橋本 康成(はしもと やすなり、1959年8月11日 - )は、青森放送(RAB)取締役コンテンツ開発局長。元アナウンサー、元パーソナリティー、元プロデューサー、元ディレクター

はしもと やすなり
橋本 康成
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 青森県三沢市[1]
生年月日 (1959-08-11) 1959年8月11日(61歳)
最終学歴 名城大学法学部法律学科
勤務局 青森放送
職歴 放送部アナウンサー(1983年4月[2]- 1989年3月)
報道制作局特別番組制作部長(2000年4月-?)
→ラジオ局ラジオ編成制作部長(?-2009年3月)
→報道制作局次長(2009年4月-2011年6月27日)
→制作局長・制作部長[3](2011年6月28日-2013年3月)
→制作局長(2013年4月-2014年5月)
→役員待遇テレビ編成制作局長(2014年6月-2016年3月)
→役員待遇テレビ編成制作局長・番組審議部長(2016年4月-2017年6月26日)
→取締役テレビ編成制作局長・番組審議部長(2017年6月27日-2018年3月)
→取締役コンテンツ開発室長(2018年4月1日-2020年3月)
→取締役コンテンツ開発局長[4](2020年4月-)
活動期間 1983年 -
出演番組・活動
出演経歴 土曜ワラッター!金曜ワラッター!出会いふれあい生テレビ!など

青森県三沢市出身[1]

略歴・人物編集

担当番組編集

過去編集

テレビ

アナウンサー時代

異動後

  • 出会いふれあい生テレビ!(1995年4月 - 1998年3月)水 - 金曜MC
  • Harvest(1996年4月6日 - 1998年3月28日、テレビで「どんだんず」をコーナー化した唯一の番組)
  • 盲目の名馬 タカラコスモスモウモクノメイバ タカラコスモス(2002年5月25日) - 制作、日本民間放送連盟賞(第50回テレビエンターテインメント番組部門優秀))
  • 熱闘!手踊り名人決定戦(2003年5月28日) - 制作
  • じいちゃん ばあちゃんと夏休み(2004年5月30日) - 構成[6]、2004年日本民間放送連盟賞テレビエンターテインメント番組部門優秀賞)
  • 金多豆蔵 津軽に生きる人形芝居(2010年5月29日)プロデューサー
  • 母の衣に抱かれて 津軽袰月ものがたり/第25回民教協スペシャル(2011年2月11日)プロデューサー、日本民間放送連盟賞(第59回教養番組優秀)
  • 日、出づるところへ 坂本サトルが歩いた被災地(2012年5月26日)プロデューサー
  • 一輪車はとまらない! プロデューサー、2013年日本民間放送連盟賞テレビエンターテインメント番組部門優秀賞
  • ふらいんぐうぃっち(企画 2016年4月 - 2016年6月)
  • ZIP!FRIDAY(プロデューサー 2012年4月6日 - ?)
ラジオ

アナウンサー時代

異動後

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “青森県立美術館 映画「この空の花 -長岡花火物語」上映+トークショー 4 月27 日(土)開催について” (pdf) (プレスリリース), 青森県立美術館, (2013年4月5日), http://www.pref.aomori.lg.jp/release/files/2013/45740.pdf 2016年1月10日閲覧。 
  2. ^ 放送部の同期に佐藤智美。
  3. ^ 2011年6月の組織改編で、以前の報道制作局が報道局と制作局に分離したことによる。
  4. ^ 2020年4月の組織改編で、以前のコンテンツ開発室がコンテンツ開発局へ名称変更をした事による。
  5. ^ 名付け親でもある『GO!GO!らじ丸』など。
  6. ^ プロデューサーは黒滝久可