メインメニューを開く

楠山 春樹(くすやま はるき、1922年1月7日[1]- 2011年10月30日[2])は、中国古典研究者。主に道教老子の研究で知られ、一般向けの紹介書なども数多く手掛けた。主な教え子に儒教研究者の土田健次郎がいる。

略歴編集

東京生まれ。1943年早稲田大学文学部東洋哲学科卒業。大学院では福井康順に師事する。1977年「老子伝説の研究」で早大文学博士。早大文学部助教授、1962年教授。92年定年、名誉教授。1989-91年日本中国学会理事長。

  • 2011年、老衰のため東京都文京区の自宅で死去。89歳没[2]

著作編集

  • 『老子伝説の研究』(創文社〈東洋学叢書〉、1979年)
  • 『老子 柔よく剛を制す』(集英社〈中国の人と思想4〉、1984年)  
  • 『淮南子』(中国古典新書、明徳出版社、1984年)
  • 『道家思想と道教』(平河出版社、1992年)
  • 『老子の人と思想』(汲古書院〈汲古選書〉、2002年)
  • 『「老子」を読む 現代に活かす「無為自然」の哲学』(PHP文庫、2002年)
  • 『老子のことば』(斯文会、2003年)

訳注編集

論文編集

脚注編集