セルゲイ・ボドロフ

セルゲイ・ボドロフ(Sergei Bodrov,ロシア語;Сергей Бодров, 1948年6月28日 - )はロシアハバロフスク出身の映画監督脚本家プロデューサー

セルゲイ・ボドロフ
Сергей Бодров
セルゲイ・ボドロフ Сергей Бодров
2009年のヴェネツィア国際映画祭にて
生年月日 (1948-06-28) 1948年6月28日(72歳)
出生地 ハバロフスク
国籍 ロシアの旗 ロシア
配偶者 Carolyn Cavallaro
テンプレートを表示

来歴編集

1970年代後半から映画製作をはじめ、これまで20本以上の作品を監督している。

監督デビュー作である1985年の『Neprofessionaly』にてトリノ国際映画祭の審査員賞を受賞。続く1989年の『自由はパラダイス』にてモントリオール世界映画祭の最優秀作品賞を受賞、更にはベルリン国際映画祭のウォルフガング・シュタウデ賞(新人賞)を受賞するなど、国際的な評価を確実なものにした。

近年では1996年の『コーカサスの虜』、2007年の『モンゴル』と2度、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

2002年に俳優である息子セルゲイ・ボドロフ・Jrが映画撮影中の雪崩で死亡している。

2009年には第66回ヴェネツィア国際映画祭の審査員を務めた。

主な作品編集

監督編集

脚本のみ編集

外部リンク編集