メインメニューを開く

歴史編集

町名は、付近の比治山に起因する[3]。はじめは今の名だったが、後に「稲荷町東組」と改称した[3]1882年1月、その一部を割き別に段原村の内4段824歩1合6勺及び金屋町の内1段3畝23歩5合2勺を加えふたたび旧称を用いた[3]

人口編集

1925年末の現住戸数・現住人口は、170・691[4]2018年6月末の人口は1136人、世帯数は682世帯[1]

経済編集

産業編集

店・企業

地域編集

健康編集

  • 清水クリニック
  • パル動物病院
医師
専ら内外小児科を専門とした[6]

相談編集

  • 石原一夫税理士事務所[7]
  • 折口恒夫税理士事務所
  • 櫻井嘉尚税理士事務所[7]
  • 佐藤典久税理士事務所[7]
  • 山内勇夫税理士事務所[7]
  • 税理士法人 広島パートナーズ[7]
代表社員税理士石原正人、大馬正人[8]

施設編集

宗教
ビル、マンション
 
山陽文徳殿
その他

出身・ゆかりのある人物編集

自民党衆議院議員。中小企業庁長官。岸田文雄の父。
自民党衆議院議員。外務大臣
多聞院に墓がある[9]。頼家は竹原の出身で、江戸時代後期に頼山陽をはじめ多くの学者が出た学問の家として有名である。
大日本製氷はニチレイの前身のひとつ。

脚注編集

  1. ^ a b 広島市 人口,世帯数(町丁目別) 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ 住居表示の実施区域と未実施区域 広島市 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ a b c 『広島市史 第4巻』172-173頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月6日閲覧。
  4. ^ 『広島市統計年表 大正14年(第21回)』28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 『日本紳士録 第35版』広島1-28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月4日閲覧。
  6. ^ a b 『広島県紳士名鑑』208頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e 税理士情報検索、税理士情報検索サイト。
  8. ^ スタッフ紹介、税理士法人 広島パートナーズ公式サイト。
  9. ^ a b c 『日本案内 正巻之中』1036頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月21日閲覧。

参考文献編集

  • 『広島県紳士名鑑』国民教育普及社、1917年。
  • 開国社編『日本案内 正巻之中』開国社、1919年。
  • 広島市編『広島市史 第4巻』広島市、1922年-1925年。
  • 広島市編『広島市統計年表 大正14年(第21回)』広島市、1927年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。

関連項目編集