民 大火(たみ の おおひ[1])は、飛鳥時代の人物。、後に忌寸。位階は従五位下正五位上

 
民大火
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 大宝3年7月23日703年9月8日)?
官位 従五位下正五位上
主君 天武天皇持統天皇文武天皇
氏族忌寸
テンプレートを表示

672年壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)側の高市皇子に従って都を脱した。

出自編集

民氏は倭漢氏(東漢氏)の一族とする渡来人系氏族である。

経歴編集

壬申の乱が勃発したとき、民大火は近江大津京にいたらしい。大海人皇子の挙兵を知ってその子高市皇子が大津京を脱出し、6月25日に鹿深を越えて積殖山口で大海人皇子の一行に合流したとき、皇子には民大火以外に赤染徳足大蔵広隅坂上国麻呂古市黒麻呂竹田大徳胆香瓦安倍が従っていた。鹿深は近江国甲賀郡、積殖山口は、後の伊賀国阿拝郡柘植郷(現在の伊賀市柘植)と推定される。当時は伊勢国に属した。

天武天皇11年(682年5月16日に、倭漢直は連の姓を与えられた。14年(685年6月20日に、倭漢連は忌寸の姓を与えられた。倭漢氏に属する民氏もこれによって姓を変えたと考えられる。

大宝3年(703年)7月23日に、従五位下民忌寸大火は正五位上の位を贈られ、また、弔いの贈り物をする使者が遣わされた。この日かそれより少し前に死んだと思われる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「たみのおほひ」。