メインメニューを開く

橋本 群(はしもと ぐん、1886年10月23日 - 1963年12月10日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

 橋本 群
生誕 1886年(明治19年)10月23日
日本の旗 日本広島県
死没 1963年(昭和38年)12月10日
所属組織 日本陸軍
軍歴  1908年(明治41年)5月 -
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

広島県出身。農業・橋本惣三郎の三男として生れる。広陵中学校広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1908年(明治41年)5月、陸軍士官学校(20期)を次席卒業。同年12月、砲兵少尉に任官し近衛野砲兵連隊付となった。1912年(大正元年)11月、陸軍砲工学校高等科(18期)を優等で卒業。1916年(大正5年)11月、陸軍大学校(28期)を優等で卒業した。

1917年(大正6年)8月、陸軍野戦砲兵学校教官となり、近衛野砲兵連隊中隊長フランス駐在、参謀本部員などを経て、1915年(大正4年)12月から翌年11月まで、陸大専攻学生として学んだ。

1926年(大正15年)12月、野戦砲兵学校教官となり、1929年(昭和4年)6月、参謀本部員に異動。同年6月から1931年(昭和6年)8月まで上原勇作元帥副官を兼務した。1931年8月、砲兵大佐に昇進し野砲兵第1連隊長に就任。参謀本部課長、陸軍省軍務局軍事課長、鎮海湾要塞司令官を歴任し、1936年(昭和11年)3月、陸軍少将に進級した。

1936年8月、支那駐屯軍参謀長に就任。在任中に盧溝橋事件が発生し日中戦争が勃発の際に橋本は冀察政務委員会の要人と停戦交渉し、7月19日に張自忠と停戦協定を締結し、7月20日には内地軍派兵に反対意見を起草した[1]第1軍参謀長を経て、参謀本部第1部長に就任。1939年(昭和14年)3月、陸軍中将に昇進した。同年5月にノモンハン事件が発生し、停戦後の同年9月に引責辞任し参謀本部付となった。同年11月に待命、翌月予備役に編入された。後に北白川宮家別当を務めた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 橋本は「29軍(宗哲元軍)は全面的に支那駐屯軍の要求を容れ、逐次実行に移しつつあり」と打電した。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。