メインメニューを開く

』(はは)は、三浦綾子の小説である。

1992年角川書店にて刊行し、1995年角川文庫に収録された。

舞台では1993年から前進座を、2005年から劇団アドック[1]で上演している。

目次

内容編集

小林セキ(1873年 - 1961年)とその次男でプロレタリア作家の小林多喜二の、波瀾万丈に満ちた生涯を描く。第二次世界大戦後のセキの姿が描かれている。

映画化編集

2016年、『母 小林多喜二の母の物語』として映画化。2017年公開。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 劇団アドック 上演作品「母」