メインメニューを開く

歯茎吸着音(はぐききゅうちゃくおん)は、子音のひとつ。

歯茎吸着音
ǃ
IPA 番号 178
IPA 表記 [ǃ]
IPA 画像 Alveolar click.svg
Unicode U+01C3
文字参照 ǃ
JIS X 0213
X-SAMPA !\
Kirshenbaum c!
音声サンプル

国際音声記号では感嘆符[ǃ]で表わされる。かつては「c」を縦に伸ばした[ʗ]が用いられていたが、1989年に取り消された[1]

概要編集

歯茎吸着音の発音は歯吸着音のものに類似しているが、舌尖(舌端でなく)を歯茎の後部に接触させることで閉鎖を作る[2]

かつてそり舌音硬口蓋音とされたこともあった。歯茎吸着音の記号[ǃ]自体、もともとは歯吸着音を表す記号の下にそり舌音を表すを加えたものだった[3]。しかし、ラディフォギッドとトレイルによって、むしろ歯茎音と呼んだ方がよいとされた[4][5]

吸着音は本質的に軟口蓋音または口蓋垂音との二重調音であり、国際音声記号では[k͡ǃ]のように書くか、あるいはタイを省略して[kǃ]のように書くことができる。同様に帯気音は[kǃʰ]、有声音は[ɡǃ]、鼻音は[ŋǃ]のように書かれる[6]

ズールー語およびコサ語の正書法では「q」と書かれる[6](qh [kǃʰ], gq [ɡǃ], nq [ŋǃ])。

言語例編集

  • ズールー語qaqa [kǃàːkǃá] 「元に戻す」、isinqe [ìsìːŋǃé] 「尻」[7]
  • コサ語:ukuqoba [ukúkǃoɓa] 「石を割る」[6][8]
  • ナマ語[kǃoas] 「くぼみ」、[kǃʰoas] 「帯」、[ŋ̥ǃʰoas] 「物語る」、[ŋǃoras] 「トウモロコシを収穫する」、[kǃˀoas] 「会合」[9]

脚注編集

  1. ^ プラム&ラデュサー(2003) p.34
  2. ^ Ladefoged (2001) p.119
  3. ^ Ladefoged & Maddieson (1996) p.252
  4. ^ プラム&ラデュサー(2003) p.34,219
  5. ^ Ladefoged & Maddieson (1996) p.254
  6. ^ a b c Ladefoged (2001) p.121
  7. ^ Ladefoged (2001) pp.264-265
  8. ^ Handbook of the International Phonetic Association. Cambridge University Press. (1999). ISBN 0521652367.  (chapter 3.1)
  9. ^ 外部リンクの Vowels and Consonants を参照

参考文献編集

  • Ladefoged, Peter (2001). A Course in Phonetics (4th ed.). Heinle & Heinle. ISBN 0155073192. 
  • Ladefoged, Peter; Maddieson, Ian (1996). The Sounds of the World's Languages. Blackwell Publishing. ISBN 9780631198154. 
  • プラム, ジェフリー・K、ラデュサー, ウィリアム・A『世界音声記号辞典』土田滋; 福井玲; 中川裕訳、三省堂、2003年。ISBN 4385107564

外部リンク編集


子音
肺臓気流
両唇音 唇歯 歯茎 後部歯茎 そり舌 硬口蓋 軟口蓋 口蓋垂 咽頭 声門
破裂 p b () () () () t d ʈ ɖ c ɟ k ɡ q ɢ ʔ
m ɱ n ɳ ɲ ŋ ɴ
ふるえ ʙ r ʀ
はじき (ⱱ̟) ɾ ɽ (*) (*)
摩擦 ɸ β f v θ ð s z ʃ ʒ ʂ ʐ ç ʝ x ɣ χ ʁ ħ ʕ h ɦ
側面摩擦 ɬ ɮ
接近 (β̞) ʋ ɹ ɻ j ɰ
側面接近 l ɭ ʎ ʟ
非肺臓気流   
吸着 ʘ ǀ ǃ ǂ ǁ
入破 ɓ ɗ () ʄ ɠ ʛ
放出 (t̪ʼ) ()
その他
同時調音 ʍ w ɥ ɕ ʑ ɧ
(k͡p) (ɡ͡b) (ŋ͡m)
喉頭蓋音 ʜ ʢ ʡ
その他側面音 ɺ (*) (ɫ)
破擦音 p̪͡f b̪͡v t͡θ d͡ð t͡s d͡z t͡ʃ d͡ʒ ʈ͡ʂ ɖ͡ʐ t͡ɕ d͡ʑ c͡ç ɟ͡ʝ k͡x q͡χ t͡ɬ d͡ɮ
記号が二つ並んでいるものは、左が無声音、右が有声音。網掛けは調音が不可能と考えられる部分。
丸括弧内はIPA子音表(2005年改訂版)に記載されていないもの。
国際音声記号 - 子音