メインメニューを開く

榊原政永

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 政永(さかきばら まさなが)は、江戸時代中期の大名越後高田藩初代藩主、榊原家9代当主。ただし、本来の初代藩主・9代当主であった異母兄の榊原政純の身代わりとして擁立され、公式には同一人物とされた。

 
榊原政永
時代 江戸時代中期
生誕 元文元年6月1日1736年7月9日
死没 文化4年12月29日1807年1月26日
改名 政従、政純、忠宝、政次、政一、政永
別名 富次郎(幼名)
官位 従四位下右京大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治家斉
越後高田藩
氏族 榊原氏
父母 父:榊原政岑
兄弟 政純政永
正室:堀田正亮の娘
長男、政敦政晨(三男)、政億(四男)、
政成(五男)、職序(八男)、稲垣長続
京極高貞(十二男)、大久保政敏(十三男)
娘・亀姫のち幸姫 (黒田治之正室)、
娘(喜連川彭氏正室)、娘(内藤正弘正室)
特記
事項
政純の身代わりで家督相続し、公式には同一人物とされた。

目次

生涯編集

 
越後高田藩主・榊原家を祀る榊神社(新潟県上越市

元文元年(1736年)6月1日、姫路藩榊原政岑の次男として生まれる。生母は坂田氏。幼名は富次郎。初名は政従。その後、政純(兄の名)、忠宝、政次、政一、政永(隠居後)と改名する。

寛保元年(1741年)、政岑は将軍徳川吉宗から強制隠居蟄居を命じられ、家督は嫡男の小平太政純が継いだが、さらに姫路から高田転封となった。政岑は寛保3年(1743年)に没した。

延享元年(1744年)12月11日、小平太政純が病死した。小平太は兄とはいえ富次郎とは1歳しか違わず、当時数え10歳であった。幼少のため将軍御目見も果たしておらず、世継も定めていなかった。末期養子が認められる年齢でもなかったため、榊原家は幕閣から内密の了承を得て、弟の富次郎政従を小平太政純とすり替えることにした。

寛延3年(1750年)10月1日、富次郎は小平太政純として将軍徳川家重に御目見した。同年12月18日、従五位下式部大輔に叙任する。以降、宝暦4年(1754年)従四位下、天明4年(1784年)侍従、寛政元年(1789年)右京大夫と官位を重ねた。

寛政元年(1789年)5月10日に隠居し、跡を次男の政敦に譲る。隠居後、右京大夫を称する。文化4年(1807年)死去。

経歴編集

官位位階編集

家臣編集

関連項目編集