メインメニューを開く
 
正親町三条公則
時代 江戸時代中期
生誕 安永3年6月16日1774年7月24日
死没 寛政12年9月1日1800年10月18日
官位 正三位権中納言
主君 後桃園天皇光格天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条実同、母:不詳
兄弟 公則、綱子、安子
正室:真(勧修寺経逸の娘)
実義、則子
テンプレートを表示

正親町三条 公則(おおぎまちさんじょう きんのり)は、江戸時代中期の公卿参議正親町三条実同の子。官位正三位権中納言大正天皇の高祖父にあたる。

経歴編集

安永5年(1776年)に叙爵。以降累進して侍従左近衛権少将美作権守左近衛権中将を経て、寛政8年(1796年)に参議となり公卿に列する。

寛政11年(1799年)には権中納言となったが、翌年に薨去した。享年27。

系譜編集