横山 琉人(よこやま りゅうと、2003年1月8日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンターに所属する騎手相沢郁厩舎所属。父は元騎手の横山義行

横山琉人
福島競馬場(2024年4月14日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (2003-01-08) 2003年1月8日(21歳)
身長 160.0cm
体重 44.9kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・相沢郁(2021 - )
初免許年 2021年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

来歴

編集

障害競走で数々の記録を打ち立てた騎手、横山義行の次男として生まれる。2007年中山大障害で、父が手綱を取ったメルシーエイタイムが勝利とともに横山義行のJRA通算200勝を達成するシーンを現地で観戦し、目に焼き付けたという[1]。「小さい頃から父のレースを見て、障害って格好いいと思ってきた。いつか自分も」と心を躍らせて、騎手を目指す。小3時に乗馬を始め、小5からは美浦トレセンの乗馬苑に入る[1][2]。ケガの影響で引退した父の引き留めもあったものの情熱が冷めることはなく、そのまま競馬の世界へ飛び込んだ[1]

2018年、JRA競馬学校に第37期生として入学。2021年に卒業し相沢郁厩舎所属で騎手としてデビュー。「いつか中山大障害を勝ちたい」と話し、同期とは異なる夢を抱く。大好きな馬も父が主戦を務め、中山グランドジャンプを連覇するなど障害界で一時代を築いたゴーカイで、現役時代にはまだ生まれてはいなかったにもかかわらず、残された動画などを何度も見て好きになったと話す[1]。相沢からは「減量があるうちは平地で技術を磨きなさい」と言われているが「平地、障害の両方でG1を取れたら最高」と語る[1]

2021年、3月6日中山1Rにオリエンタルメラクに騎乗しての初出走は14着。同年4月10日、中山1Rでノアファンタジーに騎乗し1着となり初勝利。デビューから25戦目、新人8人の中で7番目の初勝利だった[1]

2023年、ヤングジョッキーズシリーズに出場し計69ポイントで総合優勝を果たした[3][4]

騎乗成績

編集

概要

編集
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2021年3月6日 2回中山3日1R 3歳未勝利 オリエンタルメラク 16頭 8 14着
初勝利 2021年4月10日 3回中山5日1R 3歳未勝利 ノアファンタジー 16頭 1 1着
重賞初騎乗 2022年1月30日 1回東京2日11R 根岸S トップウイナー 16頭 16 15着
GI初騎乗 2024年5月12日 2回東京8日11R ヴィクトリアマイル フィールシンパシー 15頭 10 12着

脚注

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集