メインメニューを開く

毛利 政苗(もうり まさなり)は、長門清末藩の第3代藩主。ははじめ父・毛利元平(匡広)の名前より字を取って匡平(まさひら)、のち政苗に改めた。

 
毛利政苗
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保3年2月21日1718年3月22日
死没 天明元年7月23日1781年9月11日
改名 竹之助(幼名)→匡平(初名)→政苗
別名 通称:刑部少輔、号:覚翁
戒名 大原院覚翁了照
墓所 山口県下関市清末の高林寺
官位 従五位下、讃岐
幕府 江戸幕府
長門清末藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利元平(匡広)、母:飯田氏(性善院)
兄弟 師就政苗広定重就増山正贇
正室:松平忠雅の娘・光相院
側室:松井氏、平井氏、尾坂氏、中川氏、
今井氏
元貞匡邦、娘(毛利広円室)、
娘(冷泉為栄室)、
娘(織田輔宜継室のち船越景順継々室)、
娘(戸川逵恒正室)、娘(池田政直正室)

経歴編集

享保3年(1718年)2月21日、第2代藩主・毛利元平の七男として生まれる。同年のうちに父は長府藩毛利家を継ぎ、匡広と諱を改めた。享保14年(1729年)、父の死去により、長府藩主を継いだ兄の師就から1万石を分与され、前述の通り生まれた頃(享保4年(1719年))から断絶していた清末藩を再興させ、その第3代藩主となった。享保15年(1730年)12月に叙任する。しかし度重なる風水害により、藩財政は悪化した。安永4年(1775年)7月29日、七男・匡邦に家督を譲って隠居し、覚翁と号した。天明元年(1781年)7月23日、清末にて死去した。享年64。