橐離国(たくりこく、朝鮮語: 고리국)は、夫余の建国者である東明王が誕生した国である[1]。橐離国は、夫余の北に位置するとされる[2]

内藤湖南は、橐離国は、松花江支流に居住していたダウール族のことであると指摘している[3][4]

国名表記編集

橐離国は史料により様々に表記される[5]

なお、夫余建国者の東明王の最も古い記録は、中国後漢王充の『論衡』である[5]

  • 論衡』巻二・吉験篇では、「橐離国」(たくりこく)とある。
  • 三国志』巻三〇・魏書三〇・烏丸鮮卑東夷・夫餘所引『魏略』では、「槀離之国」(こうりこく)とある。
  • 後漢書』巻八五・東夷七五・夫餘、『北史』巻九四・列伝八二・百済では、「索離国」とある。

建国説話編集

三国志』巻三〇・魏書三〇・烏丸鮮卑東夷・夫餘所引『魏略』には以下の記述がある。

昔北方有槀離之國者,其王者侍婢有身,王欲殺之,婢云:「有氣如雞子來下,我故有身。」後生子,王捐之於溷中,豬以喙嘘之,徙至馬閑,馬以氣嘘之,不死。王疑以爲天子也,乃令其母收畜之,名曰東明,常令牧馬。東明善射,王恐奪其國也,欲殺之。東明走,南至施掩水,以弓撃水,魚鱉浮爲橋,東明得度,魚鱉乃解散,追兵不得渡。東明因都王夫餘之地。

昔、北夷の槀離之国があり、王は侍女が妊娠したので殺そうとした。侍女は「以前、空にあった鶏の卵のような霊気が私に降りてきて、身ごもりました」と言い、王は騙された。その後、彼女は男子を生んだ。王が命じて豚小屋の中に放置させたが、豚が息を吹き掛けたので死ななかった。次に馬小屋に移させると、馬もまた息を吹き掛けた。それを王は神の仕業だと考え、母に引き取って養わせ、東明と名づけた。東明は長ずると、馬に乗り弓を射ること巧みで、凶暴だったため、王は東明が自分の国を奪うのを恐れ、再び殺そうとした。東明は国を逃れ、南へ走り施掩水にやって来て、弓で川の水面を撃つと、魚や鼈が浮かび上がり、乗ることが出来た、そうして東明は夫余の地に至り、王となった。 — 三国志、巻三〇

白鳥庫吉によれば、ここに登場する橐離・索離はツングース語で「黒」の意義で、施掩・掩淲はツングース語アムールの對音で大河の意義であり、そして索離は、黒水部で松花江黒龍江と合流するところを中心としていた国で、河は黒龍江を指したものに相違ない、とする[6]干志耿ハルビン師範大学中国語版)は、夫余の位置を吉林省農安県にあてた上で、その北側として、嫩江下流と松花江中流以北の地、すなわち松嫩平原に橐離の住地があったとみて、黒竜江省肇源県白金宝文化中国語版や、それが代表する文化類型が橐離の文化であるとする[6]

解慕漱と橐離国(ダウール族)との関係編集

紀元前239年解慕漱は熊心山において兵を起し、翌年に古列加王を追い出し、北夫余を建国した[7]。解慕漱は藁離国人であるといい、『北史』の索離国、『魏略』の橐離国を指す[7]。「槀離国人」とあるから、夫余人ではない。夫余(熊心山)に来て、夫余王を追い出し、北夫余の王になった。「解慕漱は密かに須臾(番朝鮮)と約束をして」とあるが、番朝鮮は箕子朝鮮の後裔であり、紀元前284年に追われて医巫閭山へ逃げてきたである[7]

壬戌五十七年,四月八日,解慕漱降于熊心山,起兵,其先槀離國人也。癸亥五十八年,…遂棄位入山,修道登仙。於是五加共治國事六年。先是,宗室大解慕漱密與須臾約,襲據故都白岳山,稱爲天王郞,四境之內,皆爲聽命。於是封諸將,陞須臾侯箕丕爲番朝鮮王,往守上下雲障,蓋北夫餘之興始此。而高句麗乃解慕漱之生鄕也,故亦稱高句麗也。

壬戌(紀元前239年)、解慕漱は熊心山にやってきて兵を起こした。その先は槀離国人である。癸亥(紀元前238年)、…古列加王は遂いに位を棄て山に入り修道する。ここに於いて五加(五部族)は国事を共治すること六年。是れより先、宗室大解慕漱は密かに須臾(番朝鮮)と約束をして檀君の地を襲い、故都白岳山に據り、称して天王郎となる。四境の内は皆命令を聴くようになる。ここに於いて諸将を封じ、須臾侯箕丕を陞て番朝鮮王となす。往きて上下雲障を守らしむ。蓋し北夫餘の興りはこれより始まる。而して高句麗は乃ち解慕漱の生郷なり。故、亦高句麗と称す[7]
— 桓檀古記
丙午四十五年,燕盧綰叛漢,入凶奴。其黨衛滿求亡於我,帝不許,然帝以病不能自斷,番朝鮮王箕準多失機,遂拜衛滿爲博士,劃上下雲障而封之。是歲冬,帝崩,葬于熊心山東麓,太子慕漱離立。丁未元年,番朝鮮王箕準…爲流賊所敗,亡入于海而不還。

