メインメニューを開く

榎本城(えのもとじょう)は、下野国都賀郡榎本(現在の栃木市大平町榎本)にあった日本の城

logo
榎本城
栃木県
榎本城跡
榎本城跡
城郭構造 平城
築城主 小山宗長[1]
築城年 文治元年(1185年[1]
主な城主 榎本氏北条氏照結城氏本多忠純
廃城年 寛永17年(1640年
遺構 土塁、空堀、櫓跡[2]
位置
地図
榎本城の位置(栃木県内)
榎本城
榎本城

現況編集

榎本城のあった場所には石碑が建っている。また土塁のあとが周辺に残っている。

歴史編集

文治元年(1185年)に小山宗長築城したといわれ[3]永禄元年に榎本高綱が築城との説もある[2])、小山城の支城として成立したと思われる。

戦国時代には、皆川氏佐野氏北条氏結城氏らの接点として、いくたびか戦乱に巻き込まれた[2]

1590年天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の折、榎本城主の近藤実方北条氏照の命で八王子城を守っていたが討死した。榎本城は、城主が留守の間に結城晴朝に攻められ落城し、以降結城氏の管理下に入った。

江戸幕府成立後の1605年慶長10年)、本多忠純が1万で榎本城に入り榎本藩が成立する。その後大坂夏の陣での活躍などにより加増され2万8000石となった。本多忠純の死去後、藩主は本多政遂本多犬千代と継いだが、犬千代は寛永17年(1640年5月13日に5歳で死去し、榎本藩は無嗣断絶により改易となり、榎本城も廃城となった。

脚注編集

  1. ^ a b 1558年(永禄元年)に榎本高綱が築城との説あり
  2. ^ a b c 児玉幸多 監修坪井清足 監修平井聖 編修村井益男 編修『日本城郭大系 第四巻 茨城 栃木 群馬』新人物往来社、1979年、271頁。ISBN 4404010117
  3. ^ 「栃木の城」下野新聞社、1975年4月20日、266ページ

関連項目編集