メインメニューを開く

橋本 増治郎(はしもと ますじろう、1875年(明治8年)4月28日 - 1944年(昭和19年)1月18日)は、愛知県岡崎市出身の技術者実業家

はしもと ますじろう
橋本 増治郎
Masujiro-Hashimoto-1.jpg
生誕 1875年4月28日
愛知県額田郡柱村(現・岡崎市
死没 (1944-01-18) 1944年1月18日(68歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京工業学校(現・東京工業大学機械科
職業 実業家、技術者
肩書き 快進社 社長
家族 兄・橋本松次郎(岡崎村長)
受賞 日本自動車殿堂(2002年)

日産自動車の前身である快進社の創立者。

来歴編集

年譜編集

  • 1875年(明治8年)4月28日 - 愛知県額田郡柱村19番(現・岡崎市6丁目)[1]に橋本斧吉と、くらの次男として生まれる。兄は岡崎村長の橋本松次郎。
  • 1895年(明治28年) - 東京工業学校工芸部機械科卒業。
  • 1896年(明治29年) - 名古屋第三師団工兵第三大隊へ入隊(1899年(明治32年)満期除隊)。
  • 1900年(明治33年) - 住友工業へ入社、新居浜住友工業所機械課勤務。
  • 1902年(明治35年)2月17日 - 農商務省より海外実業練習生発令、4月に渡米、ニューヨーク州オーボン市マッキントッシュ社に入社。
  • 1905年(明治38年)6月 - 日露戦争応召帰国、留守第三師団附任官(9月召集解除)。
  • 1905年(明治38年)11月 - 合資会社越中島鉄工場技師長。
  • 1907年(明治40年)12月 - 九州炭礦汽船株式会社技師、崎戸炭鉱所長。
  • 1908年(明治41年)10月 - 森本とゑと結婚。
  • 1911年(明治44年)7月1日 - 快進社自働車工場を創設する。
  • 1913年(大正2年)10月 - ダット号製造に成功。
  • 1916年(大正5年)4月 - 工業視察のため再度渡米。
  • 1917年(大正6年)1月 - 小松鉄工所(現コマツ)の初代所長を兼務。
  • 1918年(大正7年) - 株式会社快進社取締役社長。
  • 1923年(大正12年) - 豊島園―目白間の乗合自動車営業を始める(大正15年に都営に吸収)。
  • 1925年(大正14年) - 合資会社ダット自動車商会に変更し、代表社員となる。
  • 1926年(大正15年) - 実用自動車製造株式会社と合併、ダット自動車製造株式会社と改称、専務取締役となる。
  • 1930年(昭和5年)3月 - 東京小石川区白山下に営業所を設け団体タクシーを開始する。
  • 1931年(昭和6年)6月 - ダット自動車製造株式会社閉鎖。
  • 1933年(昭和8年)5月 - 東京目白に武蔵野モーター研究所を開設。
  • 1944年(昭和19年)1月18日 - 死去。68歳没。墓所は多磨霊園(20区1種36側)。及び勝鬘寺(岡崎市針崎町)。

顕彰編集

脚注編集

  1. ^ 岡崎学区 | 岡崎まちものがたり学区ページ | 岡崎市 市制100周年記念サイト
  2. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、615頁。

関連項目編集

外部リンク編集