楠山 春樹(くすやま はるき、1922年1月7日[1]- 2011年10月30日[2][3])は、中国古典研究者、専門は老荘思想などの中国哲学[3]。早稲田大学名誉教授。

楠山 春樹
人物情報
生誕 (1922-01-07) 1922年1月7日
日本の旗 日本東京都
死没 2011年10月30日(2011-10-30)(89歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 中国哲学漢文学
研究機関 早稲田大学
学位 文学博士
テンプレートを表示

経歴 編集

1922年、東京で生まれた。父・楠山正雄は、大正昭和前期に活躍した演劇評論、児童文学者。1943年早稲田大学文学部東洋哲学科を卒業。同大学大学院に進み、福井康順に師事した。1977年、学位論文「老子伝説の研究」を早稲田大学に提出して文学博士号を取得[4]

早稲田大学文学部助教授に就任。1962年、教授に昇格。1992年に早稲田大学を定年退職し、名誉教授となった。学界では、1989年から1991年まで日本中国学会理事長をつとめた。2011年、老衰のため東京都文京区の自宅で死去。89歳没[2]。墓所は多磨霊園

受賞・栄典 編集

1996年:勲三等瑞宝章受章[5]

研究内容・業績 編集

  • 主に道教老子の研究で知られ、一般向けの紹介書なども数多く手掛けた。

主な教え子には、儒学研究者の土田健次郎がいる。

家族・親族 編集

著作 編集

著書 編集

訳注 編集

  • 淮南子 上中下』(新釈漢文大系54・55・62), 明治書院, 1979-1988年
    • 『淮南子』(新書漢文大系34), 明治書院, 2007年。本田千恵子編(抜粋新書版)
  • 呂氏春秋 上中下』(新編漢文選:思想・歴史シリーズ), 明治書院, 1996-1998年
    • 『呂氏春秋 上下』(新釈漢文大系:補遺編1・2)明治書院, 2023-2024年(全5巻)

論文 編集

脚注 編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ a b 時事ドットコム:楠山春樹氏死去(早大名誉教授・中国思想)[リンク切れ]
  3. ^ a b 楠山春樹氏が死去 早稲田大名誉教授”. 日本経済新聞 (2011年10月31日). 2023年9月15日閲覧。
  4. ^ 博士論文 CiNii
  5. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳三等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