樋脇駅(ひわきえき)は、かつて鹿児島県薩摩郡樋脇町大字塔之原(現・薩摩川内市樋脇町塔之原)に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)宮之城線廃駅)である。

樋脇駅
Hiwaki Station ruin 2012.JPG
鉄道記念館として廃止当時の駅舎が現存している
(2012年12月31日)
ひわき
Hiwaki
吉野山 (3.1km)
(2.2km) 上樋脇
所在地 鹿児島県薩摩郡樋脇町大字塔之原
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 宮之城線
キロ程 13.4km(川内起点)
電報略号 ヒワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
386人/日
-1969年-
開業年月日 1924年(大正13年)10月20日
廃止年月日 1987年(昭和62年)1月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示
プラットホームと動輪及び踏切が保存されている
駅舎内の待合所から改札口を望む

1987年(昭和62年)1月10日、宮之城線の廃止に伴い、廃駅となった。

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有していたが、廃止当時は駅舎側のホームだけが使用されていた。また、1971年(昭和46年)までは駅員が常駐していたが、廃止当時は無人駅となっていた。

のりば編集

1 宮之城線 川内薩摩大口方面
2 宮之城線 使用休止中

利用状況編集

以下に1日平均の乗車・降車人員を示す[2]

年度 乗車人員(人) 降車人員(人)
1924年(大正13年) 368 338
1926年(昭和元年) 241 224
1930年(昭和5年) 152 138
1935年(昭和10年) 125 120
1940年(昭和15年) 229 228
1945年(昭和20年) 349 322
1950年(昭和25年) 538 539
1955年(昭和30年) 280 279
1965年(昭和40年) 608 608
1969年(昭和44年) 386 386

周辺編集

 
樋脇駅前の風景(旧県道343号樋脇停車場線)

2019年(令和元年)現在、近くには「樋脇駅」バス停がある。

現状編集

現在は旧樋脇駅跡鉄道記念公園として駅舎およびホーム、線路の一部が廃止当時の状態で保存されている。

かつては駅前から鹿児島県道333号川内祁答院線までを結ぶ「鹿児島県道343号樋脇停車場線」があったが、2005年3月29日に県道の路線としては廃止された[3]

隣の駅編集

日本国有鉄道
宮之城線
吉野山駅 - 樋脇駅 - 上樋脇駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『樋脇町史』p.612 樋脇町
  2. ^ 『樋脇町史』p.613 樋脇町
  3. ^ 平成17年鹿児島県告示第488号(県道の路線の廃止)

関連項目編集