞歴 小説現代新人賞(1979年)
デビュー作 「バラード・イン・ブルー」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

神奈川県横浜市生まれ[1]。本名は深江雅子[2]北海道函館西高等学校を経て奈良女子大学文学部を卒業する[3]雑誌週刊誌記者を経る[4]1979年、「バラード・イン・ブルー」で第33回小説現代新人賞を受賞し、小説家デビュー[5]。初期には、ミステリーサスペンスを発表し、後にホラー、時代小説と執筆ジャンルの幅を広げている。

作品リスト編集

単著編集

  • ザ・ショック 廣済堂出版 1982(豆たぬきの本)
  • 総統の招待者 祥伝社 1984(ノン・ノベル
  • カチューシャは歌わない 祥伝社 1984(ノン・ノベル)
  • 闇のなかの巡礼 講談社ノベルス 1984
  • 悪魔を憐れむ歌 広済堂 1985 のち文庫
  • 白い街の復讐者 有楽出版社 1985
  • 雪女の棲む館 講談社ノベルス 1986 のち日文文庫
  • 水晶の夜 ボヘミアングラス殺人事件 角川ノベルス 1986 のち文庫
  • 札幌雪祭り殺人事件 光文社 1987(カッパ・ノベルス
  • 青い灯の館 ザ・ハウス・オブ・ブルーライト 角川文庫 1989
  • 眼のない人形たち 祥伝社 1989 のち日文文庫
  • 人生のもう一つの扉 天山出版 1989 「見知らぬ扉」日文文庫
  • 夜の扉へ 現代霊異記 天山出版 1990 「喪の宴」角川ホラー文庫
  • 家康暗殺 謎の織部茶碗 祥伝社 1991
  • 聖女のふりをして ベストセラーズ 1992
  • 転校生 角川ホラー文庫 1993
  • 猫祭りの夜 実業之日本社 1993 (Joy novels) のち日文文庫
  • 放課後の記憶 立風書房 1994
  • 邪視 東京ゴーストストーリー 学習研究社 1994 のち文庫
  • 妖恋花 幻想押花帖 実業之日本社 1994
  • 真夜中の時間割 転校生2 角川ホラー文庫 1995
  • 東京怪奇地図 角川書店 1997 のち文庫
  • アフロディテの首 実業之日本社 1997
  • 水域 転校生 3 角川ホラー文庫 1999
  • 宗湛修羅記 秀吉と利休を見た男 祥伝社 1999
  • 角川春樹事務所 2000(ハルキ・ホラー文庫
  • 青衣童子 角川春樹事務所 2001(ハルキ・ホラー文庫)
  • 化粧坂 角川書店 2001
  • 快楽殿 トクマ・ノベルズ 2001
  • 廃帝 角川春樹事務所 2004(角川時代小説倶楽部)
  • 熱域 小学館文庫 2005
  • 川明かり 木阿弥探偵帖 学研M文庫 2006
  • 妖花一夜契 徳間書店 2007.7
  • 日本橋物語 蜻蛉屋お瑛 二見書房 2007(二見時代小説文庫)
  • 迷い蛍 日本橋物語 2 二見書房 2007(二見時代小説文庫)
  • まどい花 日本橋物語 3 二見書房 2008(二見時代小説文庫)
  • 秘め事 日本橋物語 4 二見書房 2008(二見時代小説文庫)

アンソロジー編集

  • 見知らぬ私 角川ホラー文庫 1994年7月 「水の中の放課後」
  • 万華鏡 ホラー・アンソロジー 祥伝社文庫 1996年9月  「麦の記憶」
  • 異形コレクション ラヴ・フリーク 廣済堂文庫 1998年1月 「ニューヨークの休日」
  • ドッペルゲンガー奇譚集―死を招く影 角川ホラー文庫 1998年12月  「エイプリル・シャワー」
  • ゆきどまり―ホラー・アンソロジー 祥伝社文庫 2000年7月 「Uターン」
  • 緋迷宮 祥伝社文庫 2001年12月  「かもめ」
  • 十の恐怖 角川ホラー文庫 2002年1月 「あと十分」
  • 紅迷宮 祥伝社文庫 2002年6月  「笑うウサギ」
  • 鬼瑠璃草―恋愛ホラー・アンソロジー  祥伝社文庫 2003年2月  「夜の鳩」
  • 翠迷宮 祥伝社文庫 2003年6月  「黄昏のオー・ソレ・ミオ」
  • 凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ 河出書房新社 2004年9月  「墓地見晴亭」

脚注編集

外部リンク編集