メインメニューを開く

横浜市教育文化センター

横浜市教育文化センター(よこはましきょういくぶんかセンター)は、横浜市中区万代町1-1にある地上11階・地下2階建ての複合施設である。JR根岸線関内駅前の大通り公園に面した一角に、1974年昭和49年)に完成した。前川國男の設計により、打放しコンクリートとレンガタイルで仕上げられた、4つの建物が合わさったような外観を持つ。建設当時は大通り公園直下で市営地下鉄の建設工事が行われており、3工区に分けて作業が行われた[2]。 2階には収容人員524人[1]の横浜市教育文化ホール、地下1階から地上3階にかけては横浜市民ギャラリーが入り、横浜市教育委員会も事務所を置いていた。特に横浜市民ギャラリーは2010年の実績で利用率99%、年間46万人の来場者があったが、1996年耐震診断で倒壊の危険性を指摘され、東日本大震災により建物の存続断念が決定された[3]。横浜市民ギャラリーは2012年度末で一旦閉館し、2014年10月10日に、横浜市西区宮崎町の市職員会館「いせやま会館」を改修して再オープンした。その他の部分についても2013年3月末をもって完全閉館し[4]今後解体される予定である[3]。跡地は関東学院大学により、2022年4月完成を目標にキャンパスや、市民も利用可能なホールやギャラリーからなる建物が建設される[5]

横浜市教育文化センター
Yokohama Education and Culture Center.JPG
情報
用途 ホール、ギャラリー
設計者 前川國男建築事務所
施工 フジタ
事業主体 横浜市教育委員会
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
延床面積 21,025 m² [1]
状態 解体待ち
階数 地上11階・地下2階
竣工 1974年
解体 (解体予定)
所在地 231-0031
神奈川県横浜市中区万代町1-1
座標 北緯35度26分34.1秒 東経139度38分11.4秒 / 北緯35.442806度 東経139.636500度 / 35.442806; 139.636500座標: 北緯35度26分34.1秒 東経139度38分11.4秒 / 北緯35.442806度 東経139.636500度 / 35.442806; 139.636500
テンプレートを表示

脚注編集