メインメニューを開く
サクラマス > ヤマメ

ヤマメ(学名:Oncorhynchus masou、山女魚、山女)は、サケ目サケ科に属するであるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと[1]北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。

ヤマメ
Oncorhynchus masou masou-1.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: サケ目 Salmoniformes
: サケ科 Salmonidae
亜科 : サケ亜科 Salmoninae
: タイヘイヨウサケ属
Oncorhynchus
: サクラマス O. masou
亜種 : ヤマメサクラマス
O. m. masou
学名
Oncorhynchus masou masou
(Brevoort, 1856)
和名
ヤマメ(山女魚、山女)
英名
Cherry trout
Yamame trout
Seema

目次

概要編集

ヤマメは、北海道東北地方の一部では「ヤマベ」とも呼ばれる。また、九州の一部の地域(福岡県、熊本県、大分県など)ではヤマメとアマゴを総称して「エノハ」とも言う[2]。2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。秋期に河川上流域のおもに本流の砂礫質の河川に産卵床を形成し1腹200粒ほどの産卵をする[3]ので、保護を目的として漁協や県などの自治体などが管理する河川では10月から4月頃までが禁漁期間となっている。新潟県での回帰率は、0.03%と推定されている[4]

分布編集

天然での分布域は本州関東以北の太平洋岸と日本海側全域、九州の一部に分布し、アマゴと分布が分かれていたが、近年盛んになった放流により分布が乱れている。体側には青色のパーマークが並び、全長40cm位まで成長する。神奈川県は、太平洋岸の天然ヤマメの南限とされている。静岡県はアマゴの分布域といわれ、一部の地域では、混在しているものと考えられている。ヤマメ域にアマゴ、アマゴ域にヤマメにが放流され、両者は容易に交配してしまい神奈川県や山梨県内ではヤマメとアマゴの中間的な魚も発見されており[5]、分布域は曖昧になりつつある。

宮崎県と熊本県にまたがる沢には、「昔からヤマメが生息していた」との、地元養魚業者の話もある[要出典]。地元では、他県産放流種との混種を避けるため、地域住民が漁協の放流を許さず、今に至っている。そこの源流域には、明らかに下流とは別種と思われるヤマメが存在する。

文献には厳密な境は出てきていないが、放流が始まる前までは神奈川県の相模川水系にはヤマメが生息しており、神奈川県平塚市に流れている花水川水系にはアマゴが生息していた。この位置がアマゴとヤマメの生息域を分けていたとされる。

特徴編集

 
ヤマメ。縦方向の色の濃い楕円形模様がパーマーク

体の側面に上下に長い「木の葉・小判状」の斑紋模様(パーマーク)があるのが特徴で、成長とともに次第に薄くなり、30-40cmクラスになると一般には、サクラマスのような銀色に近い魚体となるが、熊本県の沢においては大型ながら、紅みを残した魚体(通称・紅ヤマメ)が地元の釣り人に確認されている。また下北半島大畑川にはスギノコと呼ばれる普通のヤマメと比較すると、体色が濃くて青緑色を帯びており、パーマークがやや小さいヤマメが生息している[6]。通常ヤマメはイワナよりやや下流に生息するとされるがスギノコはイワナよりも上流に生息している。生息上限温度は24℃で、24℃で餌を食べなくなり26℃で死亡する[7]

繁殖期になると、体全体が黒っぽくなり、薄い桃色から濃い紅色までの婚姻色が体側からヒレなどに不定形に表れる。降海型個体は産卵活動を行うと死亡するが、河川残留型個体は死亡せず翌年2回目の産卵を行う[8]

 
カワサバ(イワナ×ヤマメ)
 
上4匹カワサバ、下から2番目イワナ、一番下ヤマメ

イワナと同様現在一般に各地で見られるヤマメは、その多くが養魚繁殖魚を放流したものであり、これがその地域に本来生息していた個体と混血し、純粋な地域型個体が残っている河川はかなり少ないと考えられている。ヤマメの生息域にアマゴ、あるいはアマゴの生息域にヤマメが放流されたためにヤマメとアマゴが置き換わってしまったりヤマメとアマゴが交雑しアマゴとヤマメの中間的な魚が生まれ雑種が生息している地域があり問題となっている。