丙午(解慕漱)四十五年(紀元前195年)、燕の盧綰は漢に背き匈奴に入る。その黨の衛満は我(夫余)に亡命してくることを求めた。帝は聞き入れない。然るに帝は病気であり、自ら断ることができない。番朝鮮王箕準は多く機を失い、遂に衛満を拝して博士となし、上下雲障を劃いて衛満に与えた。この歳の冬、帝は崩じた。熊心山の東麓に埋葬する。太子の慕漱離が立つ。丁未(紀元前194年)元年、番朝鮮王箕準は…流賊のために敗られ亡げて海に入り而して還えらず[8]
— 桓檀古記

百済と橐離国(ダウール族)との関係編集

北史』には百済王は「索離国より出る」とある[9]

百濟之國,蓋馬韓之屬也,出自索離國。…至夫餘而王焉。…王姓餘氏,…魏延興二年,其王余慶始遣其冠軍將軍…上表自通,云:「臣與高麗,源出夫餘。」

百済の国は韓の属なり。索離国より出る。…夫餘に至り王となる。…王の姓は餘氏。…魏の延興二年(472年)、その王余慶は始めてその冠軍将軍を遣わす。…上表して自ら通じて云う、「臣は高句麗とともに源は夫餘より出る。」[9] — 北史、巻九十四

三国史記』は、百済前漢成帝鴻嘉三年(紀元前18年)にはじまり、百済王は北夫余から来て王になったというが、北夫余は索離国や槀離国のこととみられる[9]。また『三国史記』は、北夫余と記しているが、索離国や槀離国は夫余ではない。中国史料は「至夫餘而王」「王夫餘之地」と記しており、他国から夫余の地へ来て王になったと記録している[9]

脚注編集

  1. ^ 赤羽目匡由 『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、90頁。ISBN 978-4642081504 
  2. ^ 赤羽目匡由 『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、92頁。ISBN 978-4642081504 
  3. ^ 李成市 『古代東アジアの民族と国家』岩波書店、1998年3月25日、76頁。ISBN 978-4000029032 
  4. ^ 内藤湖南 『東北亜細亜諸国の開闢伝説』〈民族と歴史一 - 四〉1919年4月。"東北アジア諸国、すなわち東部蒙古より以東の各民族は、朝鮮・日本へかけて一の共通せる開国伝説をもっている。すなわち太陽もしくは何か或る物の霊気に感じて、処女が子を生み、それが国の元祖となったという説であって、時としてはその伝説が変形して、その内の一部分が失われ、もしくは他の部分が附加さるるという事があるけれども、その系統を考えると、だいたいにおいて一つの伝説の分化したものであるということを推断する事が出来る。その最も古く現れたのは、夫余国の開闢説であって、その記された書は王充の『論衡』である。『論衡』は西暦一世紀頃にできた書であるが、その吉験篇に、「北夷橐離國王侍婢有娠,王欲殺之。婢對曰。有氣大如雞子,從天而下,我故有娠。後產子,捐於豬溷中,豬以口氣噓之,不死。復徙置馬欄中,欲使馬借殺之,馬復以口氣噓之,不死。王疑以為天子,令其母收取奴畜之,名東明,令牧牛馬。東明善射,王恐奪其國也,欲殺之。東明走,南至掩水,以弓擊水,魚鱉浮為橋。東明得渡,魚鱉解散,追兵不得渡,因都王夫餘。故北夷有夫餘國焉。」とある。『三国志』の夫余伝に『魏略』を引いてあるのも、ほぼこれと同じ事で、『後漢書』の夫余伝も、文はやや異なるけれども、事は同じである。この中に橐離国とあるはダフール種族の事である。松花江に流れ込む河にノンニーという河があり、それと合流する河にタオル河がある(ノンニー河は嫩江(一名諾尼江)、タオル河は洮児江を指す)。そのタオル河附近に居住した民族がすなわちダフール種族で、すなわち橐離国である。また夫余国というのは、今日の長春辺から西北に向って存在した国で、この伝説はダフール、夫余両国に関係したものである。"。 
  5. ^ a b 赤羽目匡由 『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、110頁。ISBN 978-4642081504 
  6. ^ a b 田中俊明 『『魏志』東夷伝訳註初稿(1)』国立歴史民俗博物館〈国立歴史民俗博物館研究報告 151〉、2009年3月31日、379-380頁。 
  7. ^ a b c d 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、233頁。ISBN 4795274975 
  8. ^ 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、234頁。ISBN 4795274975 
  9. ^ a b c d 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、228-230頁。ISBN 4795274975 

参考文献編集