メインメニューを開く

殤公(しょうこう、? - 紀元前710年)は、春秋時代の君主(在位前720年 - 前710年)。姓は子、名は與夷。宣公の子。紀元前720年、叔父の穆公の後をうけて宋国の君主となった。

紀元前719年隠公と清で会合した。州吁の主導により宋・衛・の連合軍がを攻撃した。紀元前718年、宋は・鄭の攻撃を受けた。宋軍は鄭を攻撃して、長葛を包囲した。紀元前717年、鄭の長葛を奪取した。紀元前716年、鄭と講和し、宿で会盟した。

紀元前715年、犬丘で衛の宣公と会談した。の主唱により宋・衛・鄭の三国の講和が成った。紀元前713年、殤公が周王への朝覲を怠ったことを理由に魯・斉・鄭の連合軍が宋を攻撃した。宋軍は菅で敗れ、郜・防の地を奪われた。

大司馬の孔父嘉の妻は美貌であった。紀元前711年太宰の華父督は彼女を見て横恋慕し、「殤公が即位して10年のうちに11戦があり、民衆は苦しみに耐えかねている。みな孔父のせいである」と宣伝した。紀元前710年、華父督は孔父嘉を殺してその妻を奪った。殤公が激怒したため、華父督はおそれて殤公を殺害し、鄭から公子馮を迎えて立てた。

参考文献編集

  • 史記』宋微子世家第八
  • 春秋左氏伝』隠公3年、4年、5年、6年、7年、8年、10年、桓公元年、2年