本来イワナとヤマメはイワナがヤマメより上流に、ヤマメがイワナより下流に棲むと生物学の棲み分けでも一例として紹介されているが、近年は堤等により生息場所や産卵場所が限れたり、イワナ域とヤマメ域関係なく両者を放流するなどが原因とみられるイワナとヤマメの交雑個体「カワサバ」がみられる。

カワシンジュガイの幼生がエラやヒレに付き移動する。

ヤマメの亜種編集

料理編集

食べ方は、小さなものは内臓を除いてそのまま唐揚げに、に浸して酢漬けで、大きな物はで身を締めてから塩焼き、その他、癖がない味なので大抵の料理にできるが、寄生虫がいることがあるので生では食べないほうが安全。但し、海から遡上する魚がいない水域で捕獲したならば、刺身も可能。

宮崎県三股町しゃくなげの森では、養殖したヤマメの卵を特産品として販売している。販売する卵は、その色合いから「黄金イクラ」と名づけられている。

資源保護編集

水域によって異なるが、イワナなどと共に産卵期間の10月から翌年2月から4月頃までを中心に、資源保護を主目的とした禁漁期間が設定されている。漁法(捕獲方法)と共に、捕獲可能な体長の制限がなされている場合も有る[9][10]

遊漁編集

 
性成熟が進んだ河川残留型のメス(初夏)

河川の漁業権を持つ漁業協同組合の指定の元、入漁が認められている。

渓流釣り編集

  • 河川でのヤマメ、アマゴ釣りは、難易度が高い渓流釣りである。対象魚であるイワナ、ニジマスなどに比べ大変警戒心が強い。釣る際にはヤマメに人の気配を感じさせないことが大切である。竿は、振り疲れないように軽めのものが良い。
  • エサを使った釣法は、目印をつけたミャク釣りである。は、非常に細いものにし、鉤もできれば小型にしたい。近年はゼロ釣法が流行している。エサは、春先の水棲昆虫の少ない時期はイクラブドウ虫ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の幼虫)が良い。河川の増水時は、ミミズが有効。普段はできる限りカワゲラカゲロウトビケラなどの河川に生息する川虫を使用すると良い。アタリは変化に富み、微妙な上、俊敏なので目印の動きをよく見て、素早くアワセる(鉤を魚の口に掛ける)必要がある。この難しさから川釣りの中でも評価の高い釣りである。上(30センチ以上)のヤマメは渓流釣師の憧れであり、俗に「渓流の王様」と呼ばれるイワナに対してヤマメは「渓流の女王」とも呼ばれている。

本流、サクラマス釣り編集

  • ヤマメ(アマゴ)は本流(河川上流域でも下流部に位置し、川幅が50m以上あるところ)でも釣ることができる。渓流域よりもエサが豊富なため、魚は大型に育ち、40cmを超えることもある。また降海型のサクラマスが溯上する河川では、シーズンなれば狙うことができる。サクラマスは60cmにもなるため、強力な引きに耐える専用の本流竿がシマノダイワがまかつなどのメーカーで開発・販売されている。本流竿では大型のヤマメやニジマスなども併せて狙うことが出来る。サクラマスは河川を遡上中はほとんどエサを口にしないため、「100日通って1回掛かるかどうか」と言われているほど難易度の高い釣りである。
参考画像(主な餌)編集

ヤマメを題材にした作品編集

村上康成徳間書店

地方公共団体の魚編集

下記自治体ではヤマメを自治体の魚として指定している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。
  2. ^ エノハとは?
  3. ^ 久保田仁志、中村智幸、丸山隆 ほか、小支流におけるイワナ、ヤマメ当歳魚の生息数、移動分散および成長 日本水産学会誌 2001年 67巻 4号 p.703-709, doi:10.2331/suisan.67.703
  4. ^ 研究発表会要旨 平成15年度 新潟県内水面水産試験場
  5. ^ - 国内移入によるかく乱 -
  6. ^ 石田力三、ヤマメ 調理科学 1980年 13巻 1号 p.27-33, doi:10.11402/cookeryscience1968.13.1_27
  7. ^ 河畔植生による水温上昇抑制効果 (PDF) 長野県水産試験場研究報告 第8号 平成16年度
  8. ^ 棟方有宗 ほか、サクラマスのライフサイクルの調節機構の解明と教材化 宮城教育大学紀要 2008年 48巻 p.105-112
  9. ^ 長野県漁業調整規則
  10. ^ 富山県内の内水面におけるイワナ・ヤマメ等の採捕禁止期間 富山県庁

関連項目編集

外部リンク編集