森 納(もり おさむ、昭和3年(1928年9月1日 - 平成24年(2012年[1])は、日本医師郷土史研究家。森医院理事長[2]医学博士[3]

経歴編集

鳥取県西伯郡夜見村(現米子市夜見町)の生まれ[4]。昭和26年(1951年米子医学専門学校[3]。昭和27年(1952年鳥取大学医学部第二内科研究生、西伯病院勤務[3]

昭和36年(1961年島根県大田市祖式診療所長[3]。昭和41年(1966年)鳥取県岩美郡国府町糸谷で開業[3]。岩美郡医師会理事、東部医師会理事、鳥取県医師会理事を歴任した[3]

人物像編集

学生時代編集

森が20歳になる前、米子医専3年の時父が亡くなった[4]。残されたものは先祖伝来の土地の一部、五ばかりの借金だけであった[4]。五反ばかりの畑では食べることに精いっぱいで学費は出るはずはなかった[4]農作業やいろいろなアルバイトで生活する日が続いた[4]

郷土史、医史学、民俗学研究編集

趣味は陶芸、医史学研究、民俗学研究[3]。森の話によれば、「私が郷土史関係に興味をもったのは私の郷里の夜見村に、その歴史を書いたものがないためで、医学史も同じく鳥取県の医学史が全くなされていないので、自分が少しでも資料のある間に書き残そうとしたからである」という[5]

編集

著書編集

  • 『弓浜半島と夜見村』(森納編1977.3)[7]
  • 『弓浜における夜見村の歴史とその周辺』(森納編1975.5夜見村誌 その1)[7]
  • 『弓浜における夜見村の風俗』(森納、森敏秋共編1975.5夜見村誌 その2)[7]
  • 『因伯の医師たち』(森納著1979.8)[8]
  • 『続 因伯の医師たち』(森納著1985.9)[8]
  • 『国府町の医業史覚書』(森納著1982.4国府町文化財シリーズ 3)[8]
  • 『因伯杏林碑誌集釈』(森納、安藤文雄著1983.2)[8]
  • 『因伯の民間薬考』(森納著1984)[8]
  • 『因伯くすり雑考』(森納著1984)[8]
  • 『因伯医史雑話』(森納著1985.8)[8]
  • 『砂との闘いの記録:旧会見郡夜見村下札他』(森納著1986.5)[8]
  • 『因伯厠考:トイレとその今昔』(森納著1987.2)[8]
  • 『塞神考:因伯のサイノカミと各地の道祖神』(森納著1990.8、1991.6補訂)[8]
  • 『医人奇人:因伯の医師たち・夜話』(森納著1991.6)[8]
  • 『日本盲人史考:視力障害者の歴史と伝承:金属と片眼神』(森納著米子今井書店1993.12)[8]
  • 『因伯洋学史話』(森納著富士書店1993.12)[8]
  • 『歯の民俗:民間信仰・俗信・くすり:歯の神様・仏様:あごなし地蔵』(森納著1998.5)[8]
  • 下田光造先生を偲んで:下田光造先生生誕地碑序幕式記念』(森納編著下田光造先生顕彰会1998.4)[8]
  • 『鳥取県の疾病史覚書:明治・大正時代』(森納著2000.10)[8]
  • 『ある田舎医者の足跡:回顧録』(森納著2008.3再版)[8]
  • 稲村三伯と娘さだ(海上随鷗と中定)』(森納著2008.5)[8]

参考文献編集

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 602頁)
  • 『私の交遊抄(下)』(編集 - 朝日新聞鳥取支局 1989年 201-207頁)

脚注編集

  1. ^ 鳥取市公式ウェブサイト:市長交際費執行状況(平成24年度)
  2. ^ 『因伯洋学史話』著者略歴
  3. ^ a b c d e f g h i j 『鳥取県人名録』 602頁
  4. ^ a b c d e 『私の交遊抄(下)』 201頁
  5. ^ 『私の交遊抄(下)』206-207頁
  6. ^ 平成14年春の叙勲・褒章受章者
  7. ^ a b c 森納著書
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 森納著書

関連項目編集

外部リンク編集