メインメニューを開く

橋本 博(はしもと ひろし、1972年1月 - )は、日本生物学者構造生物学タンパク質結晶学)。学位博士(工学)大阪大学2000年)。静岡県立大学薬学部教授大学院薬学研究院教授、大阪大学蛋白質研究所客員教授

橋本 博
(はしもと ひろし)
生誕 1972年1月
居住 日本の旗 日本
研究分野 生物学
研究機関 横浜市立大学
静岡県立大学
出身校 大阪大学工学部卒業
大阪大学大学院工学研究科
博士前期課程修了
大阪大学大学院工学研究科
博士後期課程修了
主な業績 DNA損傷トレランスに関わる
タンパク質構造生物学研究
疾患関連タンパク質の
構造生物学的研究と創薬基盤研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科准教授などを歴任した。

目次

来歴編集

生い立ち編集

1972年1月に生まれた[1]大阪大学に進学し、工学部の応用精密化学科にて学んだ[2]1995年3月、大阪大学を卒業した[2][3][4]。大学卒業後は同大学の大学院に進学し、工学研究科にて学んだ[2][3][4]1997年3月、大阪大学の大学院における博士前期課程を修了した[2][3][4]2000年3月には、同大学の大学院における博士後期課程を修了した[2][3][4]。それに伴い、博士(工学)学位を取得した[3][4][5]

研究者として編集

大学院修了後は、2000年4月より日本学術振興会特別研究員となった[3][4][6]。翌年4月横浜市立大学に採用され、大学院の総合理学研究科にて助手となった[3][4][6]2005年4月には、横浜市立大学の大学院にて国際総合科学研究科に異動し、引き続き助手として勤務した[3][4][6]学校教育法の改正に伴い、2007年4月より横浜市立大学の大学院にて国際総合科学研究科の助教となった[3][4][6]2009年4月、横浜市立大学の大学院にて生命ナノシステム科学研究科に移動し、引き続き助教として勤務した[3][4][6]2012年4月、横浜市立大学の大学院にて、生命ナノシステム科学研究科の准教授に昇任した[3][4][6]。生命ナノシステム科学研究科においては、主として生体超分子科学専攻の講義を担当し、佐藤衛らと構造科学研究室を受け持った[7]2013年4月静岡県立大学に転じ、薬学部教授に就任した[4][6]。薬学部においては、主として薬科学科の講義を担当し、生命物理化学分野を受け持った[1]。また、静岡県立大学の大学院では、薬学研究院の教授も兼務することとなった[1]。なお、静岡県立大学の大学院では研究院・学府制が採用されているため、大学院の教授としては研究組織である薬学研究院に在籍しているが[1]、講義については教育組織である薬食生命科学総合学府を主として担当し、石川吉伸らと生命物理化学教室を受け持った[8]

なお、静岡県立大学での勤務と並行して、2013年4月より横浜市立大学の客員教授を務めた[9]、また、同年4月より、母校である大阪大学においても、蛋白質研究所の客員教授を務めた[9][10]

研究編集

専門は生物学であり、構造生物学タンパク質結晶学といった分野の研究に従事した[11]。具体的には、デオキシリボ核酸の損傷を修復する機構においての蛋白質のはたらきについて、構造生物学の見地から研究に取り組んだ[12]。また、疾患に関連する蛋白質について構造生物学の見地から分析することで、創薬基盤となる研究に繋げようと試みていた[12]。たとえば、田丸浩との研究においては、さまざまな生物生殖について共通点を調べることで、生殖細胞の形成に不可欠となる蛋白質の立体構造を明らかにした[13]。なお、橋本は自身の研究について、蛋白質の「『かたち』と『働く仕組み』を世界の誰よりも先に解き明かすのが構造生物学の醍醐味[14]と述べるとともに「病気原因となる『かたち』を知ることで、くすりをデザインする手がかりを得たい」[14]としている。

学術団体としては、日本結晶学会、日本分子生物学会、日本蛋白質科学会、日本薬学会日本生化学会日本生物物理学会などに所属している[15]

略歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b c d e 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「略歴」『Hiroshi HASHIMOTO Ph.D.横浜市立大学構造科学研究室2012年7月7日
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 「略歴」『橋本 博 (Hiroshi Hashimoto)静岡県立大学生命物理化学教室
  5. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  6. ^ a b c d e f g 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  7. ^ 「スタッフ」『_______ Members _______横浜市立大学構造科学研究室2012年9月18日
  8. ^ 「Staffs」『Members静岡県立大学生命物理化学教室
  9. ^ a b 「その他」『橋本 博 (Hiroshi Hashimoto)静岡県立大学生命物理化学教室
  10. ^ 「客員教授・招へい教授」『教員一覧と教育活動 : 大阪大学 蛋白質研究所大阪大学蛋白質研究所
  11. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  12. ^ a b 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  13. ^ 「生殖形成たんぱく質――立体構造を解明――横浜市大・三重大――結晶にする手法実現」『日経産業新聞2010年10月8日
  14. ^ a b 橋本博「たんぱく質の美しい『かたち』に魅せられて」『橋本 博 「たんぱく質の美しい「かたち」に魅せられて」 (生命物理化学分野教授、専門:構造生物学、生物物理学)静岡県立大学薬学部・薬学研究院
  15. ^ 「所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集