メインメニューを開く

櫛田宮(くしだぐう)は、佐賀県神埼市に所在する神社。博多の櫛田神社はこの分社である。

櫛田宮
Kushidagu Shrine (Kanzaki, Saga).jpg
所在地 佐賀県神埼市神埼町神埼419番地1
主祭神 櫛田三神
例祭 4月7・8日(春祭)
10月7・8日(秋祭)
主な神事 みゆき大祭(隔年4月第一土・日曜日)
テンプレートを表示

祭神編集

「櫛田三神」と称される。

境内社編集

歴史編集

社伝によれば、景行天皇が当地に巡幸した折に不幸が続き住人が苦しんでいると聞き、当社を建て神を祀り鎮めたのが発祥という。

その後は災厄もなくなったことからこの地を「神幸(かむさき)」と称し現在の神埼(かんざき)の地名の起こりとなったと伝えられている。

長く神埼一帯の総鎮守として崇敬されており、当社で保管されてきた古文書には12世紀以降度々朝廷や幕府、地元領主による造修が行われたことが記されている。江戸時代には長崎街道が整備され、神埼宿が当社周辺に設けられた。

主な祭事編集

  • 春祭 - 4月7日8日
    • 隔年で「みゆき大祭」と称し大規模に斎行される(西暦末尾偶数年の4月第一土・日曜日。2010年4月3日4日)。御神幸や神楽奉納等が行われる。
  • 秋祭 - 10月7日8日

文化財等編集

佐賀県指定重要文化財

  • 石造肥前鳥居
  • 御神幸祭絵馬(拝殿内)

佐賀県指定重要民俗文化財

  • 尾崎太神楽 - みゆき大祭の御神幸に際し先払いとして行われる。

神埼市指定重要文化財

  • 櫛田宮古文書

神埼市指定重要無形文化財

  • 締元行列 - みゆき大祭の御神幸に随従する。

アクセス編集

関連項目編集

福岡市博多区にある神社。博多総鎮守。当社からの分祀により創建されたものという説がある。当地では弘安の役の際に当社から霊剣を博多の櫛田神社に移して異賊退散を祈り霊験あって元軍が退いたと伝えられている。

外部リンク編集