この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 政房(さかきばら まさふさ)は、江戸時代前期の大名播磨国姫路藩2代藩主。官位従四位下式部大輔。榊原家4代当主。

 
榊原政房
時代 江戸時代前期
生誕 寛永18年8月3日1641年9月7日
死没 寛文7年5月24日1667年7月15日
改名 熊之助(幼名)、政房
墓所 兵庫県姫路市書写山圓教寺
官位 従五位下刑部大輔従四位下式部大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
播磨姫路藩
氏族 榊原氏
父母 榊原忠次寺沢広高娘久昌院
兄弟 小平太、万、政房
池田光政娘富幾池尻共孝
政倫嶺松院
テンプレートを表示

生涯編集

榊原忠次の子として誕生。寛文5年(1665年5月11日に父の死により家督を相続する。父・忠次は叔父の榊原康勝の死によって榊原家を相続したが、実は康勝には庶子・勝政があった。勝政から榊原家当主の座を失わせた形になった政房は、義父・池田光政らと奔走し、勝政の子である勝直政喬の兄弟を旗本に取り立てることに成功した。この分家成立は後に藩主の血筋を保つことになった。

寛文7年(1667年)死去、享年27。家督は嫡男・熊之助(政倫)が継いだ。

官歴編集

  • 1653年承応2年) :従五位下刑部大輔
  • 1665年(寛文5年) :従四位下式部大輔

系譜編集

 
榊原政房の墓
 
姫路書写山圓教寺にある榊原家廟所