メインメニューを開く

槌田 満文(つちだ みつふみ、1926年12月3日 - 2011年5月31日)は、ジャーナリスト、日本近代文学の研究者、武蔵野大学名誉教授

目次

人物編集

東京・浅草鳥越生まれ。父は和服紋章上絵師の名人として知られ、安藤鶴夫の小説で直木賞受賞作「巷談本牧亭」(1962年)に職人気質の「紋啓」老人(土田啓吉)として登場する槌田啓一郎(明治19年生まれ)。1944年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。附属中学の同期には、星新一小説家)、今村昌平映画監督)、大野公男(元北海道情報大学学長)、児玉進(映画監督)、黒澤洋(元日本興業銀行会長)、星野英一東京大学名誉教授)などがいた。

1952年慶應義塾大学国文科を卒業。創元社編集部に所属[1]、のち東京新聞社に入社して文芸記者となる。1954年、木村荘八らと書籍「銀座界隈」を編集[2]

東京新聞文化部次長であった1963年に、星新一に『気まぐれ指数』を連載させた。退社後は、文教大学女子短期大学部教授、武蔵野女子大学教授を務めた。

1990年、日本近代文学館評議員、1998年理事を経て、2001年~2008年、常務理事を務めた[3]。東京都江戸東京博物館運営委員[4]

著書編集

  • 『名作365日』河出書房新社 1964、講談社学術文庫 1982 
  • 『いい手紙うまい手紙』文藝春秋 1967 (文春実用百科)
  • 『東京文学地図』都市出版社 1970 (都市選書)
  • 『実例いい手紙生きた手紙』池田書店 1977
  • 『文学にみる広告風物誌』プレジデント社 1978
  • 『明治大正風俗語典』角川選書 1979
  • 『本の十二カ月』日本古書通信社 1980 (古通豆本)
  • 『入門文章の書き方』日本実業出版社 1981
  • 『明治大正の新語・流行語』角川選書 1983
  • 『ことばの風物誌』角川文庫 1985
  • 『読書名言集』日本古書通信社 1985 (こつう豆本)
  • 『著者と装幀者』日本古書通信社 1991 (こつう豆本)
  • 『四季ことわざ辞典』東京堂出版 2001

共編著編集

  • 『文学東京案内』(編著)緑地社 1956
  • 『明治東京歳時記』青蛙房 1968 (青蛙選書)
  • 『明治時代東京区分図』東京堂出版 1976 
  • 『東京文学地名辞典』東京堂出版 1978
  • 『世相語・風俗語』(南博共編)三一書房 1985 (近代庶民生活誌)
  • 『明治東京名所図会』(朝倉治彦共編)東京堂出版 1992
  • 『東京記録文学事典 明治元年〜昭和二〇年』柏書房 1994
  • 『故事ことわざ辞典』(監修)成美堂出版 1994、のち新版
  • 『ポケット版ことわざ辞典』(監修)成美堂出版 1995、のち新版
  • 『幸田家の人々』(青木玉,金井景子共編)東京都近代文学博物館 2001
  • 『江戸東京職業図典』東京堂出版 2003

参考編集

  • 文藝年鑑2007
  • 文藝家協会ニュース2011年7月

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 朝日新聞人物データベース