毛利 元義(もうり もとよし)は、江戸時代後期の大名長門国長府藩11代藩主。

 
毛利元義
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 天明5年11月9日[1]1785年12月10日
死没 天保14年4月5日1843年5月4日
改名 直次郎(幼名)、元敬(初名)、元義
別名 梅廼門真門(狂名)
戒名 顕明寺殿好文間翁大居士
墓所 山口県下関市長府の功山寺
東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下甲斐守従四位下左京亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
長門長府藩
氏族 毛利氏
父母 毛利匡芳、宝珠院
細川利庸光容院
駒田氏、林香院、水野氏ら多数
元寛元運元承、政子、細川義邵正室ら
テンプレートを表示

生涯編集

第10代藩主・毛利匡芳の長男として江戸で生まれる。母は宝珠院(右大臣西園寺賞季の娘)。寛政4年(1792年)、父の死去により跡を継ぐ[1]。武芸や儒学を奨励して、藩校敬業館の充実や有能な人材登用に努めた[1]。しかし次第に藩政から逃避し始め、もともと優れた才能のあった絵画に溺れて藩政を省みなくなり、藩財政を極度に悪化させた[1]

文政13年(1830年)9月、長州本藩の江戸屋敷を訪れて、位階昇進の幕府に対する執り成しを申し入れる。同年11月、本藩は老中水野忠成に元義の位階昇進の内願書を提出するものの、この年の昇進は実現しなかった。天保5年12月16日1835年1月14日)に従四位下に昇進するが、一代限りとの申し渡しを受ける。

天保12年9月21日1841年10月24日)、三男の元運に家督を譲って隠居し、天保14年4月5日(1843年5月4日)に江戸において死去した。享年59[1]

鹿津部真顔に師事した狂歌師であり[2]清元節「梅の春」を作詞する[1]など文化人としては高く評価されており、元義の代の長府では狩野芳崖諸葛函渓度会東明といった多くの文化人が生まれている。また、享和元年(1801年)には長府藩の御用絵師を狩野・笹山・度会・諸葛の4家とした。

系譜編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 毛利元義” (日本語). コトバンク. 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ 渡辺 1997, p. 402

参考資料編集

  • 渡辺憲司『近世大名文芸圏研究』八木書店、1997年2月28日。ISBN 978-4840696029