殺人狂騒曲 第9の生贄

殺人狂騒曲 第9の生贄』(さつじんきょうそうきょく だいきゅうのいけにえ、原題:ロシア語: Девятая / The Ninth)は、2019年制作のロシアミステリサスペンス映画

殺人狂騒曲 第9の生贄
Девятая / The Ninth
監督 ニコライ・ホメリキ
脚本 マリーナ・ディアチェンコ
セルゲイ・ディアチェンコ
セルゲイ・ボドロフ
セルゲイ・スネシュキン
イリヤ・ティルキン
製作 ヴァディム・ベレシャギン
ラファエル・ミナスベキアン
製作総指揮 ナタリア・ゴリーナ
出演者 エフゲニー・ツィガノフ
ドミトリー・リセンコフ
デイジー・ヘッド
配給 日本の旗 ツイン
公開 ロシアの旗 2019年11月7日
日本の旗 2020年7月31日[1]
上映時間 92分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
製作費 453,704,666ルーブル[2]
興行収入 ロシアの旗 55,829,009ルーブル[2]
テンプレートを表示

19世紀末のロシアサンクトペテルブルクを舞台に、美女ばかりをターゲットにして起きる連続猟奇殺人の謎に挑む2人の男性刑事と女霊媒師の活躍を描く。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー』や『バーフバリ』シリーズのFilm Direction FX社がVFXを担当している[3]

あらすじ編集

19世紀末のロシア・サンクトペテルブルクでは、美女ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生していた。

事件を追うロストフ警部と相棒のガニンは、4人目の犠牲者の体内から魔術の印「ペンタグラム」が描かれた卵を発見する。さらに捜査を進めたロストフは「ペンタグラム」を用いた降霊儀式の存在を知り、それを行うオリヴィアという霊媒師を訪ね、犠牲者の霊視を依頼する。するとオリヴィアは、「殺人は9人目の犠牲者が出るまで続く」と予言する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替声優[4]

脚注編集

外部リンク編集